健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

チロシン [英]Tyrosine (Tyr) [学名]

概要

チロシンは、動物性タンパク質に広く含まれる芳香族アミノ酸の一つである。生体内では必須アミノ酸であるフェニルアラニンから生合成される。食物からのチロシン摂取量が欠乏した条件では、チロシンはフェニルアラニンからの生合成量に左右されるため、条件的必須アミノ酸と位置づけられている。チロシンは甲状腺ホルモン、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミンの前駆体であり、感情や精神機能の調節に関与する。有効性については、フェニルケトン尿症に有効である。また、俗に、「集中力を高める」と言われており、睡眠不足後の覚醒改善、ストレス下での記憶、認知機能に有効性が示唆されている。一方、注意欠陥多動性障害 (ADHD) 、軽度のうつ病、運動パフォーマンスの向上に対しては効果がないことが示唆されている。安全性については、食品中に含まれる量での摂取はおそらく安全である。小児、妊娠中・授乳中においては、食品中に含まれる以上の量を摂取した場合の安全性について信頼できる十分なデータがないので過剰摂取は避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。「既存添加物」:L-体は調味料、栄養強化剤である。
・米国ではGRAS (一般的に安全とみなされた物質) 認定 (94) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号TyrまたはY、C9H11NO3、分子量 (MW) 181.19。芳香族アミノ酸の1つ。非必須アミノ酸で、生体内ではフェニルアラニンから合成される (16) 。

分析法

・紫外可視検出器 (検出波長254、257 nm) を装着したHPLCにより分析されている (PMID:8395220) (PMID:12180685)
・光学異性体のエピマー (活性型、非活性型) がNMR測定装置により分析されている (PMID:7756849)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

一般情報
・フェニルケトン尿症 (PKU;チロシン前駆体であるフェニルアラニンを代謝できない遺伝病) に対して経口摂取で有効である (94) 。
メタ分析
・2012年6月までを対象に2つのデータベースで検索できた無作為化プラセボ比較試験3報について検討したメタ分析において、フェニルケトン尿症患者におけるチロシンの摂取による、体重、知能、神経心理学的能力、死亡率への効果は、データが少なく判断できなかった (PMID:23737086)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

一般情報
・睡眠不足後の覚醒、認知機能、ストレス下での記憶に有効性が示唆されている (94) 。
・注意欠陥多動性障害 (ADHD) 、軽症のうつに対して効果がないことが示唆されている (94) 。
RCT
・健康な成人男性12名 (平均24.5歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、チロシン150 mg/kg体重を摂取させたところ、睡眠不足で覚醒した約3時間後の精神運動試験検査結果が改善した (PMID:7794222)
・大うつ病患者65名 (試験群21名、平均36.2歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、チロシン100 mg/kg/日を4週間摂取させたところ、症状 (HAM-D) に影響は認められなかった (PMID:2142699)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

一般情報
・運動パフォーマンスの向上に効果がないことが示唆されている (94) 。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・食品中に含まれる量の摂取はおそらく安全である (94) 。短期間の適切な摂取で安全性が示唆されている (94) 。
・有害事象としては、吐き気、頭痛、疲労感、胸焼け、関節痛などが挙げられる (94) 。
<妊婦・授乳婦、小児>
・小児、妊娠中・授乳中において、食品中に含まれる量以上を摂取した場合の安全性について十分なデータがない (94) 。
<その他>
・甲状腺ホルモンを増加させる可能性があるため、甲状腺機能亢進症やバセドウ病の患者は摂取しないほうがよい (94) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・レボドパ (L-ドパ) との併用で、吸収の際の競合作用によりその効果を減弱させるおそれがあるので、少なくとも2時間はあけて服用する (94) 。
・甲状腺ホルモン剤との併用でその作用を増強させる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・食品中に含まれる量での摂取はおそらく安全である。
・小児、妊娠中・授乳中において、食品中に含まれる量以上を摂取した場合の安全性については信頼できる十分なデータがない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・フェニルケトン尿症に対して有効である。
・睡眠不足後の覚醒、認知機能、ストレス下での記憶に有効性が示唆されている。
・注意欠陥多動性障害 (ADHD) 、軽度のうつ病、運動パフォーマンスの向上に効果がないことが示唆されている。

参考文献

(16) 生化学辞典 第3版 東京化学同人
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:7794222) Aviat Space Environ Med. 1995;66:313-9.
(PMID:2142699) J Affect Disord. 1990;19:125-32.
(PMID:12180685) J AOAC Int. 2002 Jul-Aug;85(4):901-5.
(PMID:7756849) J AOAC Int. 1995 Mar-Apr;78(2):353-8.
(PMID:8395220) J Pharm Biomed Anal. 1993 ;11(4-5):361-6.
(94) Natural medicines
(PMID:23737086) Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jun 5;(6):CD001507.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.