健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

アラニン [英]Alanine (Ala) [学名]-

概要

アラニンは、生体内ではピルビン酸にグルタミン酸のアミノ基を転移することにより生合成される非必須アミノ酸である。一方、構造異性体であるβ-アラニンは、タンパク質構成アミノ酸ではないが、筋肉中のカルノシン、アンセリン、パントテン酸、補酵素Aなどの成分である。ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは見当たらない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・L-体は「既存添加物」 (調味料、栄養強化剤) である。
・「指定添加物」:DL-アラニンは調味料、栄養強化剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・略号AlaまたはA、C3H7NO2、分子量(MW)89.09。 L-体はタンパク質構成アミノ酸の1つ。非必須アミノ酸で、体内でピルビン酸にグルタミン酸からアミノ基が転移して作られる。また、逆反応にて分解される (16)。
・分岐鎖アミノ酸が骨格筋で代謝される際、その窒素はグルタミンおよびアラニンとして放出される (102)。

分析法

・イオン交換クロマトグラフィーにて分離後、ニンヒドリンなどの発色試薬で発色し蛍光検出器 (励起波長440 nm、蛍光波長570 nm) を装着したアミノ酸自動分析計により分析する方法が一般的である (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

メタ分析
・2016年2月までを対象に3つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験40報について検討したメタ分析において、β-アラニンの摂取は、運動能力全体の評価のわずかな向上と関連が認められた (PMID:27797728)
・2011年7月までを対象に3つのデータベースで検索できた二重盲検無作為化プラセボ比較試験15報について検討したメタ分析において、β-アラニンの摂取は、運動キャパシティ (13報) の向上と関連が認められたが、運動パフォーマンス (6報) に影響は与えなかった (PMID:22270875)
RCT
・競泳選手30名 (試験群18名、平均21.8±3.3歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検プラセボ比較試験において、β-アラニン4.8 g/日を4週間、3.2 g/日を6週摂取させたところ、練習中のタイムや競技成績に影響は認められなかった (PMID:23201763)
・運動選手の男子大学生21名 (試験群10名、平均20.5±2.32歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、β-アラニン4 g/日を1週間、6 g/日を4週間摂取させたところ、トレッドミル走行における疲労困憊に至る時間や、血中乳酸濃度の変化に影響は認められなかった (PMID:22476168)





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

調べた文献の中に見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・調べた文献の中に見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(16) 生化学辞典 第3版 東京化学同人
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) 衛生試験法・注解2000 金原出版株式会社 日本薬学会編
(PMID:14757388) Clin Nutr. 2004 Feb;23(1):13-21.
(PMID:22270875) Amino Acids. 2012 Jul;43(1):25-37.
(PMID:23201763) Nutrients. 2012 Oct 9;4(10):1441-53.
(PMID:22476168) J Strength Cond Res. 2013 Feb;27(2):526-32.
(102) エキスパート管理栄養士養成シリーズ 基礎栄養学 第2版 坂井堅太郎編 化学同人
(PMID:27797728) Br J Sports Med. 2017 Apr;51(8):658-669.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.