健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

α-リノレン酸 [英]Alpha-Linolenic acid [学名]Alpha-Linolenic Acid

概要

α-リノレン酸はn-3系 (ω3系) の二重結合を3個もつ多価不飽和脂肪酸で、ヒトの体内では合成されないため食物から摂取する必要があり、必須脂肪酸に分類されている。シソ油、エゴマ油、アマニ油に多く含まれる。俗に、「アレルギー疾患を改善する」「がんの発生を抑制する」「高血圧を予防する」などと言われている。ヒトでの有効性については、食事からの摂取で、心臓血管系疾患を予防するのに有効性が示唆されている。安全性については、食品中に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全であるが、多量摂取した場合の安全性については信頼できる十分なデータがない。アマニ油によるアナフィラキシー反応の報告がある。現在では、n-3系とn-6系 (リノール酸、アラキドン酸など) をバランスよく摂取することが望ましいとされている。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・「指定添加物」(リノレン酸) である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・C18H30O2、分子量 (MW) 278.44。9、12、15位にシス二重結合をもつ炭素数18のn-3系列の直鎖不飽和脂肪酸。略号18:3n-3。融点-10〜−11.3℃。リノール酸が植物の種子に多く含まれるのに対し、α-リノレン酸は植物の葉や根に多く含まれる。

分析法

・試料をケン化後、脂肪酸を抽出し、ガスクロマトグラフィーで測定する (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


一般情報
・心血管疾患の初期予防、あるいは二次予防のための食事の一環として摂取するのは、有効性が示唆されている。6年にわたってα-リノレン酸を食事からよく摂取した人は男女ともに、心筋梗塞のリスクが59%低下していたという知見がある。α-リノレン酸を10年摂取した女性では、死に至る虚血性心疾患のリスクが65%低下したと報告されているが、サプリメントでの摂取で同等の効果を得られるかどうかは不明である (94) 。
・心筋梗塞の初回発作後に、地中海風な食事 (α-リノレン酸が多く、飽和脂肪酸が少ない) に切り替えたところ、2回目の発作の発症率や死亡率が有意に低下した。27ヶ月間この食事を続けた人は、そうでない人に比べて、二次発作が73%、死亡が70%低下すると考えられる (94) 。
・食事やライフスタイル、治療薬による影響があるため、純粋にα-リノレン酸の摂取による効果として考えることは難しい (PMID:15495044) 。心疾患のある患者において食事からのα-リノレン酸摂取は、致命的な心血管疾患リスクを低減すると考えられる (PMID:15051847) が、サプリメントの摂取が同様の効果をもたらすかどうかは不明である (94) 。魚油の摂取が少ない場合、α-リノレン酸は冠状動脈性心疾患に対する効果がより大きいと考えられる (PMID:15630029)
メタ分析
・2017年8月までを対象に3つのデータベースで検索できたコホート研究14報について検討したメタ分析において、成人によるα-リノレン酸の摂取量は、冠動脈性心疾患 (13報) 、致死的冠動脈性心疾患 (9報) の発症リスク低下と関連が認められた (PMID:29355094)
・2002年2月までを対象に5つのデータベースで検索できた48報の無作為化比較試験と41報のコホート試験について検討したシステマティックレビューにおいて、DHA、EPA、α-リノレン酸などのn-3系脂肪酸の摂取には総死亡率、心血管系イベント、がん発生率との関連は認められなかった (PMID:16565093)
・2012年1月までを対象に5つのデータベースで検索できた観察研究27報について検討したメタ分析において、食事からのα-リノレン酸の摂取量は、致死性冠動脈性心疾患 (6報) 発症リスクの低下と関連が認められたが、非致死性冠動脈性心疾患 (3報) 、総冠動脈性心疾患 (5報) 、脳卒中 (3報) の発症リスクとの関連は認められなかった (PMID:23076616)
RCT
・心筋梗塞の既往歴があり治療中の患者4,837名 (60〜80歳、試験群3,601名、オランダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、マーガリンとしてEPA 226 mg/日+DHA 150 mg/日もしくはα-リノレン酸1.9 g/日、またはこれら全てを40ヶ月間摂取させたところ、心血管イベント発生率 (PMID:20929341) 、抑うつ症状や楽観主義傾向 (PMID:22030221) に影響は与えず、また、このうち心血管疾患を有する2,911名 (試験群2,172名) を対象とした二次解析において、認知機能の低下に影響は認められなかった (PMID:21967845)
・心筋梗塞の既往歴のある男性高齢者1,850名 (平均68.4±5.3歳、試験群1,378名、オランダ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リノレン酸2 g/日とEPA-DHA 400 mg/日を41ヶ月間、いずれかまたは併用させたところ、血中テストステロン濃度やテストステロン欠乏症リスクに影響は認められなかった (PMID:22394170)
その他
・冠動脈疾患リスクの高い人2,004名 (32〜93歳、アメリカ) を対象とした疫学調査において、α-リノレン酸の摂取が多いと冠動脈のアテローム性動脈硬化巣の石灰化が減少する可能性が報告されている (PMID:15927976)
・冠動脈疾患リスクの高い人4,594名 (25〜93歳、アメリカ) を対象とした疫学調査において、α-リノレン酸の摂取が多いと高血圧のリスクが低下傾向を示した (PMID:15655119)
・アメリカ人男性医療従事者38,378名 (44〜79歳、カナダ) を対象とした疫学調査 (追跡期間10年) において、α-リノレン酸の摂取が多いと地域感染型の肺炎リスクが低かった (PMID:16155282)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

メタ分析
・2015年12月までを対象に、4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験8報 (検索条件:期間≧1ヶ月) について検討したメタ分析において、2型糖尿病患者におけるα-リノレン酸を豊富に含む食品の摂取は、HbA1c (8報) 、空腹時血糖値およびインスリン濃度 (各7報) との関連は認められなかった (PMID:28538363)
・2011年6月までを対象に4つのデータベースを元に検索できたコホート研究16報について検討したメタ分析において、魚や魚介類の摂取や、EPA+DHAの摂取、α-リノレン酸の摂取は2型糖尿病の発症リスクと関連が認められなかったが、試験によるばらつきが大きく、さらなる検討が必要である (PMID:22591895)
RCT
・健康な男女48名 (平均25.9±6.82歳、男性13名、女性35名、ドイツ) を対象とした無作為化比較試験において、α-リノレン酸6.0 g/日、EPA 2.8 g/日、DHA 2.9 g/日を3週間単独摂取させたところ、血中グルコース、インスリン、フルクトサミン、HbA1c濃度に影響は認められなかった (PMID:19011281)
・2型糖尿病患者20名 (試験群10名、平均47±8.4歳、ブラジル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リノレン酸3 g/日を60日間摂取させたところ、血中アディポネクチン濃度の増加が認められたが、体重、体脂肪率、腹囲、ヒップ囲、BMI、空腹時血糖、空腹時インスリン濃度、HbA1c、HOMA-IR、血中脂質、血中炎症マーカーに影響は認められなかった (PMID:25933493)

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

RCT
・注意欠如多動性障害 (ADHD) の子ども17名 (試験群8名、平均11.1±3.0歳、イスラエル) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セージ油2 g (α-リノレン酸1 g含有) /日を8週間摂取させたところ、ADHDの重症度 (コナーズADHD評価スケール、処理持続課題) に影響は認められなかった (PMID:25339885)

免疫・がん・
炎症

一般情報
・関節リウマチ患者22名を対象に、α‐リノレン酸 (アマニ油) を3ヶ月間経口摂取させたところ、臨床的・自覚的症状の改善がみられず、臨床検査値にも変化がみられなかった (PMID:7597378)
・前立腺がんに対するα-リノレン酸の効果は結果が一致しない。いくつかの疫学調査においては、食事からのα-リノレン酸摂取が多いと前立腺がんのリスクが上昇するという報告(PMID:11065004) (PMID:8105097) (PMID:10750674) (PMID:15051847) があるが、血清α-リノレン酸濃度と前立腺がんの全リスクは関連がないとするもの (PMID:15213050) (PMID:17585059) 、進行性前立腺がんのリスクを上昇させるというものも (PMID:15213050) ある。ただし、α-リノレン酸が何に由来するかが重要であると考えられ、乳製品や肉類由来のα-リノレン酸と前立腺がんとの関連が示唆されている (94) (PMID:8105097) 。アマニのような植物由来のα-リノレン酸は前立腺がんリスクに影響しないと考えられる (PMID:15221975)
メタ分析
・2011年6月までを対象に5つのデータベースで検索できたコホート研究4報について検討したメタ分析において、α-リノレン酸の摂取は前立腺がんのリスクを低下させた (PMID:23193480)
・DHA、EPA、α-リノレン酸などのn-3系脂肪酸が総死亡率、心血管系イベント発生率 (心筋梗塞や狭心症など)、がんの発生率に及ぼす影響について検討したシステマティックレビューがある。2002年2月までを対象に5つのデータベースで検索できた48報の無作為化比較試験と41報のコホート試験のメタ分析において、n-3系脂肪酸には総死亡率、心血管系イベント、がん発生率低減との関連は認められなかった (PMID:16565093) 。また、1966年から2005年までを対象に5つのデータベースで検索できた38報のコホート試験のメタ分析においても、n-3系脂肪酸には、がん発生率との関連は認められなかった (PMID:16434631)
・1963-2007年を対象に1つのデータベースで検索できた症例対照研究8報と前向き研究8報について検討したメタ分析において、α−リノレン酸の高用量の摂取は、前立腺がんのリスクを上昇させた (PMID:19321563)
RCT
・メタボリックシンドロームの成人100名 (平均50±10歳、試験群各20名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、α-リノレン酸2.2 g/日または6.6 g/日、EPA+DHA1.2 g/日または3.6 g/日のいずれかを8週間摂取させたところ、血漿中炎症マーカー (MCP-1、IL-6、sICAM-1) に影響は認められなかった (PMID:22031659)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

RCT
・メタボリックシンドロームの男女81名 (試験群40名、平均52.3±10.6歳、ドイツ) を対象とした無作為化比較試験において、ナタネ油 (30 g/日) +ナタネ油を原料としたマーガリン (20 g/日) を含む低エネルギー食 (平均α-リノレン酸摂取量3.46 g/日) を6ヶ月間摂取させたところ、同量のオリーブオイル含有低エネルギー食 (平均α-リノレン酸摂取量0.78 g/日) と比較して、拡張期血圧、血清トリグリセリド値の低下が認められたが、その他の血清脂質 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール) 、収縮期血圧、体重、BMI、ウエスト径、体脂肪率、空腹時血糖値、インスリン濃度、レプチン濃度に影響は認められなかった (PMID:22894911)

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・脂肪は高カロリーなので摂り過ぎると太る 。
・食品中に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全である (94) が、多量摂取した場合の安全性については十分なデータがない (94) 。
・非常に高濃度のα-リノレン酸を含有する食品のうち、リノール酸およびトランス脂肪酸を高濃度で含有するマーガリンなどの食品は、心疾患および心筋梗塞のリスクを増加させる可能性があるが、その作用はおそらくトランス脂肪酸に起因するものであって、α-リノレン酸に起因するものではないと考えられる (94) (PMID:10951510)
<妊婦・授乳婦>
・食品中に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全である (94) が、多量摂取した場合の安全性については十分なデータがないので、避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・アマニ油は有害事象が少ないとされるが、30 g/日以上の摂取で、軟便や下痢を起こすことがある (PMID:7597378)
・40歳の女性が、ひとさじのアマニ油 (スペイン) を摂取し、10分後にアナフィラキシー反応を呈した (PMID:8757228)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・リノール酸の代わりにα-リノレン酸を食事として摂取すると、高血圧の人では最低血圧値が低下することがある (PMID:11114683)
・アマニ油は臨床検査値のプロトロンビン時間や血中トリグリセリド濃度に影響を与える可能性がある (PMID:7597378) (PMID:2146966)
<理論的に考えられる相互作用>
・α-リノレン酸からの長鎖n-3脂肪酸合成により、慢性アルコール中毒が低減する可能性がある (PMID:9805223)
・糖尿病ではα-リノレン酸からの長鎖n-3脂肪酸合成が低下する可能性がある (PMID:11146334) (PMID:9805223)
・統合失調症の人では、α-リノレン酸からの長鎖n-3脂肪酸合成が低下する可能性がある (PMID:9805223)

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・食品中に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全であるが、多量摂取した場合の安全性については十分なデータがない。妊娠中・授乳中も同様であり、多量摂取は避ける。
・アマニ油摂取によるアナフィラキシー反応が報告されている。
・アマニ油の医療目的での妊娠中の摂取は月経に影響を与えるので、おそらく危険である。医療目的の使用の授乳中の安全性についても十分なデータがないので避けること。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・食事からの摂取で心血管疾患の初期予防、あるいは二次予防のための食事の一環として経口摂取するのは、有効性が示唆されている。
・経口摂取で関節リウマチに対して、効果がないことが示唆されている。

参考文献

(30) 「医薬品の範囲に関する基準」別添3 (平成16年3月31日 薬食発第0331009号 厚生労働省医薬食品局長)
(101) 五訂 日本食品標準成分表分析マニュアルの解説 財団法人日本食品分析センター/編集 (1) 最新栄養学 第7版 (建帛社) 木村修一ら 翻訳監修
(PMID:7597378) Rheumatol Int. 1995;14:231-4.
(PMID:11114683) Eur J Clin Nutr. 2000 Dec;54(12):865-71.
(PMID:9805223) Eur J Clin Nutr. 1998 Oct;52(10):749-53.
(PMID:11146334) Ann Nutr Metab. 2000;44(5-6):263-5.
(PMID:16565093) BMJ. 2006 Apr 1;332(7544):752-60. Epub 2006 Mar 24.
(PMID:16434631) JAMA. 2006 Jan 25;295(4):403-15. Review.
(PMID:7774533) Eur J Clin Nutr. 1995 Mar;49(3):169-78.
(PMID:6391903) Dtsch Z Verdau Stoffwechselkr. 1984;44(5):245-51.
(PMID:8757228) J Allergy Clin Immunol. 1996 Aug;98(2):469-70.
(PMID:2146966) Atherosclerosis. 1990 Aug;83(2-3):167-75.
(PMID:15495044) Cochrane Database Syst Rev. 2004 Oct 18;(4):CD003177.
(PMID:15051847) J Nutr. 2004 Apr;134(4):919-22.
(PMID:15630029) Circulation. 2005 Jan 18;111(2):157-64. Epub 2005 Jan 3.
(PMID:15927976) Circulation. 2005 Jun 7;111(22):2921-6. Epub 2005 May 31.
(PMID:15655119) Hypertension. 2005 Mar;45(3):368-73. Epub 2005 Jan 17.
(PMID:16155282) Am J Clin Nutr. 2005 Sep;82(3):668-74.
(PMID:11065004) Cancer Causes Control. 2000 Sep;11(8):679-85.
(PMID:8105097) J Natl Cancer Inst. 1993 Oct 6;85(19):1571-9.
(PMID:10750674) Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2000 Mar;9(3):335-8.
(PMID:15051847) J Nutr. 2004 Apr;134(4):919-22.
(PMID:15213050) Am J Clin Nutr. 2004 Jul;80(1):204-16.
(PMID:17585059) Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2007 Jul;16(7):1364-70. Epub 2007 Jun 21.
(PMID:15221975) Int J Cancer. 2004 Sep 1;111(3):444-50.
(PMID:10951510) Eur J Clin Nutr. 2000 Aug;54(8):618-25.
(PMID:19011281) Ann Nutr Metab. 2008;53(3-4):182-7.
(PMID:19321563) Am J Clin Nutr. 2009 May;89(5):1558S-1564S.
(PMID:20929341) N Engl J Med. 2010 Nov 18;363(21):2015-26.
(PMID:22031659) J Nutr. 2011 Dec;141(12):2166-71.
(PMID:22030221) Am J Clin Nutr. 2011 Dec;94(6):1442-50.
(PMID:22591895) Br J Nutr. 2012 Jun;107 Suppl 2:S214-27.
(PMID:21967845) Alzheimers Dement. 2012 Jul;8(4):278-87.
(PMID:22394170) Int J Androl. 2012 Oct;35(5):680-7.
(PMID:23193480) Prostate Cancer. 2012;2012:826254.
(PMID:25339885) Front Hum Neurosci. 2014 Oct 7;8:780.
(94) Natural Medicines
(PMID:22894911) Br J Nutr. 2012 Aug;108(4):682-91
(PMID:23076616) Am J Clin Nutr. 2012 Dec;96(6):1262-73.
(PMID:25933493) Nutrition. 2015 Jun;31(6):853-7.
(PMID:28538363) Medicine (Baltimore). 2017 May;96(21):e6531.
(PMID:29355094) Br J Nutr. 2018 Jan 119(1)83-89.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.