健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

イヌリン [英]Inulin [学名]Beta (2-1) fructans

概要

イヌリンは非消化性の多糖類で、腸内細菌が利用できる食物繊維である。ごぼう、キクイモなどのキク科植物に多く含まれるフルクトースの重合体である。食品添加物としてもよく知られている栄養素で、俗に、「血糖値の急激な上昇を防ぐ」「コレステロールを下げる」などと言われている。ヒトでの有効性については、高トリグリセリド血症に有効性が示唆されている。安全性については、短期間、適切に用いれば安全性が示唆されているが、人によってはイヌリンを含む食品で重篤なアレルギーを起こすことが知られている。妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・主としてD-フルクトースからなるβ2→1結合のフルクタンで、末端基はα-グルコースがスクロースと結合している。分子量 (MW) 3,000〜5,000。
・熱水に易溶で、冷水やアルコールに難溶だが、熱水に溶かしアルコールで沈殿させると、冷水に可溶になる。

分析法

・示差屈折率検出機 (RI) を装着した高速液体クロマトグラフィー法 (HPLC) により分析されている (PMID:11599989) (PMID:10905738)

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・高トリグリセリド血症に有効性が示唆されている。イヌリン8週間摂取で血中トリグリセリドが最高で19%減少したという知見がある (94) 。
・血中コレステロール対しては効果がないと考えられる (94) 。
メタ分析
・2016年1月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験9報について検討したメタ分析において、イヌリンの摂取は血中総コレステロール値 (9報) 、LDLコレステロール値 (8報) の低下と関連が認められたが、HDLコレステロール値 (8報) 、血糖値 (5報) 、インスリン濃度 (3報) には影響が認められなかった (PMID:27623982)
RCT
・健常女性64名 (20〜36歳、オランダ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、イヌリン含有低脂肪スプレッド (1日使用量に14 gのイヌリンを含有) を4週間摂取させたところ、血中脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪) への影響は認められなかった (PMID:9301412)
・健常男性12名 (平均23.3歳、イタリア) を対象とした臨床試験において、イヌリン含有シリアル (9 gイヌリン含有) を4週間摂取させたところ、血清総コレステロールおよび中性脂肪が減少し、腸内細菌環境が改善したという予備的な報告がある (PMID:10509770)
・妊娠後期の初産婦52名 (試験群26名、平均26.9±6.0歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、Lactobacillus sporogenes 1×10 (7) cfu/g + イヌリン0.04 g/g含有のシンバイオティクスを18 g/日、9週間摂取させたところ、血清トリグリセリド、VLDLコレステロールの低下と血漿グルタチオンの増加が認められたが、血清総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、血漿総抗酸化能に影響は認められなかった (PMID:24271261)
・過体重の女性II型糖尿病患者52名 (試験群27名、平均48.4±8.4歳、イラン) を対象とした三重盲検無作為化プラセボ比較試験において、オリゴフルクトース強化イヌリン10 g/日を8週間摂取させたところ、空腹時血糖、HbA1c、高感度CRP、TNF-α、IFN-γ、LPS濃度の低下が認められたが、IL-6、IL-10濃度に影響は認められなかった (PMID:24332524)
・II型糖尿病患者81名 (試験群27名、平均51.3±10.4歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イヌリン0.07 g/gおよびL. sporogenes 1×10 (8) CFU/g含有パンを40 g x 3/日、8週間摂取させたところ、プラセボまたはL. sporogenesのみ含有パンを摂取した群と比較して、血中一酸化窒素の増加、マロンジアルデヒド濃度の低下が認められたが、総抗酸化能、グルタチオン、カタラーゼ、肝機能マーカー、血圧に影響は認められなかった (PMID:26430929)


消化系・肝臓

メタ分析
・2013年までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験5報について検討したメタ分析において、イヌリンの摂取は糞便回数の増加 (5報) 、便の性状 (3報) 、便の硬さ (2報) の改善、通過時間の短縮 (2報) が認められたが、痛み (2報) や鼓腸 (2報) に影響は認められなかった (PMID:25208775)

RCT
・便秘症の高齢女性35名 (平均76.4歳、対象群17名、ドイツ) を対象とした二重盲検無作為化比較試験において、チコリイヌリンを20 g/日、8日間摂取後40 g/日まで増量し、19日目まで摂取させたところ、腸内細菌環境と便通の改善が認められた (PMID:9129468)
・血漿中フェリチン濃度25μg/L未満の女性32名 (18〜40歳、スイス) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イヌリン平均20.2 g/日を4週間摂取させたところ、糞便のpHの低下、ビフィズス菌や乳酸塩の増加が認められたが、便中の総菌数、短鎖脂肪酸濃度に影響は認められず、また、鉄の吸収率にも影響は認められなかった (PMID:22743314)
・便秘女性60名 (試験群28名、平均36.1歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イヌリンとグアガム分解物の混合物15 g/日を3週間摂取させたところ、便中のクロストリジウム属が減少したが、短鎖脂肪酸濃度、排便回数、満足感に影響は認められなかった (PMID:22566311)
・健康な成人29名 (平均27.1±4.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、リュウゼツランイヌリンを5.0 g/日または7.5 g/日、21日間摂取させたところ、膨満感、腹鳴、ガスがたまる感じを経験した人数の減少、排便回数や便の柔らかさの増加が認められたが、膨満感、腹鳴、鼓腸の症状スコアは増加した (PMID:24664349)
・術後に腹部放射線療法を受ける婦人科のがん患者38名 (試験群20名、平均60.2±11.3歳、スペイン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、プレバイオティクス (イヌリン50%、フラクトオリゴ糖50%含有) 6 g×2回/日を放射線治療の1週間前から3週間後まで摂取させたところ、副作用である下痢の発症リスクや期間、QOLの自己評価に影響は認められなかった (PMID:26603881)
・健康な成人29名 (平均27±4.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、アガーベ由来イヌリンを5.0 g/日または7.5 g/日、21日間摂取させたところ、糞便中の優勢菌占有率において、いずれの摂取量でBifidobacteriumの増加、Desulfovibrioの減少、5.0 g摂取でLachnobacteriumの減少、7.5 g摂取でRuminococcusが認められたが、糞便のpH、代謝最終産物量、短鎖脂肪酸含有率に影響は認められなかった (PMID:26203099)

糖尿病・
内分泌

RCT
・II型糖尿病の女性患者49名 (試験群24名、平均47.77±10.14歳、イラン) を対象とした三重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イヌリン10 g/日を2ヶ月間摂取させたところ、空腹時血糖、HbA1c、マロンジアルデヒド、総コレステロール、トリグリセリド、LDLコレステロール、LDLコレステロール/HDLコレステロール比の低下と、総抗酸化能、SOD活性、HDLコレステロールの増加が認められたが、インスリン濃度、HOMA-IRに影響は認められなかった (PMID:23641355) (PMID:24688953) 。この現象についてはさらなる検証が必要である。
・II型糖尿病患者78名 (イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、シンバイオティクス(Lactobacillus sporogenes 1×10 (8) cfu + イヌリン 0.07 g/g含有) (試験群26名、平均52.3±10.8歳) またはプロバイオティクス(Lactobacillus sporogenes 1×10 (8) cfu/g含有) (試験群26名、平均52.3±8.2歳) 配合パンを40 g×3回/日、8週間摂取させたところ、シンバイオティクス群、プロバイオティクス群ともにトリグリセリド値、VLDLコレステロール値、総コレステロール/HDLコレステロール比の低下およびHDLコレステロール値の上昇が認められたが、総コレステロール値、LDLコレステロール値、非HDLコレステロール値、空腹時血糖値に影響は認められなかった (PMID:24706266)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

一般情報
・肥満に対して他のサプリメントとの組み合わせで効果がないことが示唆されている。イヌリンとピコリン酸クロム、L-フェニルアラニンなど他のサプリメントとの組み合わせ摂取は、軽度の肥満患者において体重減少に効果は認められなかった (94) 。
メタ分析
・2000年1月から2013年9月までを対象に8つのデータベースで検索できた無作為化比較試験26報について検討したメタ分析において、プレバイオティクス (フラクトオリゴ糖、イヌリン、ヤーコン、キシロオリゴ糖、大麦、ガラクトオリゴ糖など) の摂取は、満腹感 (3報) の上昇、食後血糖値 (4報) およびインスリン濃度 (3報) の低下と関連が認められたが、総エネルギー摂取量 (5報) 、ペプチドYY (3報) 、GLP-1 (4報) 、体重 (5報) 、トリグリセリド濃度 (11報) 、CRP (4報) に影響は与えなかった (PMID:24230488)
RCT
・過体重または肥満の小児42名 (試験群22名、平均10.4±0.3歳、カナダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、フラクトオリゴ糖強化イヌリン8 g/日を16週間摂取させたところ、体重、体重Zスコアの減少、糞便中のBifidobacterium spp.の増加、一次胆汁酸の増加抑制が認められたが、ウエスト径、血清脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド) 、糖代謝指標 (空腹時血糖値、インスリン濃度、HOMA2-IR) に影響は認められなかった (PMID:28596023)
・肥満女性30名 (試験群15名、平均47±9歳、ベルギー) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、イヌリン+フラクトオリゴ糖 (1:1) を16 g/日、3ヶ月間摂取させたところ、糞便中のビフィズス菌や乳酸塩の増加、糖負荷試験後血糖値の低下が認められたが、BMI、体脂肪率、ウエスト/ヒップ比、血漿中C反応性蛋白、血清中LPS、HbA1c、HOMA-IR、糖負荷試験後インスリン濃度、血中脂質に影響は認められなかった (PMID:23135760)
・肥満の男性10名 (平均39.80±9.59歳、イギリス) を対象としたクロスオーバー無作為化比較試験において、小麦由来食物繊維またはイヌリン15 g/日含有パンを4週間摂取させたところ、糖代謝指標 (空腹時血糖値、インスリン濃度、HOMA-IR、HOMA-β、経口糖負荷試験) 、血漿脂質 (トリグリセリド、総コレステロール、HDLコレステロール、遊離脂肪酸) 、体組成 (体重、体脂肪率、ウエスト径) 、血圧、脈波伝播速度に影響は認められなかった (PMID:24919604)

その他

RCT
・健康な女性19名 (平均22.8±2.7歳、カナダ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、チコリー由来イヌリン6 g/日を朝食とともに8日間摂取させたところ、食欲に関するVASスコアにおける食事欲求、予想食事量の低下が認められたが、空腹感、満腹感、昼食および1日の摂取エネルギー量に影響は認められなかった (PMID:26619790)





試験管内・
動物他での
評価

・ラットにオリゴフラクトースを強化したイヌリンを投与したところ、パイエル板細胞のIL-10産生が亢進し、盲腸部の分泌型IgA量が増加した (PMID:14704309)

安全性

危険情報

<一般>
・短期間、適切に用いれば安全性が示唆されている (94) 。8〜14 g/日を8週間までは安全とされている (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・摂取後、腸内ガスの滞留と不快感が起きることがある (1) 。
<被害事例>
・有害事象としては胃腸のガス、腹部膨満感、胃痙攣がよく知られている (94) 。これらの症状は用量が30 gを超えるとさらに多くなる (94) 。
・健常女性64名 (20〜36歳、オランダ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化比較試験において、イヌリン含有低脂肪スプレッド (1日使用量に14 gのイヌリンを含有) を4週間摂取させたところ、胃腸不快感が増えた (PMID:9301412)
・健康な男女26名 (18〜60歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、イヌリン10 g/日またはフラクトオリゴ糖5 g/日までの摂取は、腹部膨満感などの胃腸症状を伴わずに利用できた (PMID:20497775)
・人によっては、イヌリンを含む食品に重篤なアレルギーを起こすことがある (94) (PMID:10798950) (PMID:11853197) 。イヌリン含有の食品(サルシフィ、アーティチョーク、イヌリン添加マーガリン)によるアナフィラキシー症状が1例報告されている (94) 。
・アーティチョーク摂取による蕁麻疹発症の経験がある50歳女性 (フランス) が、健康食品のビスケット (多糖混合イヌリン 0.38 g/個含有) を摂取して全身蕁麻疹を、健康食品のヨーグルト (多糖混合イヌリン約2.5 g含有) を摂取して意識喪失を伴うアナフィラキシー症状を呈した。当該ヨーグルト45 mL (イヌリン900 mg含有) を摂取したところ、発赤、蕁麻疹、頻脈がみられたが、非加熱のイヌリンと牛乳の混合物に対する陽性反応は認められなかったため、加熱によってできたイヌリンとタンパク質の複合体が原因と推定された (PMID:15650313)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・イヌリンは食事由来のカルシウムの吸収を増加させると思われる (94) が、詳細は明らかになっていない。カルシウムのイオン化、副甲状腺ホルモン濃度、カルシウム排泄には影響しないと考えられる (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・短期間、適切に用いれば安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。
・有害事象として、胃腸のガス、腹部膨満感、胃痙攣がよく知られている。
・人によっては、イヌリンを含む食品に重篤なアレルギーを起こすことがある。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・高トリグリセリド血症に有効性が示唆されている。
・他のサプリメントと組み合わせ摂取で、肥満に対しては効果がないことが示唆されている。

参考文献

(1) 最新栄養学 第10版 (建帛社) 木村修一ら 翻訳監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:11599989) J Agric Food Chem. 2001 Oct;49(10):4570-2.
(PMID:10905738) J Chromatogr A. 2000 Jun 9;881(1-2):591-7.
(PMID:12942586) Rev Med Chil. 2003;131:597-604.
(PMID:10798950) N Engl J Med. 2000;342:1372.
(PMID:11853197) Ann Clin Biochem. 2002;39(Pt 1):76.
(PMID:14704309) J Nutr 2004 134(1):153-6
(PMID:9301412) Br J Nutr. 1997 Aug;78(2):215-22.
(PMID:10509770) Eur J Clin Nutr. 1999 Sep;53(9):726-33.
(PMID:9129468) Am J Clin Nutr. 1997 May;65(5):1397-402.
(PMID:20497775) J Am Diet Assoc. 2010 Jun;110(6):865-8.
(PMID:22743314) Am J Clin Nutr. 2012 Aug;96(2):325-31.
(PMID:22566311) Nutr Hosp. 2012 Jan-Feb;27(1):123-9.
(PMID:23641355) Diabetes Metab J. 2013 Apr;37(2):140-8.
(PMID:23135760) Gut. 2013 Aug;62(8):1112-21.
(PMID:24271261) Lipids. 2014 Feb;49(2):155-61.
(PMID:24332524) Nutrition. 2014 Apr;30(4):418-23.
(PMID:24688953) Health Promot Perspect. 2013 Jun 30;3(1):55-63.
(PMID:24706266) Lipids. 2014 Jul;49(7):695-701.
(PMID:24230488) Br J Nutr. 2014 Apr 14;111(7):1147-61.
(PMID:24664349) Food Funct. 2014 Jun;5(6):1142-9.
(PMID:26619790) Br J Nutr. 2016 Jan;115(2):262-70.
(PMID:26430929) J Am Coll Nutr. 2015 Oct 2:1-8. [Epub ahead of print]
(94) Natural Medicines
(PMID:15650313) Int Arch Allergy Immunol. 2005 Feb;136(2):155-8. Epub 2005 Jan 12.
(PMID:26603881) Eur J Clin Nutr. 2016 Feb;70(2):170-4.
(PMID:26203099) J Nutr. 2015 Sep;145(9):2025-32.
(PMID:24919604) J Hum Nutr Diet. 2015 Oct;28(5):476-85.
(PMID:25208775) Nutr Hosp. 2014 Aug 1;30(2):244-52.
(PMID:27623982) Eur J Clin Nutr. 2017 Jan;71(1):9-20.
(PMID:28596023) Gastroenterology. 2017 Sep;153(3):711-722.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.