健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

オオミサンザシ 、チャイニーズホーソーン [英]Chinese hawthorn [学名]Crataegus pinnatifida Bunge var.major N.E.Br.

概要

サンザシと呼ばれるものには、オオミサンザシ (チャイニーズホーソーン) 、セイヨウサンザシ (Crataegus laevigata) 、サンザシ (Crataegus cuneate Sieb. Et Zucc.) がある。オオミサンザシは中国に広く分布する果実で、中国漢方では古くから消化不良や下痢などの消化器系の症状および条虫の駆除によく用いられる。近年、血中コレステロールを低下させる作用が示唆され、健康食品の素材として注目されてきた。別項で述べる同じ科に属するセイヨウサンザシは循環器系疾患に対する作用がさらに期待されているが、いずれの効果についてもヒトにおける信頼できるデータは十分ではない。ヒトでの安全性についても信頼できるデータが見当たらない。健康食品として販売されているサンザシは、セイヨウサンザシかオオミサンザシが主である。ここではオオミサンザシについて述べる (セイヨウサンザシについては別項参照) 。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・偽実、茎、葉、花は、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・果実にクラテゴール酸 (crataegolic acid) 、マスリン酸 (maslinic acid) 、酒石酸、ビタミンB1、B2、C、シュウ酸、タンニン、フラボノイド類、脂肪油などを含む (29) 。また果実にアミグダリン (amygdalin) を含み、他にケルセチン (quercetin) 、クロロゲン酸 (Chlorogenic acid) 、ウルソール酸 (ursolic acid) の存在が確認されている (18) 。
・薬用部分は果実 (山査子<サンザシ>) 。秋に熟した果実を採取し、輪切りか縦切りにし日干しする。中国東北部などに分布。高さ約6 mの落葉小高木。

分析法

・HPLCを用いてプロシアニジンを分析した報告がある (PMID:11878204)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

一般情報
・赤痢菌 (18) に対してで比較的強い抗菌作用がある。

安全性

危険情報

<妊婦・授乳婦>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・NYHAIIの心臓病患者1,011名を対象とした多施設臨床試験において、オオミサンザシ抽出物を含む製品を2回/日、24週間摂取させたところ、オオミサンザシとの因果関係は不明であるが、顔面痛を伴う頻脈などの有害事象が14例報告されている (PMID:10546150)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

・動物実験(マウス)において、サンザシ葉抽出物1.9、3.8、7.7 mg/kgの投与は、血清トランスアミナーゼ、心、肝、脾、肺、腎、脳、腸の組織切片に影響を与えなかった (92) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・果実:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(18) 和漢薬百科図鑑/II 保育社 難波 恒雄 著
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(92) 現代中薬薬理学
(PMID:11878204) Arzneimittelforschung. 2002;52(2):89-96.
(PMID:10546150) Herz. 1999 Oct;24(6):465-74; discussion 475

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.