健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

グルタミン [英]Glutamine (Gln) [学名]L-(+)-Aminoglutaramic acid

概要

グルタミンは生体内にもっとも多く含まれるアミノ酸であり、グルタミン酸とアンモニアから生合成される。生体内ではアミノ基転移酵素の基質として種々の生体機能に関わっている。俗に、「免疫力を高める」と言われている。アルギニンとともに輸液の成分に配合され、一部のがんやHIV感染による症状の緩和に利用されている。安全性については、経口摂取で適切に用いる場合は安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中の安全性については信頼できる十分なデータがないので使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:L-体は調味料、栄養強化剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号GlnまたはQ、C5H10N2O3、分子量 (MW) 146.15。酸加水分解によりグルタミン酸とアンモニアを生じる。水溶性が低く、経管栄養液中での安定性も限られている (102) 。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーによって分離後ニンヒドリンのような発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

一般情報
・クローン病には効果がないことが示唆されている (94) 。
・幼児の急性下痢に対して、経口補水液に添加した場合に効果がないことが示唆されている (94) 。
RCT
・急性下痢で脱水症状のある生後1〜12ヶ月の乳児120名 (試験群60名、スイス) を対象とした無作為化比較試験において、WHO標準調乳に90 mmol/Lのグルタミンを添加しても瀉下率、嘔吐量・回数、脱水症状改善に必要な輸液量などの改善は認められなかった (PMID:8077573)

糖尿病・
内分泌

一般情報
・シスチン尿症の治療には経口摂取で効果がないことが示唆されている (94) 。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

一般情報
・食道がんの放射線療法中患者のリンパ球数低下を予防するのに、経口摂取で有効性が示唆されている (94) 。
・化学療法による粘膜の炎症 (口内炎) に経口摂取で有効性が示唆されている。グルタミン摂取によって、骨髄移植後やがん化学療法中の患者における口腔内の痛みの発生率、程度、期間を軽減したという報告があるが、すべての患者で効果があったわけではない。おそらくグルタミン欠乏が見られる患者でより効果が高い (94) 。
・危篤状態および多発外傷患者における栄養学的および免疫学的状態の改善、感染合併症減少に、経腸栄養の有効性が示唆されている (94) 。
メタ分析
・2013年12月までを対象に7つのデータベースで検索できた無作為化比較試験19報について検討したメタ分析において、18歳以上の腹部手術患者によるグルタミンの摂取は、入院期間の短縮 (13報) と関連が認められたが、死亡率 (10報) 、合併症発症率 (8報) 、感染症発症率 (13報) に影響は与えなかった (PMID:25584966)
RCT
・放射線化学療法施術前の直腸がん患者33名 (試験群14名、平均60.5±14.2歳、スロベニア) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、グルタミン30 g/日を5週間摂取させたところ、治療による下痢の発生率や重症度、血漿中ホルモン (テストステロン、コルチゾール) や炎症マーカー (IL-6、LBP、CRP) に影響は認められなかった (PMID:21733605)
・骨髄移植を受けた患者20名 (試験群9名、平均36±3歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化比較試験において、経静脈栄養にグルタミンを4,982 mg/100 mLで付加したところ、血中のリンパ球 (CD3、CD4、CD8細胞) の増加がみられたという予備的な報告がある (PMID:9427568)
・32週未満出生および出生時の体重が1,500 g以下の両方もしくはいずれかの生後3〜30日以内の乳児107名 (試験群54名、オランダ) を対象とした無作為化比較試験において、L-グルタミン82%含有パウダーを徐々に摂取量を増やし、最大0.3 g/kg/日、1歳まで摂取させたところ、アトピー性皮膚炎のリスクは減少したが、気管支過敏症や感染症の罹患率には影響しなかった (PMID:17984413)
・緑膿菌肺炎を合併する嚢胞性線維症の患者39名 (試験群18名、平均32±9歳、イギリス) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、L-グルタミン7 g X3/日を8週間摂取させたところ、呼吸機能検査 (1秒率、努力肺活量) 、症状の臨床スコア、喀痰中の緑膿菌数、好中球数、炎症性サイトカイン (TNF-α、IL-1β、IL-6、IL-8) 濃度に影響は認められなかった (PMID:26709241)

骨・筋肉

RCT
・健康な男女16名 (平均22±4歳、カナダ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、L-グルタミンを0.3 g/kg体重/日、3日間摂取させたところ、運動後の自己評価による筋疲労の抑制が認められたが、膝関節伸展トルクに影響は認められなかった (PMID:25811544)

発育・成長

メタ分析
・2015年12月までを対象に5つのデータベースで検索できた無作為化比較試験6報について検討したメタ分析において、早産児によるグルタミンの摂取は、感染症発症率 (6報) の低下、完全経腸栄養確立までの日数 (2報) 短縮と関連が認められたが、退院前死亡率 (6報) 、神経発達 (1報) 、入院日数 (3報) に影響は認められなかった (PMID:27089158)

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

一般情報
・HIV感染者における衰弱に対して経口摂取で有効性が示唆されている。グルタミンは栄養素の腸管吸収を助け、HIV感染患者の体重増加に役立つと思われる。この目的には40 g/日が最適摂取量であるが、アルギニンとβ-ハイドロキシブチレートと併用する場合は、より低摂取量でも効果が得られる (94) 。
・運動能力の向上に経口摂取で効果がないことが示唆されている (94) 。





試験管内・
動物他での
評価

・ラットにグルタミンが豊富な飼料を与えたところ、敗血症の誘導実験において腹腔マクロファージの貪食活性が亢進し、血中リンパ球のCD3+、CD4+細胞が減少した (PMID:15005828) (PMID:14990270)
・モーリス肝がん7777を移植したSD Buffaloラットにグルタミンを投与すると、腫瘍平均重量が低下した (PMID:9040560)

安全性

危険情報

<一般>
・適切に用いれば経口摂取で安全性が示唆されている。40 g/日まで安全という報告がある (94) 。
・静注で安全性が示唆されている。経管栄養で600 mg/kg/日まで安全という報告がある (94) 。
・経口摂取、静注の副作用は知られていない (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないので、使用を避けること (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・グルタミンはグルタミン酸とアンモニアに代謝されることから、神経および精神疾患の患者においては、いずれも神経系に作用することが考えられる (94) 。
・双極性障害を持ち、グルタミンを摂取した人において躁症状が報告されている (94) 。
・肝硬変患者では血清アンモニア濃度の上昇と精神試験結果低下を生じる可能性があるため、サプリメントとしての摂取は避けたほうがよい (94) 。
・肝性脳症を悪化させる可能性がある (94) 。
・グルタミン酸ナトリウム (SMG,調味料) に過敏症の人は、グルタミンに対しても過敏である可能性があ (94) 。
<被害事例>
・L-グルタミンを4 g/日、3週間摂取した男性 (アメリカ) が多動、多弁、誇大妄想などの症状を呈し、摂取の中止により症状がなくなった。また、L-グルタミン2 g/日を摂取していた気分変調性障害の患者が、並外れて外交的および冗舌になり、中止したところ症状が改善した (PMID:6486273)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・抗てんかん薬、化学療法薬の効果に拮抗する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.NOAEL (無毒性量)
L-グルタミンを投与:SD系雄ラット3,832 mg/kg/日、SD系雌ラット4,515 mg/kg/日(PMID:21645580)
2.その他
・微生物復帰突然変異試験やインビトロ染色体異常試験においてL-グルタミンは変異原性や染色体異常を示さなかった (PMID:21645580)

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・経口摂取もしくは静注で適切に用いる場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中における安全性については、信頼できる十分なデータがないので使用を避ける。
・双極性感情障害を持つ患者が、グルタミンを摂取して躁症状が現れたという報告がある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・経口摂取で有効性が示唆されているのは、1) 放射線療法中の食道がん患者におけるリンパ球数低下の予防、2) がん化学療法による粘膜の炎症 (口内炎) 、3) HIV感染者における衰弱。
・経口摂取で効果がないことが示唆されているのは、1) クローン病、2) 運動能力の向上、3) シスチン尿症の治療、4) 経口補水液に添加した場合の幼児の急性下痢。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:6486273) Am J Psychiatry. 1984 Oct;141(10):1302-3.
(PMID:9427568) Am J Med Sci 1998 Jan;315(1):4-10
(PMID:15005828) Br J Nutr. 2004 Mar;91(3):423-9.
(PMID:14990270) Nutrition. 2004 Mar;20(3):286-91
(PMID:9040560) J Nutr 1997 Jan;127(1):158-66
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(102) 新臨床栄養学 2007 第1版 医学書院
(94) Natural Medicines
(PMID:8077573) J Am Coll Nutr. 1994 Jun;13(3):251-5.
(PMID:17984413) Arch Pediatr Adolesc Med. 2007 Nov;161(11):1095-101
(PMID:21645580) Food Chem Toxicol. 2011 Sep;49(9):2096-102.
(PMID:21733605) Clin Nutr. 2011 Oct;30(5):567-70.
(PMID:25584966) Nutrients. 2015 Jan 9;7(1):481-99.
(PMID:27089158) Cochrane Database Syst Rev. 2016 Apr 18;4:CD001457
(PMID:25811544) Int J Sport Nutr Exerc Metab. 2015 Oct;25(5):417-26.
(PMID:26709241) Pediatr Pulmonol. 2016 Mar;51(3):253-7.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.