健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

パセリ (パセリ油) [英]Parsley [学名]Petroselinum crispum NYMAN var. angustifolium HARA、Petroselinum crispum (Mill.) Nyman ex A.W.Hill

概要

パセリは香辛料や付けあわせとして日本でも馴染みが深いハーブである。薬用目的では消化器系や婦人科の健康増進、利尿の用途で使用されているようである。ヒトでの有効性については、信頼できる十分なデータが見当たらない。ヒトでの安全性については、葉や根、種子は食物に通常入っている量であればおそらく安全であるが、それ以上の量を摂取するのはおそらく危険である。腎臓疾患の患者には禁忌。 その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・種子油、根、葉は、「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:抽出物は苦味料等の香辛料抽出物である。
・米国ではGRAS (一般に安全と見なされた物質) 認定。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・精油[アピオール (apiol) 、アピオリン、ミリスチシン (myristicin) 、ピネン (pinene) ]、フラボノイド、配糖体、ビタミンC、A、鉄、マンガンなどを含む。
・地中海沿岸地方原産のセリ科の香味植物で、広く栽培されており品種も多い。全草特に新葉に芳香があり、薬味として、また葉、根および種子の生、乾燥、精油が用いられる。種子油は果実から、パセリ油は地上部から水蒸気蒸留で得られる。パセリ油の香りは生薬の香りであるが、種子油の香りは全く異なる。

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

一般情報
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) では腎臓結石の治療に使用が承認されている (58) 。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・葉、根、種子は食物に通常入っている量であればおそらく安全である (94) 。ただし大量 (例えば200 g) に摂取した場合、おそらく危険である。パセリ油の摂取は、アピオールやミリスチシンなどの毒性成分が含まれるため、おそらく危険である (94) 。
・葉や根はときに、皮膚炎や粘膜の反応を起こすことがある (58) (94) 。
・アピオールが毒性成分であり、血液疾患 (溶血性貧血、血小板減少による紫斑病)を起こすことや 、腎毒性、肝毒性を示すことがある。同じくミリスチシンはめまい、難聴、幻覚、低血圧、徐脈、錯乱、肝臓や腎臓の脂肪変性を起こすことがある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中は食事に含まれる量以上のパセリ種子を摂取するのはおそらく危険である (94) 。パセリ種子には堕胎作用、子宮および月経刺激作用がある (94) 。
・妊娠中は、薬効を目的とした使用は避ける (20) 。
・種子、葉、根とも授乳中の安全性については十分なデータがないため、多量の摂取は避けたほうがよい (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・糖尿病患者の血糖コントロールを妨げる可能性がある (94) 。
・浮腫、高血圧を悪化させる可能性がある (94) 。
・手術の少なくとも2週間前には、濃縮物としての使用は中止したほうがよい (94) 。
<被害事例>
・20歳男性 (日本) がパセリを摂取し運動したところ、顔面の浮腫や呼吸困難などのアナフィラキシーを起こした (2006298285) 。
・季節性の鼻結膜炎がある24歳女性 (イタリア) が、生のパセリやルッコラを摂取し、唇の血管性浮腫を生じ、プリックテストでルッコラとパセリが陽性であったため、これらの生野菜による接触性じんま疹と診断された (PMID:21530883)
・ヨモギ花粉症をもつ30歳女性 (日本) が、ライチを摂取したところ (摂取量等不明) 、口腔アレルギー症候群、全身蕁麻疹、呼吸困難、腹痛、下痢、下血を生じ、2年後に市販のカレールー2種を用いたカレーを摂取したところ (摂取量等不明) 、同様の症状を生じたため受診。プリックテストの結果、ライチおよびカレールーに含まれていた複数のスパイス (クミン、ディル、パセリ、セロリ、コリアンダー、フェンネル、アジョワン、Bマスタード、パプリカ) に対して陽性を示し、これらを原因とするアナフィラキシーショックと診断された (2007119508) 。

禁忌対象者

・腎臓疾患の患者には禁忌 (20) (94) 。

医薬品等との
相互作用

<ヒト>
・軽度のパセリアレルギーの患者がアスピリンを同時に摂取して重篤な蕁麻疹と腫張を発症した (PMID:10756241)

<試験管内・動物>
・動物実験 (マウス) において、パセリ根はペントバルビタール (催眠薬) 、アミノピリンおよびパラセタモール (鎮痛薬) の効果を延長させた (PMID:12365194)

<理論的に考えられる相互作用>
・葉と根は、利尿薬、抗凝固薬、糖尿病治療薬の薬効に影響を与える可能性がある (94) 。
・葉と根は、臨床検査値においてプロトロンビン時間の国際標準比 (INR:血液凝固時間) に影響を与える可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・パセリのオイルを投与:ラット経口3,300 mg/kg、マウス経口1,520 mg/kgであり、傾眠、呼吸困難、尿量減少をもたらす (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・葉:クラス1 (22)。

総合評価

安全性

・葉や根を適切に摂取する場合、おそらく安全である。ただし大量 (200 gほど) に摂取した場合、おそらく危険である。
・妊娠中については、通常の食事に含まれる量であればおそらく安全であるが、それ以上を摂取するのはおそらく危険である。
・種子油は食物に通常入っている量であればおそらく安全であるが、授乳中は信頼できるデータが見当らないため、摂取を避ける。茶に入れるのは危険性が示唆されている。
・腎臓疾患の患者には禁忌。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・ドイツのコミッションE (薬用植物評価委員会) では腎臓結石の治療に使用が承認されている。が、そのほかの有効性については調べた文献に十分な情報が見当たらない。

参考文献

(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社 デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(PMID:10756241) J Allergy Clin Immunol. 2000 Apr;105(4):844.
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(2006298285) 日本皮膚科学会雑誌.2006;116(6):945
(PMID:21530883) Ann Allergy Asthma Immunol. 2011 May;106(5):447-8.
(2007119508) 日本皮膚科学会雑誌 116巻13号 Page2212-2217(2006.12)
(94) Natural Medicines
(PMID:12365194) Eur J Drug Metab Pharmacokinet. 2002 Jul-Sep;27(3):153-6.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.