健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ビワ (枇杷) [英]Loquat、Japanese medlars [学名]Eriobotrya japonica (THUNB.) LINDL.

概要

ビワは中国中南部原産のバラ科ビワ属の落葉性低木である。日本では明治以降より栽培をはじめ、白い軟毛に覆われた黄橙色の実を生食やジャム、缶詰などにして食してきた。俗に、「がんを予防できる」「風邪に効果がある」「生活習慣病の予防・改善効果がある」などと言われているが、古くから葉や種子は生薬として使用されてきたものの、有効性に関する信頼できる十分な情報は見当たらない。安全性においては、熟した実を通常の食事から摂取する場合はおそらく安全であるが、未熟な実や葉、種子には青酸配糖体のアミグダリンを含むことから、摂取による中毒症状をおこすおそれがあるため、使用には注意が必要である。青酸配糖体のアミグダリンの情報はこちらを参照。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・種子、樹皮、葉は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分されている (30) 。
・第十七改正日本薬局方では「Eriobotrya japonica Lindley (Rosaceae).の葉」を枇杷葉として記載している (104) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・種子に青酸配糖体アミグダリンを含む (103) 。
・葉にはアミグダリン、トリテルペノイドのウルソール酸、オレアノール酸、精油成分のネロリドール、ファルネソールなどの他、酒石酸やリンゴ酸などを含む (92) 。
・実にβ-カロテンを多く含む (102) 。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・熟した実を通常の食品として摂取する場合はおそらく安全である。
・未熟な実や種、葉には青酸配糖体のアミグダリンを含むため、摂取による中毒症状をおこすおそれがあり、使用には注意が必要である。
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<妊婦・授乳婦>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<被害事例>
・スギ花粉の飛散時期に花粉症の症状を呈した51歳女性 (日本) がビワを一口食べた直後に顔面の発赤と腫脹、咽頭痛、鼻閉、呼吸困難を起こした (2003012461) 。
・シラカンバに対する花粉症を有する33〜34歳女性 (日本) が果物摂取直後に口内掻痒感、口唇腫脹、胸部不快感などをおこし、特にビワとサクランボに強い反応を示す即時型アレルギーと診断された (2000001454) 。
・アトピー性皮膚炎・花粉症の病歴がある7歳の女児 (日本) が、ビワを摂取した直後に口腔や目の掻痒感・呼吸困難を訴え、シラカバ花粉症との交叉反応によるビワ摂取後口腔アレルギー症候群を起こした (2006078409) 。
・スギ花粉の既往歴とリンゴによる口周囲と口腔内の痒みの経験がある17歳男性 (日本) がビワを摂取したところ、口腔内の痒みを訴え受診。花粉 (スギ、ハルガヤ、ヒノキ、カモガヤ) 、カバ、リンゴ、モモの特異的IgEの上昇と、プリックテストによりスギ、ダニ、ビワで紅斑、膨疹が認め、ビワによる口腔アレルギー症候群と診断された (2013283881) 。
・スギ花粉の既往歴とリンゴ、桃、なし、サクランボによる嗄声経験がある52歳女性 (日本) がビワ2個を摂取したところ、口腔内の痒みを訴え受診。花粉 (スギ、ハルガヤ、ヒノキ、カモガヤ) 、カバ、リンゴ、モモの特異的IgEの上昇と、プリックテストによりスギ、ダニ、ビワで紅斑、膨疹が認め、ビワによる口腔アレルギー症候群と診断された (2013283881) 。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

調べた文献の中に見当たらない。

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・根以外抽出物を投与:マウス腹腔 250 mg/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・種子70%エタノール抽出物を投与:ラット経口 840 mL/kg/2週 (継続的) (91) 。
・葉水抽出物を投与:ラット経口 230 mg/kg (91) 。
・葉70%エタノール抽出物を投与:マウス経口 105,000 mg/kg/7日 (間欠的) (91) 。
・葉70%エタノール抽出物セスキテルペン類を投与:マウス経口 210,000 mg/kg/7日 (間欠的) (91) 。
・葉75%エタノール抽出トリテルペン酸分画を投与:マウス経口 700 mg/kg/7日、1,400 mg/kg/14日、2,800 mg/kg/14日 (間欠的) (91) 。
・葉エタノール抽出フラボノイド分画を投与:2,100 mg/kg/7日、2,100 mg/kg/14日 (間欠的) (91) 。
・葉メタノール抽出ブタノール分画を投与:マウス経口 250 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・葉:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・熟した実を通常の食品として摂取する場合はおそらく安全であるが、サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
・未熟な実や種、葉には青酸配糖体のアミグダリンを含み、摂取による中毒症状のおそれがあるため、注意が必要である。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・信頼できる十分なデータは見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(92) 現代中薬薬理学
(2003012461) アレルギーの臨床.2002; 22(9)723-7
(2000001454) Environmental Dermatology.1999; 6(1)35-40
(2006078409) 日本ラテックスアレルギー研究会会誌.2004;8(1):92-8
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances(RTECS)
(101) 新櫻井総合食品事典
(102) 日本食品大事典
(103) 歴代日本薬局方収載 生薬大事典
(104) 第十七改正日本薬局方
(2013283881) 小児耳鼻咽喉科 2013 34(2) 209

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.