健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

リノール酸 [英]Linoleic acid [学名]

概要

リノール酸は、n-6系の二重結合を2個もつ多価不飽和脂肪酸で、ヒトの体内では合成されないため食物から摂取する必要があり、必須脂肪酸に分類されている。リノール酸は、ひまわり油、綿実油などに多く含まれる。俗に、「血清コレステロール値を低下させる」などと言われている。しかし、善玉のHDLコレステロールも同時に下げてしまうこと、代謝産物のアラキドン酸を増加させアレルギー反応を悪化させること、過酸化脂質を増加させることなども示されている。欠乏症の予防、改善する以外でのリノール酸のヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは十分ではない。現在では、n-3系の多価不飽和脂肪酸 (EPAやDHA) とのバランスを取った摂取が望ましいとされている。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・リノール酸は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・C18H32O2、分子量 (MW) 280.45。9、12位にシス二重結合をもつ炭素数18の直鎖不飽和脂肪酸。略号18:2n-6。融点−5.2〜−5.0℃。主に植物油に多く含まれる。

分析法

・試料をケン化後、脂肪酸を抽出し、ガスクロマトグラフィーで測定する (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

メタ分析
・2011年6月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験12報について検討したメタ分析において、乳児によるDHA、EPA、アラキドン酸、リノール酸等を含む長鎖不飽和脂肪酸の摂取は認知機能に影響を与えなかった (PMID:22641753)

免疫・がん・
炎症

メタ分析
・2017年2月までを対象に3つのデータベースで検索できた無作為化比較試験30報 (検索条件:期間≧4週) について検討したメタ分析において、リノール酸の摂取は、血中炎症マーカー (TNF (8報) 、IL-6 (7報) 、MCP-1 (2報) 、PAI-1 (3報) 、CRP (15報)) 、フィブリノゲン (8報) 、アディポネクチン濃度 (4報) 、接着分子 (sE-セレクチン、sP-セレクチン (各4報) 、sICAM-1 (8報) 、sVCAM-1 (5報)) に影響を与えなかった (PMID:28752873)
・2011年6月までを対象に5つのデータベースで検索できたコホート研究4報について検討したメタ分析において、リノール酸の摂取は前立腺がんのリスクに影響を与えなかった (PMID:23193480)
その他
・リノール酸を多量に摂取するとTh1細胞の増殖やサイトカイン産生が低下した (PMID:10448487)

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

・欠乏により皮膚のかぶれを起こす (1) 。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・食品に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全である (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中も食品に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全である (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

・リノール酸はプロモーターとして強い効果をもつことが知られている (32) 。
・ブタに結合型リノール酸を投与すると、Type2の豚サーコウイルス感染によってCD8+ T細胞の増加がみられたがCD4+ T細胞のウィルス抗原特異的IFN-γ産生は低下した (PMID:14519812)

AHPAクラス分類
及び勧告

-

総合評価

安全性

・食品に含まれる量であれば、経口摂取でおそらく安全である。妊娠中・授乳中も同様である。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・欠乏症として尿量増加を伴わない水分摂取量の増加や皮膚の麟片状化があり、これらの欠乏症に対して有効と考えられている。

参考文献

(1) 最新栄養学 第10版 (建帛社) 木村修一ら 翻訳監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) 五訂 日本食品標準成分表分析マニュアルの解説 財団法人日本食品分析センター/編集
(PMID:10448487) Postgrad Med J 1999 75(881):129-32
(PMID:14519812) J Nutr 2003 133(10):3204-14
(PMID:22641753) Pediatrics. 2012 Jun;129(6):1141-9.
(PMID:23193480) Prostate Cancer. 2012;2012:826254.
(94) Natural Medicines
(32) 生化学辞典 第4版 東京化学同人生化学辞典
(PMID:28752873) Food Funct. 2017 Sep 20;8(9):3091-3103.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.