健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

バーベナ、バーベイン、クマツヅラ、バベンソウ (馬鞭草) [英]Verbena、 Vervain [学名]Verbena officinalis L.

概要

バーベナはクマツヅラ科の多年草である。キリスト磔刑の際に十字架の下から生えて出血を止めたとの言い伝えがあり、「十字架の薬草」「聖なる草」との別名がある。古代から世界各地で様々な病気に効く万能の民間薬として利用されてきたほか、神秘的な効能をもつ薬草と考えられており、予言や呪術の力を高める目的で、また媚薬としても用いられていた。中国漢方では利尿、発汗、解熱、通経作用などの目的で用いられる。俗に、「のどによい」「消化によい」「傷によい」「リラックスする」などと言われている。ヒトでの有効性については、副鼻腔炎に対して有効性が示唆されている。安全性については、多量に摂取すると昏迷や痙れんを起こすという報告がある。また、妊娠中・授乳中は使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・全草は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・米国ではGRAS (一般的に安全とみなされた物質) 認定。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・アジア、ヨーロッパ、北アフリカに分布。日本では本州から沖縄にかけて分布する。道端や荒地に自生する高さ60〜100 cmの多年草で、花期は夏。茎は直立し、上方で分岐、全体に細かい毛がある。全草を採取し、水洗い後、日干しする。ハーブティーなどに利用されるレモンバーベナとは別属である。
・イリドイド配糖体であるベルバスコシド (verbascoside) 、ベルベナリン (verbenalin) 、ベルベニン (verbenin) を含む。地上部にウルソール酸 (ursolic acid) を含む。

分析法

・ウルソール酸が多波長検出器付高速液体クロマトグラフィー (HPLC) により,C18カラムを用いて分離・分析された報告がある (PMID:12776531)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・副鼻腔炎に対して有効性が示唆されている (94) 。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・通常食品に含まれる量を適切に摂取すればおそらく安全である (94) 。医療従事者の管理のもとでの摂取は安全性が示唆されている (94) 。
・成分ベルベナリンは中枢神経系の麻痺を起こし、昏迷や痙れんを起こすことがある (103) 。
<妊婦・授乳婦>
・バーベナは堕胎作用、分娩促進作用があるとされている (103) 。
・参考文献中には授乳中の安全性については記載がない。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・24歳男性 (アメリカ) が多数のハーブ製品 (フキタンポポ、パッションフラワー、ヒナゲシ、ワイルドレタス、ブルーリリー、ワイルドダッガ、サルビア・ディビノラム、カバ、セイヨウオトギリソウ、ブルーバーベナ、カレア、バーベナ、Entada rheedii、ハナビシソウ含有) を常用していたところ (摂取量、期間不明) 、腰および足の痛みを発症し、肺塞栓症および深部静脈血栓と診断された (PMID:22876743)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、バーベナ水抽出物はCYP3A4活性を阻害した (PMID:28539725)
<理論的に考えられる相互作用>
・多量に摂取すると高血圧の薬剤治療に相加的な影響を与える可能性がある (103) 。また、高血圧や低血圧の人の血圧に影響を与える可能性がある (103) 。
・ビタミンKを含有するため、ワルファリンカリウムの作用を減弱させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・全草:クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・ヒトに対する安全性については、多量に摂取すると昏迷や痙れんを起こすという報告がある。
・妊娠中、授乳中は使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・副鼻腔炎に対して有効性が示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) A Physician's Guide to Herbal Medicine. Terry C. Telger, transl. 3rd ed. Berlin, GER: Springer, 1998.
(102) Phytomedicine 1994;1:177-81.
(103) Herbal Medicine: A Guide for Healthcare Professionals. London, UK: The Pharmaceutical Press, 1996.
(PMID:10483681) Wien Med Wochenschr. 1999;149(8-10):202-8.
(PMID:12776531) Zhongguo Zhong Yao Za Zhi. 2002 Dec;27(12):916-8.
(PMID:10920504) Ann Ital Med Int. 2000;15(2):139-43.
(PMID:22876743) J Diet Suppl. 2012 Sep;9(3):149-54.
(94) Natural Medicines
(PMID:28539725) Pharmacogn Mag. 2017 Apr-Jun;13(50):300-308.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.