健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

レッドクローバー、アカツメクサ、ムラサキツメクサ、コウシャジクソウ [英]Red clover [学名]Trifolium pratense

概要

レッドクローバーはヨーロッパおよびアジア原産のマメ科の多年草。花は紅車軸草 (コウシャジクソウ) として漢方の素材としても利用される。俗に、「更年期によい」「不妊症によい」「咳によい」などと言われている。ヒトでの有効性については、骨粗鬆症に対して効果がないことが示唆されている。このほかの有効性については、信頼できる十分な情報が見当たらない。安全性については、通常の食品に含まれる量の摂取はおそらく安全である。ただし、女性ホルモン様作用を有するため、妊娠中・授乳中の過剰摂取は危険性が示唆されている。ホルモン感受性のある疾患を有する場合は使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・アカツメクサ (コウシャジクソウ/ムラサキツメクサ/レッド・クローバー) 葉・花穂 (序) は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・米国ではGRAS (一般的に安全とみなされた物質) 認定 (94)。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・全草にイソフラボン類 (ビオカニンA、ホルモノネチン、ゲニステイン、ダイゼイン、トリフォリリジン、プラテンセインなど) 、フラボノイド類 (ペクトリナリン、プラトレチン) を含む (7) (29) 。
・花にフラボン (トリフォリン、イソラムネチン、プラトール) 、サリチル酸、p-クマル酸、精油成分、葉にジクマロールを含む (7) 。

分析法

・イソフラボンを紫外可視検出器 (検出波長254 nm) を装着したHPLC (PMID:12270205) 、MS/MS (103) (PMID:10691640) (PMID:14601839) (104) により分析した報告がある。

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・血清脂質がやや高い更年期女性75名 (平均58±7.3歳、試験群66名、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レッドクローバーのイソフラボン (ビオカニンA 26 mg、フォルモノネチン16 mg、ダイゼイン0.5 mg、ゲニステイン1 mg) 43.5mg/日を5週間、その後、倍量を5週間摂取させたところ、血清脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド) に影響は認められなかった (PMID:10996349)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

メタ分析
・2016年3月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験62報について検討したメタ分析において、閉経前後の女性によるレッドクローバーの摂取は、ホットフラッシュ (ほてり、のぼせ) の頻度 (7報) と関連は認められなかった (PMID:27327802)
・2014年4月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験10報について検討したメタ分析において、閉経前後の女性によるレッドクローバーの摂取は、ホットフラッシュの頻度 (6報) と関連は認められなかった (PMID:26471215)
・2013年10月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験8報について検討したメタ分析において、閉経後女性によるレッドクローバー抽出物の摂取は、ホットフラッシュの頻度と関連は認められなかった (PMID:25074017)
RCT
・閉経後女性51名 (平均54±4.1歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、レッドクローバー抽出物500 mg (イソフラボン40 mg含有) /日を12週間摂取させたところ、ホットフラッシュなどの更年期症状に影響は認められなかった (PMID:11910672)
・ホットフラッシュのある更年期女性66名 (試験群14名、平均51.64±5.11歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レッドクローバー398 mg (イソフラボン120 mg含有) /日を12ヶ月間摂取させたところ、ホットフラッシュ、認知機能に影響は認められなかった (PMID:19590458)
・ホットフラッシュや夜間発汗症状のある閉経期もしくは閉経後の女性88名 (試験群22名、平均52.4±4.6歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レッドクローバー398 mg/日を12ヶ月間摂取させたところ、症状の改善は認められなかった (PMID:19609225)
・ホットフラッシュ症状のある閉経前後の女性59名 (試験群30名、平均52.40±4.64歳、デンマーク) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、乳酸菌添加レッドクローバー抽出物製品75 mL×2回/日を12週間摂取させたところ、皮膚コンダクタンスで測定したホットフラッシュの頻度、重度の軽減が認められたが、自己評価によるホットフラッシュの重度、更年期症状の指標 (Green menopause scale) による評価、収縮期および拡張期血圧、血漿脂質濃度 (HDLコレステロール、LDLコレステロール、総コレステロール、トリグリセリド) に影響は認められなかった (PMID:28591133)
・閉経後女性72名 (試験群36名、平均54.92±2.89歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、乾燥レッドクローバー葉80 mg /日を12週間摂取させたところ、更年期障害の指標における自律神経症状、心理的症状の改善が認められたが、生殖・泌尿器系症状に影響は認められなかった (PMID:25581426)
・閉経後女性100名 (試験群50名、平均55.78±4.93歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、レッドクローバー40 mg/日を12ヶ月間摂取させたところ、更年期障害の症状 (Kupperman menopausal index) およびセクシャリティ評価 (Golombok rust inventory of sexual satisfaction) に影響は認められなかった (PMID:21152828)

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

一般情報
・骨粗鬆症に対して効果がないことが示唆されている (94) 。
RCT
・骨減少がみられる閉経後女性78名 (試験群38名、平均60.84±1.07歳、デンマーク) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、カルシウム1,040 mg+マグネシウム487 mg+ビタミンD 25μg/日とともに、乳酸菌発酵レッドクローバー抽出物95 mL×2回/日を12ヶ月間摂取させたところ、腰椎、大腿骨頸部、転子部の骨密度、大腿骨転子部の骨塩量の減少抑制、血漿I型コラーゲン架橋C-テロペプチド (骨吸収マーカー) の減少が認められたが、その他の骨代謝マーカー (儀織廛蹈灰蕁璽殴N末端プロペプチド、RANKL、低カルボキシル化オステオカルシン) 、血漿脂質 (総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド) 、収縮期、拡張期血圧に影響は認められなかった (PMID:28768651)

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・通常の食品に含まれる量を摂取する場合、おそらく安全である (94) 。
・摂取により、発疹、筋肉痛、頭痛、吐き気、月経周期の変動、膣出血を生じる場合がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・通常の食品に含まれる量であればおそらく安全であるが、エストロゲン様作用があると考えられるため、過剰摂取は危険性が示唆されている (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・エストロゲン様作用を有することが報告されているため、ホルモン感受性の疾患 (乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫) を有する場合は使用を避ける (94) 。
・クマリンを含み、過剰摂取により出血のリスクが高まる可能性があるため、血液凝固障害のある場合は注意が必要である (94) 。
・出血リスクが高まる可能性があるため、手術の少なくとも2週間前には中止した方がよい (94) 。
<被害事例>
・53歳女性 (アメリカ) がレッドクローバー、ワイルドヤム、ブラックコホシュ、トウキ、キイチゴの葉、チェストツリー、シベリア人参、イラクサを含むサプリメント (含有量不明) を4ヶ月間摂取し、くも膜下出血を起こした (PMID:17634840)
・65歳女性 (イギリス) が、更年期症状の緩和のためレッドクローバー抽出物364 mg/日含有サプリメントを8〜10年間摂取したところ、突発的な激しい頭痛、吐き気、左半身麻痺を生じて受診。レッドクローバーとの関連が疑われる血小板機能低下による血液凝固障害、急性増悪型慢性硬膜下血腫と診断された (PMID:29541484)
・全身性エリテマトーデス、プロテインS欠乏症のためアスピリンを服用中の55歳女性 (イギリス) が、更年期症状のためハーブサプリメント (レッドクローバー250 mg+ブラックコホシュ250 mg+dong quai 100 mg+Mexican yam 276 mg/個含有) を摂取したところ、3日後に左目の視力低下を生じて網膜静脈閉塞症と診断された。サプリメントの摂取中止と加療により改善した (PMID:15811894)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・乾癬のために毎週メトトレキサート注射を受けている52歳女性 (イギリス) が、更年期症状のためにOTC薬のレッドクローバーカプセル430 mg/日を摂取したところ、3日目から嘔吐、上腹部痛を生じ、レッドクローバー摂取によるメトトレキサートの副作用増大が疑われた (PMID:24072635)
<試験管内・動物>
・動物実験 (ラット) において、レッドクローバーは肝臓のCYP1A2、CYP2B1、CYP2B2、CYP2C6、CYP2C11、CYP2E1、CYP3A1、CYP3A18のmRNA発現を抑制し、タモキシフェン、ラロキシフェン投与によるこれらのmRNA発現の変化にも影響を与えた (PMID:25035541)
・in vitro試験 (ラット肝ミクロソーム) において、レッドクローバーはCYP1A2、2C9、2C19、3A4活性を阻害した (94) 。
<理論的に考えられる相互作用>
・抗血小板、抗凝血作用のある医薬品またはハーブとの併用により、出血のリスクを増強する可能性がある (94) 。
・多量のレッドクローバーの摂取は、ホルモン補充療法の作用を阻害する可能性がある (94) 。
・多量のレッドクローバーの摂取は、経口避妊薬の作用を競合的に阻害する可能性がある (94) 。
・タモキシフェンの作用を競合的に阻害する可能性がある (94) 。
・エストロゲン様作用を有するハーブとの併用により、作用を増強または減弱させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1. TDLo (最小中毒量)
・レッドクローバー由来イソフラボンを摂取:ヒト男性経口314 mg/kg/1年 (91) 。
・レッドクローバーから抽出したエストロゲンを投与:ラット経口1,046 mg/kg (91) 。
・レッドクローバー抽出物を投与:ラット経口 (間欠的) 1,800 mg/kg/4日 (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・花、全草:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・通常の食品に含まれる量であればおそらく安全である。
・女性ホルモン様作用があるため、妊娠中・授乳中に通常の食品以外からの摂取は避ける。
・乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫などのホルモン感受性の高い女性は、使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・骨粗鬆症に対しては効果がないことが示唆されている。
・その他の有効性については、調べた文献中に十分なデータがない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(PMID:12270205) J Chromatogr B. 2002; 777: 123-8
(PMID:10691640) J Agric Food Chem. 2000; 48: 354-65
(PMID:14601839) J Chromatogr A. 2003; 1016: 195-209
(PMID:10920504) Ann Ital Med Int. 2000;15(2):139-43
(PMID:9530428) J Am Vet Med Assoc. 1998; 212(6):857-9
(PMID:15277090) J Herb Pharmacother. 2002; 2(3):49-72
(PMID:15384148) Rapid Commun Mass Spectrom. 2004; 18(19):2273-81
(PMID:11397668) Endocr Relat Cancer. 2001; 8(2):129-34
(PMID:10996349) Atherosclerosis. 2000; 152(1):143-7
(PMID:12161042) Maturitas. 2002; 42(3):187-93
(PMID:11910672) Climacteric. 1999; 2(2):85-92
(PMID:12851275) JAMA. 2003; 290(2):207-14
(PMID:12902445) J Natl Cancer Inst. 2003; 95(15):1158-64
(103) J Chromatogr A. 1996; 755:127-32
(104) Anal Chem Acta. 2001; 450:81-97
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(PMID:19590458) Menopause. 2009; 16(6):1167-77
(7) 中薬大辞典 小学館
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(PMID:17634840) Neurocrit Care. 2007; 7(1):76-80
(PMID:19609225) Menopause. 2009; 16(6):1156-66
(PMID:25035541) Indian J Pharm Sci. 2014; 76(3):261-6
(PMID:24072635) Menopause Int. 2013; 19(3):133-4
(94) Natural Medicines
(PMID:27327802) JAMA. 2016; 315(23):2554-63
(PMID:28768651) Am J Clin Nutr. 2017; 106(3):909-920
(PMID:29541484) Surg Neurol Int. 2018; 9:43
(PMID:15811894) Postgrad Med J. 2005; 81(954):266-7
(PMID:26471215) J Obstet Gynaecol. 2016; 36(3):301-11
(PMID:25074017) Maturitas. 2014; 79(1):58-64
(PMID:28591133) PLoS One. 2017; 12(6):e0176590
(PMID:25581426) Climacteric. 2015; 18(4):568-73
(PMID:21152828) Rev Assoc Med Bras (1992). 2010; 56(5):558-62

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.