健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ゲンチアナ [英]Great yellow gentian [学名]Gentiana lutea L.

概要

ゲンチアナの根は非常に苦味があり、この苦味は10,000倍以上に薄めても消失しないほど強烈である。この苦味配糖体を主成分とし、消化促進や強壮の作用があると考えられている。日本では根と根茎は医薬品で苦味健胃剤の主要成分として用いられているが、食品素材としてのヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。安全性については、通常に食品に含まれる量を摂取するにはおそらく安全であるが、妊娠中、授乳中の安全性については十分な情報がないため、避けたほうがよい。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・根と根茎は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に、花は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:ゲンチアナ抽出物は苦味料等である。
・米国では「一般的に安全と認識される物質 (GRAS) 」に分類されている (94) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・根・根茎には苦味配糖体であるセコイリドイド型苦味配糖体アマロゲンチン (gentiamarin、gentiopicrin、amarogentin) 、スウェルチアマリン (swertiamarin) 、ゲンチオピクロシド (gentiopicrocide) やアルカロイド [ゲンチアニン (gentianine) 、ゲンチアルチン (gentiarutine) ] 、キサントン系黄色色素であるgentisin、トリテルペン、糖類、精油が含まれる。gentisin、isogentisinは変異原性があるとされる。
・薬用部分は根と根茎 (ゲンチアナ根) 。根と根茎は若干発酵させて乾燥する。質は柔軟で破損しやすい。ヨーロッパ、小アジアに分布。多年草で高さ1〜2 m。花期は7〜8月。

分析法

・アマロゲンチン (amarogentin) 、ゲンチオピクロシド (gentiopicroside) 、キサントングリコシド類が紫外可視検出器 (検出波長254 nm) を装着した高速液体クロマトグラフィー(HPLC) により分析されている (101) 。
・gentisin、isogentisinが紫外可視検出器 (検出波長254 nm) を装着したHPLCにより分析されている (102) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

一般情報
・根の経口摂取でヨーロピアンエルダーフラワーやバーベナ、カウスリップフラワー、ソレルなどと組み合わせた特定の製品において、急性および慢性の副鼻腔炎に対し有効性が示唆されている (94) 。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・苦味による味覚受容体の反射的な興奮を介して唾液分泌 (58) および胃液分泌 (20) (58) を促進する。
・エキスは動物で利胆作用を示すと報告されている (23) 。
・ゲンチアニンは実験動物に対して強力な抗炎症作用をもつ (23) 。

安全性

危険情報

<一般>
・根を通常食品に含まれる程度摂取する場合にはおそらく安全である (94) 。アメリカでは食品用途で承認されている (94) 。
・ゲンチアナを医学的目的で使用する場合、安全性が示唆されている (94) 。外用の安全性については十分なデータがない (94) 。
・有害事象としては、胃腸の炎症、むかつき、嘔吐が報告されている (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中、授乳中の安全性については十分なデータがないため、避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・特に苦味成分に感受性の高い人では頭痛を起こすことがある (58) 。
・血圧に影響する可能性があるため、手術の2週間前には摂取を中止した方が良い (94) 。

禁忌対象者

・胃潰瘍と十二指腸潰瘍のある患者には禁忌 (20) (58) 。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・文献によっては、高血圧への使用は問題があるとされている (22) 。
・重症の高血圧患者や妊婦は、根のもつ強い作用に十分な耐性をもたない (23) 。
・高血圧治療薬や血圧降下作用のあるサプリメントとの併用で、低血圧のリスクを増加させる可能性がある (94)。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・根:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・通常に食品に含まれる量を摂取するにはおそらく安全である。
・妊娠中、授乳中の安全性については十分なデータがないため、避けたほうがよい。
・ゲンチアナの有害事象としては、胃腸の炎症、むかつき、嘔吐がある。特に苦味成分に感受性の高い人では頭痛を起こすことがある。
・胃と十二指腸潰瘍のある患者は禁忌。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・治療を目的として経口摂取で根を利用する場合、ヨーロピアンエルダーフラワーやバーベナ、カウスリップフラワー、ソレルなどと組み合わせて、急性および慢性の副鼻腔炎に対して有効性が示唆されている。

参考文献

(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社 デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(58) The Complete German Commission E Monographs
(101) 北海道立衛生研究所報. 1990; 40: 103-6.
(102) 埼玉県衛生研究所報. 1994; 28: 36-9.
(94) Natural Medicines

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.