健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

エルダーベリー (ヨーロピアンエルダー (セイヨウニワトコ) 、アメリカンエルダー (アメリカニワトコ) などの果実) [英]Elderberry、 (European Elder、American Elder) [学名]Sambucus nigra L. Sambucus Canadensis L. 他

概要

エルダーベリーとは、スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木の果実の総称である。エルダーフラワー (ヨーロピアンエルダーまたはセイヨウニワトコ) アメリカンエルダー (アメリカニワトコ) の果実がよく使われている。加熱調理してパイ、パンケーキ、ゼリー、ジュースに加工したり、ワインの原料とされる。俗に、「風邪やインフルエンザによい」「ヘルペスによい」「のどによい」などと言われている。ヒトでの有効性については、インフルエンザに対して有効性が示唆されているが、その他については信頼できる情報が不十分である。ヒトでの安全性については、通常の食品に含まれる量を適切に摂取すればおそらく安全であるが、葉、花、生および未熟果実、種子は青酸配糖体を含有するため、摂取により、吐き気や下痢を引き起こすことがある。花粉は鼻炎や呼吸困難などを誘発する可能性がある。妊娠中・授乳中の摂取は十分な情報がないので摂取を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・茎・葉・花は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。「一般飲食物添加物」:エルダーベリー色素およびエルダーベリー果汁は着色料である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・種々のフラボノイドを含み、主要なフラボノイドはアントシアニジン (シアニン-3-グルコシド) である。他にルチン (rutin) 、イソケルセチン (isoquercetin) 、ヒペロサイド (hyperoside) 、3%のタンニンと、精油を含んでいる。タンパクとしてレクチン (lectin) を含む。
・エルダーベリーの葉や花、生または加熱調理していない果実にはシアン化合物が含まれる (94) 。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


メタ分析
・2015年8月までを対象に3つのデータベースで検索できた、ベリー類の摂取と心血管リスクとの関連を調べた無作為化プラセボ比較試験22報について検討したメタ分析において、ビルベリーの摂取はLDLコレステロール (3報) の低下、HDLコレステロール (4報) の上昇と関連が認められた。ホワートルベリーの摂取は総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド (各2報) の低下と関連が認められたが試験によるバラツキが大きく、クランベリージュース (9報) 、ブルーベリー (3報) 、エルダーベリー (2報) の摂取はいずれの指標とも関連が認められなかった (PMID:27006201)
RCT
・健康な閉経後の女性52名 (平均58.2±5.6歳、試験群26名、イギリス) を対象とした、二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アントシアニン125 mgを含むエルダーベリー抽出物を1日4カプセル (合計アントシアニン500 mg/日) 、12週間摂取させたところ、血漿中の心血管疾患リスクマーカー (血糖、血中脂質、CRP、IL-6、腫瘍壊死因子など) に影響は認められなかった (PMID:19793846)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

一般情報
・エルダーベリー果実はインフルエンザに対して有効性が示唆されている (94) 。
RCT
・48時間以内にインフルエンザ様症状を呈した患者60名 (試験群30名、平均30.6±2.9歳、ノルウェー) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、エルダーベリーシロップ15 mL×4回/日を5日間摂取させたところ、症状の軽減が認められた (PMID:15080016)
・24時間以内にインフルエンザ様症状を呈した患者27名 (試験群15名、5〜50歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、エルダーベリーシロップ3〜4ティースプーン/日を3日間摂取させたところ、症状改善までに要した日数の減少が認められた (PMID:9395631)
・海外旅行者312名 (試験群158名、平均52±16歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、エルダーベリー抽出物を、旅行出発の10日前から2日前まで600 mg/日、出発前日から目的地到着後4日目まで900 mg/日摂取させたところ、介入期間中の風邪症状の軽減が認められたが、発症リスク、罹患日数、上気道感染関連QOL (WURSS-21) および健康関連QOL (SF-12) に影響は認められなかった (PMID:27023596)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・実抽出物を経口で短期間適切に使用する場合おそらく安全である (94) 。
・葉、花、未熟な果実、加熱調理していない果実はシアン化合物を含むため、これらを摂取することは危険性が示唆されている。葉、花、生または加熱調理が不十分な果実は、吐き気、嘔吐、下痢を誘発する可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・信頼できる十分な情報がないので摂取を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・エルダーベリーの未熟果実のジュース摂取による虚弱、めまい、無感覚、知覚麻痺が報告されている。過剰に摂取すると重篤な毒性が出現する可能性がある (94) 。
・エルダーベリーの花粉は草本花粉アレルギーのある人に対しては鼻炎や呼吸困難などのアレルギー症状を誘発する可能性がある (94) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・免疫抑制薬による治療の妨げになる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・熟した果実:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・通常の食品に含まれる量を適切に摂取すればおそらく安全である。葉、花、生および未熟果実、種子は青酸配糖体を含有するため、摂取すると吐き気や下痢を引き起こすことがある。草本花粉にアレルギーがある人では、エルダーベリー花粉によって鼻炎や呼吸困難が誘発される可能性がある。妊娠中・授乳中の摂取は十分な情報がないので摂取を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・インフルエンザに対して有効性が示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:15080016) J Int Med Res. 2004;32(2):132-40.
(PMID:9395631) J Altern Complement Med. 1995;1(4):361-9.
(PMID:19793846) J Nutr. 2009 Dec;139(12):2266-71.
(94) Natural Medicines
(PMID:27023596) Nutrients. 2016 Mar 24;8(4):182.
(PMID:27006201) Sci Rep. 2016 Mar 23;6:23625.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.