健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

トレオニン 、スレオニン [英]Threonine (Thr) [学名]

概要

トレオニンは必須アミノ酸の一つであり、穀類などでは含量が低いため不足しやすい。穀類の栄養強化などに用いられているが、精白米に添加する場合にはリジンとのバランスが大切である。俗に、「肝機能を高める」「成長を促す」と言われている。ヒトにおいては脊髄痙縮に対して有効性が示唆されている。安全性については、適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中における安全性については信頼できる十分なデータがない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「指定添加物」:DL-体、L-体は調味料、栄養強化剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号ThrまたはT、C4H9NO3、分子量 (MW) 119.12 (32) 。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・脊髄痙縮に対して有効性が示唆されている。6 g/日摂取で痙縮を緩和した (PMID:8296531)
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS) に対して効果がないことが示唆されている。2〜4 g/日を摂取した最長12ヶ月までの試験の結果、症状を抑えることはなく、症状の進行を遅らせることもなかった (PMID:8909433) (PMID:1313078) 。肺機能を低下させる可能性については、「医薬品との相互作用」の欄を参照のこと。
・家族性痙攣不全対麻痺 (familial spastic paraparesis) に対して予備的な知見。4.5〜6 g/日摂取で運動障害や痙縮の指標が改善する可能性があるが、臨床的有意差は見出されていない (PMID:1742749)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に使用した場合、安全性が示唆されている。2〜4 g/日を12ヶ月まで安全に摂取できた (PMID:8909433) (PMID:8296531) (PMID:1313078)(PMID:1742749)
・有害事象はほとんどないと思われるが、下痢などの軽微な胃腸障害を起こしたという報告がある (PMID:8296531) 。他には、頭痛、鼻漏、放屁、便秘、皮疹が報告されている (PMID:8909433)
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については、十分な情報がないため使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者の肺機能を低下させるおそれがある。ALS患者が4 g/日のトレオニンを摂取したところ、プラセボに比較して努力肺活量 (FVC) が有意に低下したという試験報告が1件ある (PMID:8909433) 。この有害事象については、さらなる科学的根拠の蓄積が必要である (94) 。

<理論的に考えられる相互作用>
・アラニンや分枝鎖アミノ酸、フェニルアラニン、セリン、トリプトファン、チロシンなどのアミノ酸は、トレオニンの中枢移行性を減少させることが考えられる (PMID:1905383)
・トレオニンは脳血液関門を通過する際に他のアミノ酸 (アラニンや分岐鎖アミノ酸、フェニルアラニン、セリン、トリプトファン、チロシンなど) と競合すると思われるので、他のアミノ酸濃度が高いとトレオニンの中枢における作用が減弱されることが考えられる (PMID:1905383)
・トレオニンは中枢神経系のグリシン濃度を上昇させる (PMID:1905383) ので、NMDA型グルタミン酸受容体拮抗剤の作用を減弱させることが考えられる。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・適切に摂取する場合は安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中の安全性については、信頼できる十分なデータがないので使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・脊髄痙縮に対して有効性が示唆されている。
・筋萎縮性側索硬化症 (ALS) に対して効果がないことが示唆されている。

参考文献

(32) 生化学辞典 第4版 東京化学同人生化学辞典
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(94) Natural Medicines
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(PMID:1905383) Med Hypotheses. 1991 Jan;34(1):20-3.
(PMID:8296531) Acta Neurol Scand. 1993 Nov;88(5):334-8.
(PMID:8909433) Neurology. 1996 Nov;47(5):1220-6.
(PMID:1313078) J Neurol. 1992 Feb;239(2):79-81.
(PMID:1742749) Clin Neuropharmacol. 1991 Oct;14(5):403-12.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.