健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

クズ [英]Kudzu vine、Japanese arrowroot [学名]Pueraria lobata (Wild.) Ohwi、Pueraria montana (Lour.) Merr.など

概要

クズは、東アジアなどに分布するマメ科のつる性多年草。変種にタイワンクズ (Pueraria lobata (Willd.) Ohwi var. montana (Lour.) Maesen) 、亜種にシナクズ (Pueraria lobata (Willd.) Ohwi subsp. thomsonii (Benth.) H.Ohashi et Tateishi) などがあり、クズと同等に扱われることがあるが、第十七改正日本薬局方ではクズとタイワンクズが別項として取り扱われている。クズの周皮を除いた根 (カッコン) を他の生薬成分と配合した葛根湯が発汗、解熱、消炎などに利用されている。クズの根から分離したでんぷんは、葛粉として調理、製菓に用いられる。俗に、「二日酔いの症状を改善する」「美容によい」「更年期障害によい」などと言われているが、ヒトでの有効性は十分な情報が見当たらない。安全性については、食品として適切に摂取した場合、安全性が示唆されているが、妊娠中・授乳中の摂取に関しては十分なデータがないため過剰摂取は避ける。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。なお、クズ属の植物であるプエラリア・ミリフィカの情報については別項を参照。

法規・制度

・クズの周皮を除いた根 (カッコン) は「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」に、種子、葉、花、クズ澱粉およびタイワンクズ (タイワンスク) は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・葛の花エキスを関与成分とし「体脂肪が気になる方に適する」保健用途が表示できる特定保健用食品が許可されている。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・根にはでん粉10〜14%のほか、イソフラボン誘導体ダイズイン (daidzin) 、ダイゼイン (daidzein) 、プエラリン (puerarin) などを含む。
・初夏と冬期に採集したクズ各12株の根を用い、フラボノイド類 (プエラリン、ダイズイン) 、デンプン含量を比較したところ、採集時期による違いは見られなかった (2003088322) 。

分析法

・daidzin、daidzein、puerainが紫外可視検出器 (検出波長254 nm) を装着したHPLCにより分析されている (PMID:6737221) 。イソフラボン類がフォトダイオードアレイ検出器 (検出波長205〜400、262 nm) 、MS/MSを装着したHPLCにより分析されている (PMID:12848487)

有効性








循環器・
呼吸器


RCT
・冠動脈疾患患者100名 (試験群50名、平均58.1±7.8歳、香港) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、タンジン:クズを7:3で配合した製品を3 g/日、24週間摂取させたところ、血流依存性血管拡張反応 (FMD) の増加が認められたが、内膜中膜複合体厚 (IMT) 、ニトログリセリン投与後の血管拡張、収縮期および拡張期血圧、血中脂質濃度 (総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド) 、炎症マーカー (sICAM-1、sVCAM-1、E-セレクチン、高感度CRP) に影響は認められなかった (PMID:19388864)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

RCT
・過体重の成人97名 (試験群50名、平均46.3±10.0歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クズ (Pueraria thomsonii) の花抽出物 (フラボノイド34.9 mg/日含有) を含む飲料を12週間摂取させたところ、体重、BMI、ウエスト径、腹部脂肪面積の減少が認められたが、ヒップ径、血中脂質 (トリグリセリド、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロールなど) 、血中ホルモン濃度 (レプチン、アディポネクチン) に影響は認められなかった (2013085267) 。
・過体重または肥満の成人81名 (日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クズ (Pueraria thomsonii) の花抽出物を300 mg/日 (28名、平均43.4±7.8歳) または200 mg/日 (28名、44.2±7.5歳) 、12週間摂取させたところ、300 mg/日摂取群でのみ内臓脂肪面積減少、BMI低下が認められたが、皮下脂肪面積、ウエスト径、ヒップ径、血液検査結果 (トリグリセリド、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、空腹時血糖値、HbA1c、レプチン、アディポネクチン) に影響は認められなかった (PMID:22878195)
・BMI30未満の成人29名 (試験群14名、平均47.7±8.4歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クズの花抽出物 (フラボノイド41.6 mg含有) 、緑茶エキス、澱粉分解物を含む顆粒 2.5 g x 3回/日 (フラボノイドとして124.8 mg/日) を4週間摂取させたところ、体重、BMI、ウエスト径、ヒップ周囲径および血液検査値、内分泌学検査値、尿検査値に影響は認められなかった (2013181262) 。

その他

RCT
・健康な成人12名 (平均27.5±1.89歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバープラセボ比較試験において、クズ抽出物 (総イソフラボン750 mg/日相当) を9日間摂取させ、8、9日目にアルコール (エタノール 0.35または0.7 g/kg) を摂取させたところ、アルコール摂取による運動・認識障害の程度に影響は与えなかった (PMID:21244439)
・中程度の飲酒習慣のある成人10名 (平均28.5±6.84歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、クズ根抽出物 (総イソフラボン750 mg/日) を9日間摂取させたところ、睡眠時間や睡眠の質に影響は与えなかった (PMID:22010780)
・多量の飲酒習慣のある成人14名 (平均24.54±1.05歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、クズ由来プエラリン1,000 mg×3回/日を1週間摂取させたところ、1時間半のドリンク自由摂取試験における飲酒量および一口の摂取量の減少、ビール1缶摂取にかかる時間の延長が認められたが、アルコール摂取欲求に影響は認められなかった (PMID:15897719)
・多量の飲酒習慣のある成人10名 (平均25.8±3.2歳、アメリカ) を対象とした二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験において、クズ由来プエラリン600 mg×2回/日を1週間摂取させたところ、1時間半のドリンク自由摂取試験における飲酒量および一口の摂取量の減少、ビール1缶摂取にかかる時間の延長が認められたが、アルコール摂取欲求、気分、睡眠に関する自己評価に影響は認められなかったという予備的な報告がある (PMID:22578529)
・多量の飲酒習慣のある男性17名 (試験群10名、平均24.60±4.33歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、クズ根抽出物 (総イソフラボン250 mg含有) ×3回/日を4週間摂取させたところ、アルコール多量摂取頻度の減少が認められたが、総アルコール摂取頻度、アルコール摂取欲求に影響は認められなかった (PMID:23070022)





試験管内・
動物他での
評価

・成分の一つプエラリンは、実験動物の血圧を15%下げる (21) 。
・種々の動物モデルで、胃の運動亢進、腸管輸送能を増大、糞便排泄時間短縮、小腸運動の亢進、胃液分泌促進などが認められている (24) 。
・ラットにおいて胆汁排泄促進作用が認められた (24) 。
・カッコン (主にダイゼインとゲニステイン) は閉経後骨粗鬆症モデル動物の骨量減少を用量依存的に抑制することが認められた (PMID:12928827)
・プエラリンは動物実験で、血糖降下作用、コレステロール降下作用、抗不整脈作用が報告されている (94) 。

安全性

危険情報

<一般>
・適切に摂取した場合、安全性が示唆されている (94) 。クズは4ヶ月まで安全に摂取できた (PMID:10706235) (PMID:12851519)
<妊婦・授乳婦>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・胃の弱い人、虚弱体質者は使用を避ける (29) 。
・ホルモン感受性のがんや疾患をもつ人は使用を避ける (94) 。
・肝機能に影響を与える可能性があるため、肝臓に疾患をもつ人は使用を避ける (94) 。
<被害事例>
クズ含有製品摂取との因果関係が疑われる健康被害が報告されている。
・53歳男性 (日本) が感冒様症状のため複数の薬剤とともに葛根湯を約2週間内服したところ、乾性咳嗽と労作時呼吸困難を生じて医療機関を受診。葛根湯を原因とする急性好酸球性肺炎と診断され、加療によって改善した (2005245522) 。
・母親 (日本) が肩こりと感冒症状のため葛根湯を内服していたところ、授乳していた1歳女児に発熱、咳嗽、鼻汁が生じ、医療機関を受診したが、その後胸部、背部から全身に広がる血斑を生じたため、葛根湯使用開始から約3週間後に検査を実施。DLSTで葛根湯が陽性であり、これを原因とする血小板減少性紫斑病と診断された (2001103942) 。
・痛風、アルコール性肝機能障害、骨折の既往歴があり、アロプリノールと抗菌剤を内服中の57歳男性 (日本) が、感冒様症状のため葛根湯を4日間使用したところ、発熱、呼吸困難、全身倦怠感を生じた。検査で肝機能障害、肺炎の所見が認められ、DLSTで内服していた薬のうち葛根湯にのみ陽性を示し、使用していたすべての薬の中止と加療により改善した (1999083438) 。
・高血圧症で投薬治療中の66歳男性 (日本) が、感冒様症状のため葛根湯を10日間、レボフロキサシン、トラニラストを5日間内服した後、皮膚掻痒、皮膚および眼球結膜黄染を生じ、血液検査で肝機能障害が認められた。DLSTで葛根湯に対して陽性を示し、加療によって改善した (2001193178) 。
・55歳男性 (韓国) がセイヨウヤドリギ抽出物を1ヶ月間、クズ根抽出物を10日間摂取したところ、微熱、褐色尿、上腹部の痛みを生じ、肝機能障害と診断された。摂取中止と加療により改善し、因果関係評価のRUCAMスコアが9 (probable) であったため、セイヨウヤドリギとクズ根の摂取が原因と考えられた (PMID:25668233)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・in vitro試験 (肝ミクロソーム) および動物実験 (ラット) において、クズの根に含まれるプエラリンは、CYP3A活性を阻害した (PMID:24710899)
・動物実験 (ラット) において、クズの根に含まれるプエラリンの経口摂取は、ブプロピオン (CYP2B6基質) 、トルブタミド (CYP2C9基質) 、ミダゾラム (CYP3A4基質) の血中濃度を増加させたことから、CYP2B6、CYP2C9、CYP3A4の活性を阻害した (PMID:24855829)
・タンジンとクズの混合物は、in vitro実験 (ヒト結腸がん由来細胞) およびin situ実験 (ラット腸間膜) において、ワルファリンの腸管吸収を増加、動物実験 (ラット) において、肝ミクロソームにおけるワルファリンの代謝およびCYP1A1、CYP2B1遺伝子発現を増加させた (PMID:24832110)
<理論的に考えられる相互作用>
・クズイソフラボンは抗凝血作用を有するという報告があるため、抗凝血剤との併用は避ける (94) 。
・血糖値に影響を与える可能性があるため、糖尿病治療薬を使用している血糖コントロール患者では注意が必要である (94) 。
・経口避妊薬の作用を競合的に阻害することが考えられる (94) 。
・エストロゲン様作用のあるハーブやサプリメントとの併用で、それらの作用を増強することが考えられる (94) 。
・エストロゲン様作用をもつため、タモキシフェンの作用に影響を与える可能性があるため、タモキシフェンを使用している人には、クズを摂取しないよう注意すること (94) 。
・肝臓の機能に影響をおよぼす可能性があるため、肝毒性を有する可能性がある医薬品との併用は避ける (94) 。
・有機アニオントランスポーターの働きを阻害し、メトトレキサート (免疫抑制剤) の排泄を妨げる可能性があるため、併用は避ける (94) 。

動物他での
毒性試験

1. LD50 (半数致死量)
・根のクロロホルム・ベンゼン抽出物を投与:マウス腹腔内2,512 mg/kg (91) 。
・根のアルコール抽出液を投与:マウス静注 2.1±0.12 g/kg (92) 。
・根のフラボノイドを投与:マウス静注 1.6±0.06 g/kg (92) 。
・根のプエラリン (puerarin) を投与:マウス静注 738 mg/kg (92) 。
・イソフラボンが取り除かれたクズ (カッコン) の水抽出物を投与:マウス経口 4.0 g/kg (92) 。
・根の20%エタノール抽出物を投与:マウス静脈内1,560 mg/kg (91) 。
・根の抽出物を投与:マウス経口4 g/kg以上、腹腔内2 g/kg以上、静脈内691 mg/kg (91) 。
・クズインゲン (Pueraria phaseoloides (Roxb.) Benth.) 根以外の抽出物を投与:マウス腹腔内825 mg/kg (91) 。
・シナクズ (Pueraria thomsonii Benth.) 花抽出物を投与:ラット経口5g/kg以上 (PMID:24245900)
2.TDLo (最小中毒量)
・根のクロロホルム・ベンゼン抽出物を投与:ヒト経口5.7 mg/kg、ヒト経口 (間欠的) 535.5 mg/kg/5日、マウス経口 (間欠的) 1,050 mg/kg/7日 (91) 。
・根の50%エタノール抽出物を投与:ラット経口 (間欠的) 10,500 mg/kg/3週、210,000 mg/kg/10週、マウス経口 (間欠的) 64.4 g/kg/4週 (92) 。
・根の20%エタノール抽出物を投与:ラット静脈内100 mg/kg、イヌ十二指腸内100 mg/kg (91) 。
・クズインゲン (Pueraria phaseoloides (Roxb.) Benth.) の根以外の抽出物を投与:ラット経口150 mg/kg (91) 。
3.NOAEL (無毒性量)
・シナクズ (Pueraria thomsonii Benth.) 花抽出物を投与:ラット経口 (雄) 3.0 g/kg体重/日、(雌) 3.5 g/kg体重/日 (PMID:24245900)
4.その他
・ラット肝S-9Mixを用いたエイムス試験で、クズ根が突然変異原性を示した (1985178027) 。
・動物実験 (マウス) およびin vitro試験 (HepG2細胞、マウス肝細胞) において、クズの根抽出物は肝毒性を示した (PMID:26545459)

AHPAクラス分類
及び勧告

・根:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・食品として適切に摂取した場合、安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中における安全性については、十分なデータがないため使用を避ける。
・エストロゲン様作用を示すイソフラボン類が含まれているため、乳幼児および若年者は大量摂取を避ける。
・特定保健用食品では、個別に製品ごとの安全性が評価されている。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・特定保健用食品では個別に製品ごとの有効性が評価されているが、その他ヒトに対する有効性については、信頼できる十分なデータが見当たらない。

参考文献

(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(21) グリーンファーマシー 健康産業新聞社 James A.Duke
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(24) 漢方薬理学 南山堂 高木敬次郎ら 監修
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(PMID:6737221) 薬学雑誌. 1984; 104(1); 50-6.
(PMID:12848487) J Agr Food Chem. 2003; 51(15): 4213-8.
(PMID:12928827) J Bone Miner Metab. 2003;21(5):268-75.
(PMID:10706235) J Altern Complement Med. 2000 Feb;6(1):45-8.
(92) 現代中薬薬理学
(1985178027) 薬学雑誌.1982 ; 102(6):596-601
(2005245522) 日本呼吸器学会雑誌. 2005; 43(8):471-5
(2003088322) 日本東洋医学雑誌. 2002; 53(5):503-507
(2001193178) 内科. 2001; 87(4): 801-803
(2001103942) 小児科臨床.2000; 53(11): 1909-1912
(1999083438) 日本胸部臨床. 1998; 57(10): 801-805
(1984122558) 産科と婦人科. 1983; 50(9): 1722-1727
(PMID:21244439) Alcohol Clin Exp Res. 2011 Apr;35(4):726-34.
(PMID:22010780) J Altern Complement Med. 2011 Oct;17(10):961-6.
(PMID:24710899) Planta Med. 2014 May;80(7):561-7.
(PMID:24855829) Pharmazie. 2014 May;69(5):367-70.
(PMID:24832110) J Ethnopharmacol. 2014 Jul 3;154(3):672-86.
(PMID:25668233) J Altern Complement Med. 2015 Mar;21(3):180-5.
(PMID:26545459) J Ethnopharmacol. 2015 Dec 24;176:321-6.
(94) Natural Medicines
(2013085267) 機能性食品と薬理栄養. 2012; 7(3): 233-49
(2013181262) 薬理と治療. 2013; 41(2): 167-82.
(PMID:23070022) Psychopharmacology (Berl). 2013; 226(1): 65-73.
(PMID:22578529) Drug Alcohol Depend. 2012; 126(1-2): 251-6.
(PMID:19388864) J Altern Complement Med. 2009; 15(4): 415-21.
(PMID:15897719) Alcohol Clin Exp Res. 2005; 29(5): 756-62.
(PMID:22878195) Biosci Biotechnol Biochem. 2012; 76(8): 1511-7.
(PMID:24245900) J Food Sci. 2013 Nov;78(11):T1814-21.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.