健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

セリン [英]Serine [学名]

概要

セリンは非必須アミノ酸の一つ。アミノ酸には光学異性体であるL-体とD-体が存在し、タンパク質を構成するのはL-体である。L-セリンは生体内で解糖系の中間体である3-ホスホ-D-グリセリン酸あるいはヒドロキシピルビン酸から生合成されるほか、セリンヒドロキシメチルトランスフェラーゼによってグリシンと相互変換する。また、システイン、スフィンゴシン、プリン、ピリミジンの生合成に関与する。D-セリンは哺乳動物の脳内に高濃度で存在し、神経伝達に関与することが示されている。俗に、「脳の機能を助ける」「睡眠の質を改善する」と言われているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは見当たらない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・セリンは「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に分類される (30) 。
・「既存添加物」:L-セリンは調味料、強化剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号SerまたはS。C3H7NO3、分子量 (MW) 105.09。非必須アミノ酸である (16) 。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

RCT
・睡眠に満足していない成人45名 (平均35±8歳、日本) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、L-セリン 3 g/日を4日間、就寝30分前に摂取させたところ、睡眠状態の自己評価指標 (OSA sleep inventory) において5項目中2項目 (寝つき、睡眠維持) の改善が認められたが、その他の項目 (起床時の眠気、起床時の不安感、睡眠充足感) に影響は認められなかった (PMID:25197619)
・統合失調症患者29名 (試験群14名、平均33.9±6.6歳、台湾) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、投薬治療とともにD-セリン30 mg/日を6週間摂取させたところ、Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS) の陽性症状および認知機能症状、Negative Syndrome Scale、ウィスコンシンカード分類課題の達成分類カテゴリー数、臨床全般印象度の改善が認められたが、PANSSの総合症状の評価、カード分類課題の保続性誤り数、ハミルトンうつ病評価尺度に影響は認められなかった (PMID:9836012)

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・通常の食品からの摂取はおそらく安全である。日本人の食事からのセリン摂取量は3.0〜4.0 g/日程度 (PMID:28190658) (2014107921) 、米国での日常的なセリン摂取量は平均3.5 g/日程度 (103) という報告がある。
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

<妊婦・授乳婦>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

調べた文献の中に見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(16) 生化学辞典 第3版 東京化学同人
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(102) 食品機能性成分の吸収・代謝機構 シーエムシー出版 宮澤陽夫監修
(103) DRI for energy, carbohydrate, fiber, fat, fatty acids, cholesterol, protein, and amino acids National Academies Press 2005
(2014107921) 栄養学雑誌 2013 71(6) 299-310
(PMID:25197619) Springerplus. 2014 Aug 22;3:456
(PMID:9836012) Biol Psychiatry. 1998 Dec 1;44(11):1081-9.
(PMID:28190658) J Epidemiol. 2017 May;27(5):242-247.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.