健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ヘラオオバコ、イギリスオオバコ [英]Buckhorn Plantain、 Long Plantain、 English Plantain、 Ribwort [学名]Plantago lanceolata

概要

オオバコは、オオバコ科オオバコ属の植物で、世界各国に広汎に分布している。世界には200種ほどのオオバコがあり、地域によって使用するオオバコの種類は異なるが、いずれも古くから民間薬として利用されてきた経緯がある。この項ではヘラオオバコについて記載する。その他、オオバコ属に関連する情報は (オオバコ属)を参照。 ヘラオオバコはヨーロッパ原産の一年草で、葉が細長いヘラ状であることがその名の由来といわれている。日本のオオバコとは大きく形状が異なり、草丈も大きい。非常に繁殖力が強く、環境省の定める外来要注意生物リストにも収載されている。俗に、「咳によい」「尿の出をよくする」などと言われている。ヒトでの有効性については、信頼できる十分な情報が見当たらない。安全性については、葉を経口で適切に用いた場合、安全性が示唆されているが、多量摂取により下痢や血圧降下を起こす可能性がある。また、オオバコ葉の経口摂取は子宮収縮を誘発する可能性があり、妊娠中・授乳中の摂取はおそらく危険である。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・ヘラオオバコの全草は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・全草にはイリドイド配糖体であるオークビン (aucubin) 、フラボノイドであるプランタギニン (plantaginin) 、プランタギン (plantagin) 、ホモプランタギニン (homoplantaginin) のほか、ウルソール酸、ヘントリアコンタン、β-シトステロール、スチグマステロール、アスコルビン酸、クエン酸、ビタミンK、β-カロテン、カルシウムを含む。種子にオークビン、プランテノール酸、プランタサン、アデニン、コリン、コハク酸などを含む。

分析法

・オオバコ属中のイリドイド配糖体をミセル動電クロマトグラフィーにより定量分析した報告がある (PMID:15018047)

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) では、ヘラオオバコ (P. lanceolata) の生および乾燥させた地上部について、呼吸器系のカタルと口腔および咽頭粘膜の炎症に対する利用を承認している (58) 。一方、これらの有効性についてはさらなる科学的根拠の蓄積が必要であるとの情報もある。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・葉を経口で適切に用いた場合、安全性が示唆されている (94) 。
・ヘラオオバコの葉は有毒植物のジギタリスに類似しているため、過去にヘラオオバコにジギタリスが混入していた事例がある (94) 。
・アレルゲンを含むため、早春に花粉症を起こす人が多い (101) 。
・類似した英名をもつWater Plantain (学名 Alisma plantago-aquatica, Alisma orientale) はオモダカ科サジオモダカであり、混同しないよう注意が必要である。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中および授乳中についてはおそらく危険である。ヘラオオバコは子宮収縮を誘発するという報告がある (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・4歳男児 (イタリア) が発熱を伴う軽度の風邪の治療にアセトアミノフェン250 mg/日を1日服用した翌日にオオバコ、リコリス、ヤナギ、エルダーフラワー、セイヨウナツユキソウ含有 (含有量不明) のハーブシロップ5 mL×3回を摂取し、重度の消化管出血による乏血性ショックを呈した (PMID:21952153)
・42歳女性、2歳女児とその母親 (トルコ) が、ヘラオオバコを摂取後、日光に当たったところ、手と顔に腫れや痛み、水疱を伴う発疹を呈し、植物性光皮膚炎と診断された (PMID:22309280)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

1. TDLo (最小中毒量)
・オオバコジュースを投与:マウス経口 (間欠的) 35 mL/kg/7日 (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・葉:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・葉を経口で適切に用いた場合、安全性が示唆されているが、多量摂取により下痢や血圧降下を起こす可能性がある。
・妊娠中、授乳中の摂取はおそらく危険であるため避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) では、ヘラオオバコの生および乾燥させた地上部について、呼吸器系のカタルと口腔および咽頭粘膜の炎症に対する利用を承認しているが、これらの有効性についてはさらなる科学的根拠の蓄積が必要であるとの情報もある。
・その他ヒトでの有効性については十分な情報が見当たらない。

参考文献

(7) 中薬大辞典.(小学館)
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(101) Tyler VE, Brady LR, Robbers JB. Pharmacognosy. 8th ed. Philadelphia, PA: Lea and Fibiger, 1981.
(PMID:15018047) Z Naturforsch [C]. 2004 Jan-Feb;59(1-2):27-31.
(PMID:21952153) Ann Ist Super Sanita. 2011;47(3):278-83.
(PMID:22309280) Cutan Ocul Toxicol. 2012 Mar;31(1):58-60.
(94) Natural Medicines

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.