健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

セイヨウサンザシ、ホーソンベリー [英]English hawthorn [学名]Crataegus laevigata DC.、Crataegus monogyna Jacq.

概要

サンザシと呼ばれるものには、セイヨウサンザシ、オオミサンザシ (チャイニーズホーソーン、Crataegus pinnatifida Bge) 、サンザシ (Crataegus cuneate Sieb. Et Zucc.) がある。セイヨウサンザシは特にヨーロッパにおいて心臓によいハーブとして使用されてきた。俗に、「循環器系機能を改善する」と言われているが、規格化された葉と花のエキスは一部の心疾患に対する有効性が示唆されている。しかし、果実の有効性に関する信頼できるデータが十分でない。安全性については、適切に短期間摂取する場合、安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないため、摂取は避けたほうがよい。健康食品として販売されているサンザシは、セイヨウサンザシかオオミサンザシが主である。ここでは、セイヨウサンザシについて述べる (オオミサンザシの情報は別項参照)。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・葉、果実は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・フラボノイド配糖体[ルチン (rutin) 、ビテキシン (vitexin) 、ヒペロサイド (hyperoside) ]、5環性トリテルペン類、サポニン、オリゴメリックプロシアニジン(oligomeric procyanidin=OPC) 、トリメチルアミン、縮合タンニン、ビタミンB1、B2、Cなどを含む。
・有刺の潅木。大きいもので高さ10 mになる。果実は球形または楕円形で深赤色。ヨーロッパの北西部および中部、イングランドからラトビア、ピレネー山脈の西側およびイタリア北部の森でみられる。北アメリカ東部およびインドで帰化。薬用部分は果実、葉、花。中国では乾燥した果実を、ヨーロッパでは花冠、葉、果実を利用する。花期は5月で白い花をつける。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・規格化されたセイヨウサンザシの葉と花のエキスは、うっ血性心不全などの心疾患に対し、有効性が示唆されている (94) 。
・ドイツコミッションE (薬用植物評価委員会) では、慢性心不全II度の症状緩和に対する葉と花の抽出物の使用を承認している (58) 。
メタ分析
・2002年6月までを対象に6つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験8報について検討したメタ分析において、慢性心不全患者による通常の治療とセイヨウサンザシ摂取の併用は、最大作業負荷量の増加と関連が認められた (PMID:12798455)
RCT
・慢性心疾患患者120名 (試験群60名、平均57.8±9.0歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、通常の治療とともにセイヨウサンザシ抽出物を1日に450 mg×2回、6ヶ月間摂取させたところ、血圧、心拍、6分間歩行距離、QOLに影響は認められなかった (PMID:19789403)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・セイヨウサンザシエキスは正の筋収縮を促進、伝導率を高め、負の変域作用があり、冠状動脈と心筋の循環還流を増し、末梢血管の抵抗性を減らす (58) 。

安全性

危険情報

一般情報
・適切に短期間摂取する場合、安全性が示唆されている。それ以上の長期摂取については、十分なデータがない (94) 。
・有害事象として、めまい、吐き気、胃腸の不快感、疲労、発汗、手のかゆみ、動悸、頭痛、呼吸困難、鼻血、動揺、不眠、循環器系のかく乱などを生じる可能性がある (94) 。
・セイヨウサンザシを摂取して6週間以上症状が改善しない、あるいは足の浮腫が見られる場合、医療従事者に相談すべきである (58) 。心臓疾患から生じる痛み (腕に抜ける胸の痛みなど) がある場合は医学的診断が必須である (58) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分な情報がないため、摂取は避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・降圧薬、ジゴキシン、ニトログリセリン、β遮断薬、カルシウム拮抗薬、ホスホジエステラーゼ5 (PDE-5) 阻害薬との併用は、それらの作用を増強する可能性がある (94) 。
・心臓に作用するハーブやサプリメントと併用すると、予期せぬ有害事象が起きる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・抽出物を投与:ラット経口33.8 mg/kg、マウス経口18.5 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・花、葉:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・適切に短期間摂取する場合、安全性が示唆されている。60日間より長期の摂取については安全性が検討されていない。
・妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないため、摂取は避ける。
・有害事象として、吐き気、胃腸の不快感、疲労、動悸、頭痛、めまい、不眠などを引き起こすことがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・規格化されたセイヨウサンザシの葉と花のエキスはうっ血性心不全などの心疾患に対して、有効性が示唆されている。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(PMID:12798455) Am J Med. 2003 Jun 1;114(8):665-74.
(PMID:19789403) Eur J Heart Fail. 2009 Oct;11(10):990-9.
(94) Natural medicines
(PMID:15277062) J Herb Pharmacother. 2003;3(2):19-29.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.