健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

α-リポ酸 (チオクト酸) [英]Alpha-lipoic acid、 Thioctic acid [学名]-

概要

α-リポ酸は細胞内のミトコンドリアにおいて、エネルギー産生反応における補酵素として働く含硫化合物である。生体機能に不可欠な成分だが、体内で合成することができるビタミン様物質であり、抗酸化作用を有する。俗に、「疲労回復によい」「運動時によい」「ダイエットによい」「糖尿病によい」「老化防止によい」などと言われているが、糖尿病、体重減少、糖尿病性神経障害に対して有効性が示唆されているものの、アルコール性肝機能障害や神経障害 (心臓自律神経疾患、化学療法誘発性神経障害、造影剤誘発性神経障害) 、糖尿病性網膜症、HIV感染による認知障害に対して効果がないことが示唆されている。α-リポ酸は医薬品としても利用されており、その適応は、激しい肉体疲労時やLeigh症候群、中毒性(ストレプトマイシン、カナマイシンによる)及び騒音性(職業性)の内耳性難聴であるが、「効果がない場合、長期間使用すべきでない」との注意事項も示されている。安全性については、適切に摂取する場合、安全性が示唆されているが、小児の過剰摂取は危険性が示唆されている。妊娠中・授乳中は、調べた文献中に十分なデータが見当たらないため避ける。一般的に、食品として流通している製品は、品質・規格が明確でないため、医薬品と同等の安全性・有効性が期待できるとは限らない。また、日本人においてα-リポ酸摂取による低血糖発作が多数報告されている。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・医薬品ではチオクト酸は注射液、チオクト酸アミドは経口で用いられる。
・チオクト酸は医薬品の範囲に関する一部基準の改正 (厚生労働省通知関連情報) により食品にも利用できるようになった
・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・1,2-dithiolane-3-pentanoic acid、1,2-ditholane-3-valeric acid、6,8-thiotic acid、5- (1,2-dithiolan-3-yl) valeric acid、6,8-dithiooctanoic acid。
・C8H14O2S2、分子量206.32。
・自然界に存在するのは (+) -α-リポ酸である。黄色結晶で水に不溶、脂溶性溶媒に可溶。ナトリウム塩は水に可溶。分子中にジスルフィド (S-S) 結合をもつ。ピルビン酸やα-ケトグルタル酸の酸化的脱炭酸反応の補酵素である(32) 。

分析法

・蛋白結合型は、酸や塩基で加水分解した後、FIDあるいはFPD付ガスクロマトグラフィーで分析されている。遊離型はUV、蛍光あるいは電気化学検出器付HPLCで分析されている (PMID:9832248)

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・健康な成人87名 (アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、抗酸化物 (ビタミンC 1,000 mg + ビタミンE 600 IU + α-リポ酸600 mg) を単回摂取させたところ、摂取後の血流依存性血管拡張反応 (FMD) が、高齢者 (45名、平均71±1歳) では増加、若年者 (42名、平均25±1歳) では低下した (PMID:22353612) 。・末期腎臓病による透析患者52名 (試験群24名、平均53.83±13.29歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸600 mg/日を8週間摂取させたところ、血中高感度CRP濃度の低下が認められたが、マロンジアルデヒド、総抗酸化能、血中脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド) に影響は認められなかった (PMID:21908204)
・透析患者325名 (試験群160名、平均58±12歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、トコフェロール666 IU/日+α-リポ酸600 mg/日を6ヶ月間摂取させたところ、血漿中の炎症・酸化ストレスマーカー (高感度CRP、IL-6、F2イソプロスタン、F2イソフラン) に影響は認められなかった (PMID:24371300)
・多発性硬化症患者46名 (試験群24名、平均31.4±6.2歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸1,200 mg/日を12週間摂取させたところ、血清中の酸化ストレスマーカー (SOD、GPx、MDA) に影響は認められなかったが、総抗酸化能の低下が認められた (PMID:23485514)


消化系・肝臓

一般情報
・アルコール性肝機能障害に対して効果がないことが示唆されている (94) 。

糖尿病・
内分泌

一般情報
・糖尿病に対して、有効性が示唆されている (94) 。
RCT
・II型糖尿病患者467名 (試験群235名、平均58.0±6.11歳、ドイツ、ポーランド、ウクライナ、ルーマニア、ロシア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸600 mg/日を2年間摂取させたところ、HbA1c濃度、視力、糖尿病性黄斑浮腫の発症率に影響は認められなかった (PMID:21811051)
・思春期のI型糖尿病患者40名 (試験群30名、平均14±2.4歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、徐放性のα-リポ酸を14〜21 mg/kg/日、3ヶ月間摂取させたところ、HbA1c濃度、微量アルブミン尿症発症率、酸化マーカー (総抗酸化能、TBARS、PCO、8OHdG) に影響は認められなかった (PMID:18221433)
・インスリン療法中の糖尿病患者で、軽〜中等度の遠位性対称性感覚運動多発性神経障害を有する患者454名 (試験群230名、平均53.3±8.3歳、ドイツ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸600 mg/日を4年間摂取させたところ、下肢神経障害スコア (NIS-LL) および7種類の神経生理学的検査15項目中4項目で改善が認められたが、複合スコアに影響は認められなかった (PMID:21775755)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・糖尿病性神経障害に対して有効性が示唆されている (94) 。
・糖尿病性網膜症に対して効果がないことが示唆されている (94) 。
・神経障害 (心臓自律神経疾患、化学療法誘発性神経障害、造影剤誘発性神経障害) やHIV感染による認知障害に対して効果がないことが示唆されている (94) 。

RCT
・軽〜中程度のアルツハイマー型認知症患者78名 (試験群28名、平均73.6±9.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-トコフェロール800 IU/日、ビタミンC 500 mg/日、α-リポ酸900 mg/日を16週間併用させたところ、脳脊髄液中の酸化ストレスマーカー (F2-イソプロスタン) の低下が認められたが、その他のCSFバイオマーカー (βアミロイド42、総タウ蛋白、リン酸化タウ) や症状スコア (ADCS-ADL) に影響は認められず、認知機能 (MMSE) の低下が促進された (PMID:22431837)
・健康な成人83名 (試験群41名、平均21.2±2.3歳、イギリス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、L-アスコルビン酸1 g/日、α-トコフェロール400 IU/日、α-リポ酸600 mg/日を、高地 (標高5,200 m) への移動開始日から滞在期間中 (9日間) の14日間摂取させたところ、急性高山病の発症率と症状に影響は認められなかった (PMID:19273551)
・口腔灼熱症候群の患者52名 (平均67.3±11.9歳、試験群32名、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸400 mg/日を8週間摂取させたところ、痛みの自覚症状 (視覚的アナログスケール (VAS) 、マクギル疼痛質問表 (MPQ)) に影響は認められなかった (PMID:18675569)
・双極性うつ病患者40名 (試験群20名、平均46±10.3歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、アセチル-L-カルニチン1,000〜3,000 mg/日+α-リポ酸600〜1,800 mg/日を12週間摂取させたところ、うつ病評価指標 (モンゴメリー/アスベルグうつ病評価尺度、ハミルトンうつ病評価尺度、臨床全般印象度、ヤング躁病評価尺度) 、脳のエネルギー代謝関連指標 (クレアチンリン酸、pH、NTP) に影響は認められなかった (PMID:23948785)
・シスプラチンまたはオキサリプラチンを含む化学療法を受けているがん患者70名 (18歳以上、試験群34名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸600 mg×3回/日を24週間摂取させたところ、化学療法により誘発される末梢神経障害の評価 (FACT/GOG-Ntx、NCI-CTCAE、BPI score、timed functional tests) に影響は認められなかった (PMID:24362907)
・統合失調症の既往歴がある33名 (試験群21名、平均30.6±7.4歳、南アフリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、n-3系不飽和脂肪酸 (EPA 2 g/日+ DHA 1 g/日) とα-リポ酸300 mg/日を2年間摂取させたところ、再発リスク、再発までの期間、再発時の症状に影響は認められなかった (PMID:24996507)
・アルツハイマー病患者39名 (アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、n-3系不飽和脂肪酸3 g/日(DHA675 mg+EPA975 mg含有) を単独 (13名、平均75.9±8.1歳) またはα-リポ酸600 mg/日と併用 (13名、平均76.7±10.6歳) で12ヶ月間摂取させたところ、併用群で認知機能指標 (ミニメンタルステート) 、両群で手段的日常生活動作 (IADL) の低下抑制が認められたが、尿中の酸化ストレスマーカー (F2イソプロスタン) 、アルツハイマー病評価尺度 (ADAS-cog) 、日常生活動作 (ADL) に影響は認められなかった (PMID:24077434)
・心臓自律神経障害がある況薪尿病患者73名 (試験群39名、平均57.9±6.6歳、ドイツ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸200 mgを4回/日、4ヶ月摂取させたところ、心臓自律神経障害の指標のうち、PMSSD(迷走神経緊張強度の指標)と低周波パワースペクトル (交感神経と副交感神経の活動スペクトル) の増加が認められたが、高周波パワースペクトル (副交感神経の活動スペクトル) 変動係数に影響は認められなかった (PMID:90151389)
・況薪尿病性神経障害患者24名 (試験群12名、平均60.5±6.9歳、ドイツ) において、α-リポ酸1,800 mgを19日間摂取させたところ、神経症状の3項目 (足の総合症状スコアと灼熱感、神経障害) において減少が認められたが、その他の項目には影響は認められなかった (PMID:10656234)

免疫・がん・
炎症

RCT
・慢性腎臓病患者58名 (試験群30名、平均58.6±12.0歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ビタミンE 666 IU/日とα-リポ酸600 mg/日を8週間摂取させたところ、血漿中の酸化ストレスマーカー (F2-イソプロスタン、タンパク質チオール) や炎症マーカー (CRP、IL-6) に影響は認められなかった (PMID:21185738)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

一般情報
・体重減少に対して、有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・3つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験11報 (検索条件:≧3週間、≧18歳) について検討したメタ分析において、α-リポ酸の摂取は体重 (8報) 、BMI (8報) の低下と関連が認められたが、試験によるバラツキが大きかった (PMID:28295905)
RCT
・過体重または肥満の成人103名 (20〜60歳、中国) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸を600 mg×2回/日、8週間摂取させたところ、体重、BMI、血中HDLコレステロール、総コレステロールの変化量に差が認められたが、ウエスト径、血中トリグリセリド、レプチン濃度に影響は認められず、全体的に介入の遵守率が低かった (PMID:28239907)
・メタボリックシンドローム患者151名 (ニュージーランド) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リポ酸600 mg/日 (34名、平均55±10歳) 、ビタミンE 100 IU/日 (36名、平均57±10歳) 、α-リポ酸+ビタミンE (41名、平均54±13歳) を1年間摂取させたところ、ビタミンE群で血漿トリグリセリド濃度の上昇、α-リポ酸群で血漿遊離脂肪酸濃度の低下が認められたが、空腹時血糖値、インスリン濃度、HOMA-IR、炎症マーカー (CRP、IL-6、TNF-α) 、アディポネクチン濃度に影響は認められなかった (PMID:22402059)
・過体重または肥満女性77名 (BMI 27.5〜40、スペイン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、EPA 1.3 g/日 (18名、平均38±8歳) 、α-リポ酸0.3 g/日 (20名、平均38±7歳) 、EPA 1.3 g+α-リポ酸0.3 g/日 (17名、平均39±7歳) を10週間摂取させたところ、EPA摂取によりウエスト/ヒップの減少をエネルギー代謝の減少抑制が認められ、α-リポ酸摂取により体重と臀部周囲径、体脂肪量、臀部の体脂肪率の減少が認められた。また、生化学検査において、EPA摂取によりヒドロキシ酪酸の増加とレプチンの低下抑制、EPA+α-リポ酸摂取によりグルコース濃度とHOMA-IRの低下が認められたが、α-リポ酸摂取では影響は認められなかった (PMID: 25594166)

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に摂取した場合、安全性が示唆されている (94) 。
・副作用として、悪心、嘔吐を起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・信頼できる十分なデータがないため使用を避ける (94) 。
<小児>
・過剰に摂取した場合、危険性が示唆されている (94) 。
<その他>
・糖尿病の人は、血糖値が変動するおそれがあるため、投薬の調整が必要になる可能性がある (94) 。
・血糖値に影響を与える可能性があるため、外科的手術の少なくとも2週間前までには摂取を中止した方がよい (94) 。
・甲状腺疾患の人は、治療を妨げる可能性があるため、モニターをする必要がある (94) 。
・アルコール依存症などチアミン欠乏の人がα-リポ酸を過剰に摂取する場合は、チアミンをサプリメントで摂取した方がよいと考えられる(PMID:7649494)
<被害事例>
【インスリン自己免疫症候群 (IAS) に関する被害】
・α-リポ酸摂取によるインスリン自己免疫症候群 (IAS) による低血糖発作が多数報告されている。IAS発症にはヒト白血球抗原 (HLA) のうちDR4 (DRB1*0406) 型が関わっていることが報告されており、欧米人に比べて多くの日本人がこの表現型を持っているため、α-リポ酸摂取によるIAS発症の事例が多数報告されている。詳細は「α-リポ酸の安全性・有効性情報 (痩身効果との関連)」を参照。
・インスリン治療歴がなく、また糖尿病でもない23〜64歳女性 (18名) と35〜66歳男性 (4名) (日本) が、α-リポ酸またはα-リポ酸を含むサプリメントを3日〜6ヶ月程度服用 (1名は服用期間不明) したところ、低血糖発作を起こし、IASを発症した (2006288585) (2006300144) (2007110805) (2007123925) (2006264486) (2006297299) (2006297522) (2008050467) (2008162769) (2008035359) (2008099436) (2007335596) (2008007916) (2007242530) (2009082096) (2008271711) (2008125166) (2007343326) (2008188473) 。
・55歳女性 (日本) がα-リポ酸を約1ヶ月間摂取し、IASを発症した (2003186651) 。
・糖尿病に罹患している (インスリン治療歴なし) 44歳女性 (日本) がα-リポ酸を含む製品を1ヶ月程度摂取したところ、感冒様症状や口渇、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、意識朦朧など糖尿病性ケトアシドーシス症状を起こし、α-リポ酸によって誘発されたIASと診断された (2008352708) 。
・数年前より肥満症、高血圧、高尿酸血症に罹患している55歳男性 (日本) が、ダイエット目的でα-リポ酸を225 mg/日、数週間摂取したところ、意識を喪失して医療機関を受診。低血糖 (27 mg/dL) 、高血漿インスリン値およびインスリン抗体価が高値であり、HLAタイプがDRB1*0406であったため、α-リポ酸摂取によるIASと診断された (PMID:17329919)
・32歳女性 (日本) がα-リポ酸を200 mg/日、2ヶ月程度摂取したところ、食前の疲労を訴えて医療機関を受診。血清インスリン値が高値であり、α-リポ酸の摂取中止により回復したため、α-リポ酸によるIASと診断された (PMID:17586737)
・70歳女性 (イタリア) がα-リポ酸600 mg/日含有のマルチビタミンを約20日間摂取したところ、発汗、疲労、失神などをおこした。血清インスリンが高値であり、HLAタイプがDRB1*0406であったため、α-リポ酸摂取によるIASと診断された (PMID:21868770)
・43歳女性 (日本) が、α-リポ酸、コエンザイムQ10、L-カルニチンを含む健康食品を約2ヶ月間摂取したところ (摂取量等の詳細不明) 、頻発する強い空腹感、低血糖が生じて医療機関を受診。高インスリン血症およびインスリン抗体価が高値であったが、加療および当該製品の摂取中止により回復。摂取していた健康食品に含まれるα-リポ酸によるIASと診断された (2012373826) 。
【その他の被害】
・14ヶ月齢女児 (トルコ) が、家族のα-リポ酸錠 (600 mg/粒) を摂取し (摂取数不明) 、数時間継続する虚脱、痙攣を生じ救急搬送され、加療により改善した (PMID:26216607)
・20ヶ月齢男児 (トルコ) が、家族のα-リポ酸錠 (600 mg/粒) を4粒摂取し、4時間後に嘔吐、昏睡、痙攣、頻脈等を呈した (PMID:23713820)
・14歳女性 (ドイツ) が、自殺目的でα-リポ酸を少なくとも6 g摂取したところ、発作、無尿、血小板減少症、凝血障害、心筋収縮能低下による多臓器不全のために24時間以内に死亡した (PMID:24810749)
・34歳女性 (イタリア) が、頸部椎間板ヘルニアによる肩の痛みのために、エトリコキシブ、ナプロキセンの服用とジクロフェナクの筋注とともに、α-リポ酸600 mg、L-カルノシン1,650 mg、亜鉛7.5 mg、B群ビタミン含有のサプリメント製品を摂取したところ、10日後に顔、頭皮に痒みを伴う湿疹を生じ、摂取中止と加療により改善した。パッチテストにてサプリメント製品およびα-リポ酸に陽性を示したことから、α-リポ酸による遅延型過敏症と診断された (PMID:25864490)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・HbA1c値には影響を与えない (PMID:10480774) (PMID:8786016)
・健康な人を対象とした試験において、グリベンクラミドあるいはアガルボースとの併用による相互作用は認められなかった (PMID:10594485)
<理論的に考えられる相互作用>
・糖尿病治療薬や血糖低下作用のあるハーブやサプリメントとの併用は、低血糖を起こす可能性がある(94) (PMID:10333946)
・化学療法薬との併用は、効果を低下させる可能性がある (94) 。
・チロキシンとの併用は、甲状腺ホルモン薬の効果を減少させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・α-リポ酸を投与:ラット経口1,130 mg/kg、マウス経口502 mg/kg (91) 。
・α-リポ酸を投与:ラット経口 >2,000 mg/kg (PMID:16904799)
2.NOAEL (無毒性量)
・α-リポ酸を投与:Wistar系ラット (雄雌) 61.9 mg/kg/日 (PMID:16904799)
・α-リポ酸を投与:SD系ラット (雄雌) 60 mg/kg/日 (PMID:16899332)
3.TDLo(最小中毒量)
・α-リポ酸を摂取:ヒト経口0.83 mg/kgで、血液凝固検査値に影響が認められた (91) 。
4.その他
・α-リポ酸をWistar系ラット (雄雌) に31.6〜61.6 mg/kg/日、4週間経口投与しても有害事象は認められなかった (PMID:16904799)
・α-リポ酸をSD系ラット (雄雌) に20〜180 mg/kg/日、24ヶ月間経口投与しても明確な毒性は認められなかった (PMID:16899332)
・ネコはイヌやラットと比較してα-リポ酸の毒性を受けやすく、ネコへの経口投与の最大耐量 (MTD) は13 mg/kg、60 mg/kg投与時では、摂食量の低下、過流涎、過剰興奮、運動失調などが認められ、死亡例も観察された (PMID:15059240)

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・適切に摂取する場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中では、調べた文献中に十分なデータが見当たらないため避ける。
・小児では、過剰に摂取した場合、危険性が示唆されている。
・α-リポ酸摂取によるインスリン自己免疫症候群 (IAS) による低血糖発作が多数報告されている。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・体重減少、糖尿病、糖尿病性神経障害に対して、有効性が示唆されている。
・アルコール性肝機能障害、神経障害 (心臓自律神経疾患、化学療法誘発性神経障害、造影剤誘発性神経障害) 、糖尿病性網膜症、HIV感染による認知障害に対して効果がないことが示唆されている。

参考文献

(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(2003186651) 糖尿病 2003:46(2):200.
(PMID:10480774) Diabetes Care. 1999 Aug;22(8):1296-301.
(PMID:7649494) Free Radic Biol Med. 1995 Aug;19(2):227-50.
(PMID:10594485) Br J Clin Pharmacol. 1999 Dec;48(6):819-25.
(PMID:10656234) Diabet Med. 1999;16(12):1040-3.
(PMID:8786016) Diabetologia. 1995 Dec;38(12):1425-33.
(PMID:9832248) J Chromatogr B Biomed Sci Appl. 1998 Oct 9;717(1-2):247-62. Review.
(PMID:16904799) Regul Toxicol Pharmacol. 2006 Oct;46(1):29-41. Epub 2006 Aug 14
(PMID:16899332) Regul Toxicol Pharmacol. 2006 Dec;46(3):193-201. Epub 2006 Aug 8
(PMID:8817248) Exp Clin Endocrinol Diabetes. 1996;104(3):284-8.
(PMID:15059240) J Anim Physiol Anim Nutr (Berl). 2004 Apr;88(3-4):150-6.
(2006288585) 糖尿病.2006;49(7):587
(2006300144) 糖尿病.2006;49(6):478
(2007110805) Diabetes Journal.2006 ;34(4) :136-41
(2007123925) 糖尿病.2007;50(1)97
(2006264486) 糖尿病.2006;49Suppl (1) S86
(2006297299) 日本内分泌学会雑誌.2006,82(1),120
(2006297522) 日本内分泌学会雑誌.2006,82(1),159
(PMID:10333946) Diabetes Care. 1999 Feb;22(2):280-7.
(2008050467) 糖尿病 2007 50(8):623-626
(2008162769) 新潟医学会雑誌 2007 121(12):694
(2008035359) 糖尿病 2007 50(8):641
(2008099436) 糖尿病 2007 50(10):59-763
(2007335596) 糖尿病 2007 50(6):457
(2008352708) 糖尿病 2008 51(9):867-871
(2008007916) 糖尿病 2007 50(7):532
(2007242530) 日本内分泌学会雑誌 2007 82(4):832
(2009082096) 糖尿病 2008 51(11):1045
(2008271711) Diabetes Frontier 2008 19(3):397-400
(2008125166) 青森県立中央病院医誌 2007 52(4):213-214
(2007343326) 日本臨床検査自動化学会会誌2007 32(4):663
(2008188473) ホルモンと臨床2008 56巻春季増刊:158-164
(PMID:19273551) QJMed. 2009 May;102(5):341-8.
(PMID:18675569) Eur J Pain. 2009 May;13(5):492-6.
(PMID:21185738) J Ren Nutr. 2011 May;21(3):211-8.
(PMID:21811051) Ophthalmologica. 2011;226(3):127-37.
(PMID:17329919) Intern Med. 2007;46(5):237-9. Epub 2007 Mar 1.
(PMID:17586737) Diabetes Care. 2007 Sep;30(9):2240-1. Epub 2007 Jun 22.
(PMID:21868770) Diabetes Care. 2011 Sep;34(9):e146.
(PMID:18221433) Pediatr Diabetes. 2008 Jun;9(3 Pt 2):69-73.
(PMID:22431837) Arch Neurol. 2012 Jul;69(7):836-41.
(PMID:21775755) Diabetes Care. 2011 Sep;34(9):2054-60.
(PMID:23713820) Clin Toxicol (Phila). 2013 Jul;51(6):522.
(PMID:21908204) J Ren Nutr. 2012 Mar;22(2):244-50.
(PMID:24810749) Klin Padiatr. 2014 May 8.
(2012373826) 宮崎医会誌.2012;36:158-63.
(PMID:23948785) J Clin Psychopharmacol. 2013 Oct;33(5):627-35.
(PMID:24362907) Support Care Cancer. 2014 May;22(5):1223-31.
(PMID:24077434) J Alzheimers Dis. 2014;38(1):111-20.
(PMID:24371300) J Am Soc Nephrol. 2014 Mar;25(3):623-33.
(PMID:24996507) Schizophr Res. 2014 Sep;158(1-3):230-5.
(PMID:22402059) Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2013 Jun;23(6):543-9.
(PMID:23485514) Nutr Neurosci. 2014 Jan;17(1):16-20.
(94) Natural Medicines
(PMID:25864490) Contact Dermatitis. 2015 Jul;73(1):62-3.
(PMID:26216607) Eur J Paediatr Neurol. 2015 Nov;19(6):730-2.
(PMID:28239907) Clin Endocrinol (Oxf). 2017 May;86(5):680-687.
(PMID:28295905) Obes Rev. 2017 May;18(5):594-601.
(32) 生化学辞典 第4版 東京化学同人
(PMID:25594166) Obesity (Silver Spring). 2015 Feb;23(2):313-21.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.