健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ベニコウジ [英]Red yeast rice、Red koji [学名]Monascus purpureus、Citrus benikoji hort.ex Tanaka

概要

ベニコウジは米に紅麹菌を植菌して発酵させたもので、中国やジャワで古くから食品の着色料などとして使用されてきた。ベニコウジの中国語名は「紅曲」であり、古くから漢方素材にも用いられていた。俗に、「コレステロールを下げる」などと言われ、ヒトでの有効性については、一部にヒトでの科学的データが示されている。安全性については、サプリメントなど濃縮物として摂取する場合はおそらく危険である。また、妊婦や小児の摂取はおそらく危険であり、授乳中の摂取についても十分なデータがないため避けたほうが良い。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・麹米(紅菌により発酵された米)は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」色素は着色料。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・ベニコウジは0.4%ほどの、8種のメビニン酸 (mevinic acids) (スタチン系化合物、主としてロバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4基質) ) を含み、この成分がHMG-CoAレダクターゼを阻害すると考えられている。その他βシトステロール (β-sitosterol) 、カンペステロール (campesterol) 、イソフラボンやイソフラボン配糖体などのサポゲニン、単価不飽和脂肪酸などを含む。色素はモナスシン、モナスコルブリンなど。
・市販のベニコウジ12製品 (アメリカ) について、モナコリン含有量をHPLC質量分析法で測定したところ、いずれの製品にも“活性物質600 mg/カプセル含有”と表示されていたが、実際の含有量は総モナコリンが0.31〜11.15 mg/カプセル、ロバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4基質) が0.10〜10.09 mg/カプセル、モナコリンKAが0.00〜2.30 mg/カプセルと製品により差が大きく、4製品からはシトリニン (カビ毒) が検出されたという報告がある (PMID:20975018)

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・高脂血症におそらく有効である (94) 。
メタ分析
・2014年11月までを対象に2つのデータベースで検索できた無作為化比較試験36報 (20試験、検索条件:≧4週間) について検討したメタ分析において、ベニコウジの摂取は総コレステロール (12試験) 、LDLコレステロール (12試験) 、HDLコレステロール (12試験) 、トリグリセリド (12試験) の低下と関連が認められたが、コレステロール値については試験によるばらつきが大きかった (PMID:25897793)
RCT
・脂質異常症であるが薬物治療を受けていない83名 (中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ベニコウジ2.4 g/日を12週間摂取させたところ、開始8週間目以降において、総コレステロール値が有意に低下し、トリグリセリド値、LDLコレステロール値も低減したが、HDLコレステロールに影響は認められなかった (PMID:9989685)
・脂質異常症患者46名 (平均53.7±10.0歳、試験群36名、中国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ナットウキナーゼ200 mg/日を単独もしくはベニコウジ1,200 mg/日と併用で6ヶ月間摂取させたところ、併用群でのみ、血中総コレステロール、LDLコレステロール、総コレステロール/HDLコレステロール比の減少が認められたという予備的な報告がある (PMID:19786378)
・家族性高コレステロール血症 (24名) または家族性複合型高脂血症 (16名) の小児 (8〜16歳、イタリア) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、ベニコウジ抽出物200 mg/日を8週間摂取させたところ、血漿中総コレステロール、LDLコレステロール、ApoB、トリグリセリドの減少が認められた (PMID:20153154)
・血清中性脂肪が高め (120〜200 mg/dL) の成人55名 (試験群28名、平均52.0±12.1歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較において、ベニコウジ発酵ニンニク末を900 mg/日、12週間摂取させたところ、血清中総コレステロール、LDLコレステロール、LDLコレステロール/HDLコレステロール比の減少が認められたが、HDLコレステロール、中性脂肪、BMI、体脂肪率、腹囲、血糖値に影響は認められなかった (PMID:22041543)
・コレステロール値が高めの成人52名 (試験群31名、平均55±7歳、ベルギー) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ベニコウジ抽出物含有製品 (モナコリンK 5,025 mg+コエンザイムQ10 30 mg+プロシアニジン20 mg+レシチン 100 mg/カプセル含有) を2個/日、8週間摂取させたところ、総コレステロール値、LDLコレステロール値の低下が認められたが、HDLコレステロール値、トリグリセリド値に影響は認められなかった (PMID:23866314)
・正常高値血圧者および軽度高血圧者91名 (試験群46名、平均46.5±13.6才、日本) を対象とした二重盲検試験において、ベニコウジエキス配合飲料 (GABA 2.4 mg、アデノシン1.5 mg含有/100 mL) を1日1本、12週間摂取させたところ、収縮期血圧値は摂取10週目、拡張期血圧値は摂取4週目でのみ低下を認めたという予備的な報告がある (2005067795) 。この現象についてはさらなる検証が必要である。
・血清コレステロールが高めの成人25名 (平均53.56±8.76歳、イタリア) を対象とした二重盲検無作為化クロスオーバープラセボ比較試験において、4週間の食事・身体活動指導の後に、ベニコウジ抽出物含有カプセル (モナコリン10mg+コエンザイムQ10 10mg含有) を4週間摂取させたところ、血清総コレステロール、LDLコレステロール、non-HDLコレステロール、高感度CRPの低下が認められたが、その他の血清脂質 (HDLコレステロール、トリグリセリド、ApoA1、ApoB) 、空腹時血糖値、クレアチニン、クレアチニンキナーゼ、AST、ALTに影響は認められなかった (PMID:23890351)
・中等度高コレステロール血症の男女45名 (フランス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ベニコウジ抽出物167 mg+サトウキビ抽出物3.70 mg (60%オクタコサノール含有) +乾燥チョウセンアザミ葉抽出物200 mgを含むダイエタリーサプリメントを6個/日 (15名、平均50.8±10.8歳) または3個/日 (15名、平均53.4±9.0歳) 、4週間摂取させたところ、LDLコレステロール値および総コレステロール値は両群で、LDL/HDLコレステロール比は3個/日群でのみ低下が認められたが、HDLコレステロール値、トリグリセリド値、総コレステロール/HDLコレステロール比は両群ともに影響は認められず、試験終了4週間後ではいずれにも影響は認められなかった (PMID:23266743)


消化系・肝臓

一般情報
・HIV感染による脂質代謝異常に対して、有効性が示唆されている (94) 。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・短期間に経口で適切に摂取した場合、安全性が示唆されている。4.5年における臨床研究では、ベニコウジの摂取は安全であった (94) 。
・ベニコウジの有害事象としては腹部不快感、胸やけ、鼓腸、頭痛、めまい、 発疹、脱毛症、勃起不全、肝毒性、胸痛、横紋筋融解、アナフィラキシー、水腫を引き起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中の摂取はおそらく危険である。ベニコウジの成分であるロバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4基質) は動物実験により胎児に骨格の催奇形性を引き起こす可能性があるので、摂取は避ける (94) 。
・授乳中の摂取については、十分なデータがないため使用は避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合はおそらく危険である。
<病者>
・肝不全患者およびそのリスクのある人、肝機能検査で異常が見られた人は使用を避けるか、注意して摂取したほうがよい (94) 。
<被害事例>
・シンバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4基質) 40 mg/日の使用による筋障害の経験を有する脂質異常症の女性 (61歳、アメリカ) が、ベニコウジのハーブ製剤を1,200 mg/日、約3ヶ月間摂取したところ、激しい広範囲の筋痛と血清クレアチンキナーゼ値の上昇を示した (PMID:16983142)
・62歳女性 (アメリカ) がモンテルカスト (アレルギー治療薬:CYP2C8、CYP2C9、CYP3A4基質) とフルオキセチン (抗うつ薬:CYP2C9、CYP2D6、P糖タンパク質基質) を併用し、さらにベニコウジ米600 mg/カプセルを2カプセル/日、4ヶ月程度摂取したところ、吐き気、嘔吐、下痢、悪寒、発熱などの症状を10週間呈した後、症候性肝炎と診断された。症状はベニコウジ米の摂取中止により改善した (PMID:18838736)
・60歳男性 (イギリス) が、高コレステロール血症のためにベニコウジを4〜6年間摂取し、同時に消化管間質腫瘍のためにイマニチブを3年間服用したところ、末梢性神経障害 (スタチン系薬の既知の副作用) を発症し、ベニコウジの摂取中止により改善した (PMID:23563686)
・53歳女性 (オランダ) がインターネットで購入したベニコウジサプリメントを4ヶ月間摂取したところ、筋肉痛、食物の逆流、食欲不振、疲労、心窩部痛を生じ、摂取中止により改善した (PMID:26810781)
・39歳男性 (中国) が、血中脂質を低下させるため、自己判断でベニコウジを平均3.95 g/日摂取していたところ、1週間後より性機能不全を呈し徐々に症状の悪化が見られたが、摂取中止により改善した (PMID:29356231)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・in vitro (Caco-2細胞) において、P糖タンパク質活性を増強、CYP1A2、CYP2C9、CYP3A4を阻害し、動物実験 (ラット) において、verapamilの代謝を抑制した (PMID:22389767)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、ロバスタチン (脂質異常症治療薬:CYP3A4基質) を含む市販ベニコウジ製品は、純粋なロバスタチンよりもCYP (1A2、2B6、2C9、2C19、2D6、3A4) とP糖タンパク質活性を阻害し、特にCYP1A2、CYP2C19の阻害作用は強かった (PMID:23227093)
<理論的に考えられる相互作用>
・アルコール、スタチン系薬剤、シクロスポリン (免疫抑制剤:CYP3A4、P糖タンパク基質) 、レボチロキシン (甲状腺ホルモン) 、GABAに影響する可能性のある薬物、その他の薬剤、ナイアシン、コエンザイムQ10、グレープフルーツなどとの併用による相互作用が知られている (94) 。
・肝毒性、あるいは甲状腺ホルモン作用やコレステロール低下作用のあるハーブやサプリメント、セイヨウオトギリソウとの併用で相互作用が起きる可能性がある (94) 。
・臨床検査では、肝臓の酵素、血清コレステロール、クレアチンキナーゼなどの値に影響を与えることがある (94) 。

動物他での
毒性試験

・雌雄ラット50匹を、1.25%〜2.5%紅麹色素を含む餌で108週間飼育したところ、自然発生腫瘍の頻度には差がなかった (1999066872) 。
・in vitro試験において、ベニコウジからメタノール抽出にて分離した15成分中、monacolin Q 、monacolin R、α,β-dehydrodihydromonacolin K、dehydromonacolin K、 monacolin K の5成分で細胞毒性が認められた (PMID:26920293)

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・短期間に経口で適切に摂取した場合、安全性が示唆されている。サプリメントなど濃縮物として摂取する場合はおそらく危険である。
・妊娠中の摂取はおそらく危険である。
・授乳中の摂取については、十分なデータが無いため避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ベニコウジは経口摂取で、コレステロールとトリグリセリドを下げるのにおそらく有効である。
・HIV感染による脂質代謝異常に対し、有効性が示唆されている。

参考文献

(65) Cochran Library
(PMID:9989685) Am J Clin Nutr. 1999 Feb;69(2):231-6.
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:16983142) Ann Intern Med. 2006 Sep 19;145(6):474-5.
(1999066872) Journal of Toxicologic Pathology.1997;10(4):187-92
(2005067795) 医学と薬学.2004;52(5):807-17
(PMID:18838736) Ann Intern Med. 2008 Oct 7;149(7):516-7
(PMID:19786378) Asia Pac J Clin Nutr. 2009; 18(3):310-7.
(PMID:20975018) Arch Intern Med. 2010 Oct 25;170(19):1722-7.
(PMID:20153154) Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2011 Jun;21(6):424-9.
(PMID:22389767) Sci Rep. 2012;2:298.
(PMID:23227093) Evid Based Complement Alternat Med. 2012;2012:127043.
(PMID:22041543) Clin Nutr. 2012 Apr;31(2):261-6.
(PMID:23866314) BMC Complement Altern Med. 2013 Jul 18;13(1):178. [Epub ahead of print]
(PMID:23563686) BMJ Case Rep. 2013 Apr 5;2013.
(PMID:23890351) Nutr Res. 2013 Aug;33(8):622-8.
(PMID:23266743) Eur J Nutr. 2013 Dec;52(8):1843-52.
(94) Natural Medicines
(PMID:26920293) Food Chem. 2016 Jul 1;202:262-8.
(PMID:26810781) Drug Test Anal. 2016 Mar-Apr;8(3-4):315-8.
(PMID:25897793) Atherosclerosis. 2015 Jun;240(2):415-23.
(PMID:29356231) Phytother Res. 2018 May;32(5):953-954.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.