健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

グルコン酸 [英]D-gluconic acid [学名]

概要

グルコン酸は、D-グルコースを酸化して得られる軽い酸味のある有機酸である。蜂蜜の中に多く、その有機酸の約70%を占めており、蜂蜜以外にもローヤルゼリー、大豆、米、しいたけ等、天然の食品や酢、ワイン、味噌、醤油等の発酵食品などにも存在している。また、ビフィズス菌を増やす作用を有し、プレバイオティクス素材に分類されている。一般に食品添加物(酸味料、pH調整剤)として使用が認められている。俗に、「整腸効果がある」などと言われているが、ヒトでの有効性・安全性については信頼できる十分なデータは見当たらない。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・グルコン酸鉄、グルコン酸亜鉛は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「指定添加物」:酸味料、pH調整剤である。カリウム、ナトリウム塩はイーストフード、酸味料、調味料、乳化剤、pH調整剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・D-グルコースの1位 (アルデヒド基) が酸化されてカルボン酸となったアルドン酸。C6H12O7、分子量 (MW) 196.16。融点131℃。グルコースをアルカリ性でハロゲン化 (臭素など) により酸化して得られる。工業的にはとうもろこし等を原料に発酵法で製造されている。

分析法

・ガスクロマトグラフィー法 (GC) (PMID:12207457) や分光光度計 (PMID:14518944) を用いて分析されている。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

<その他>
・健常成人男性10名 (日本) にグルコノデルタラクトン (グルコン酸無水物) を3 g×3回/日 または1 g×3回/日 毎食後、2週間摂取させた結果、摂取期間中の腸内ビフィズス菌が増加した (101) 。
・便秘傾向の健康成人女性107名 (平均28.1歳、日本) にグルコン酸カルシウムをグルコン酸量で3 g×2回/日 (朝、夜) 2週間摂取させた結果、摂取期間中の排便回数、排便日数ともに増加した。また、1.5〜4 g/日 (夜1回) 、2週間摂取させた結果、排便日数が1週間に4回以下の人では摂取期間中の排便回数、排便日数の増加が見られた (102) 。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・ヒトに対する安全性については信頼できる十分なデータは見当たらない。
・添加物としての使用目的 (このページの法規・制度の項目参照) においては、第51回JECFA (1998.6) にて、グルコノ-δ-ラクトンとグルコン酸カルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウム塩のADI (1日あたりの許容摂取量) は、特に指定しないと評価されている (PDFはこちら)
<妊婦・授乳婦>
・信頼できる十分な情報が見当たらない。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・調べた文献の中に見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:12207457) J Agric Food Chem. 2002 Sep 11;50(19):5255-61.
(PMID:14518944) J Agric Food Chem. 2003 Oct 8;51(21):6198-203.
(101) ビフィズス 1994; 8:29-35
(102) 腸内細菌学雑誌 1997; 11:1-9

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.