健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

カキ (柿) [英]Chinese persimmon [学名]Diospyros kaki Thunb.

概要

カキ (柿) は古くから果実として日本人にとって馴染みの深い食品である。カキのへたはしゃっくり止めの漢方薬であるが、最近ではむしろ果実や葉に含まれるタンニン (カキ渋) 、ビタミンCが注目されている。俗に、「酔いざましによい」「血圧を下げる」といわれており、健康食品としても市販されている。しかし、ヒトでの有効性・安全性については信頼できる十分なデータが見当たらない。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・柿の渋、葉、宿存がく (へた) は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される (30) 。
・「既存添加物」:色素は着色料、柿タンニン (柿渋、柿抽出物) は製造用剤である。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・柿蔕および柿葉にはウルソール酸 (ursolic acid(I)) 、ベツリン酸 (betulinic acid(II)) 、オレアノール酸 (oleanolic acid(III)) 、トリテルペン酸 (triterpenic acid(C30H48O3)) およびブドウ糖、果糖が含まれる。柿霜は果実の表面に生じた白粉で、マンニットからなる。未熟果実を圧搾して果汁を乾燥して得る柿渋には多量のタンニン様物質シブオール[shibuol(C14H20O9)]、若葉にはビタミンCが含まれる。
・薬用部分はへた (シテイ(柿蔕)) 。果実を食べるときに集めて日干しに、葉は6月ごろ採取して蒸してから陰干しにする。本州から九州、朝鮮半島、中国に分布し、古くから栽培される。落葉高木で、高さ3〜9 m。花期は6月。

分析法

・Oleanolic acid、betulinic acid、ursolic acidが紫外可視検出器 (検出波長225 nm) を装着した高速液体クロマトグラフィー (HPLC) により分析されている (PMID:15499915) 。抽出、精製されたタンニン物質が紫外可視検出器 (検出波長280 nm) を装着したHPLCにより分析されている (101) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・柿渋はウサギの血圧を顕著に低下させる (29) (18) 。その主な成分はタンニン様物質であるシブオール (shibuol) に関係があるものと思われる (18) 。

安全性

危険情報

<一般>
・食品としての摂取量以上での安全性については、信頼できる十分なデータが見当たらない。
・有害事象として、アレルギー反応を起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・安全性に関する十分な情報が見当たらないため避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・高血圧の人は、薬物療法を妨害する可能性があるため注意が必要である (94) 。
・血圧に影響を与える可能性があるため、外科的手術の少なくとも2週間前に摂取を中止した方がよい (94) 。
<被害事例>
カキ摂取との因果関係が疑われる柿結石が報告されている。
・59歳女性 (日本) が心窩部不快感及び嘔吐を主訴とし、柿胃石の落下による腸閉塞と診断された (2005101559) 。
・63歳男性 (日本) が上腹部痛と嘔吐が出現、腹腸閉塞と診断された。手術により摘出された結石は、成分比率98%がタンニンであり、柿結石であると推定された (2005090795) 。
・55歳女性 (日本) が、嘔吐と腹痛が出現し入院。結石の確認と、1週間に約30個におよぶ柿多食の病歴聴取から、柿結石による腸閉塞の判断で開腹手術により摘出した。結石成分は98%以上がタンニンの柿結石であった (2002064710) 。
・76歳男性 (日本) が、渋柿を多量摂食した翌日に腹痛と嘔気嘔吐を訴え、柿胃石による腸閉塞と診断された (2001110740) 。
・柿をよく好み大量摂取する習慣のある68歳女性 (日本) が、心窩部痛により受診。砕石バスケットを用いて内視鏡的に胃石を破砕した。回収した胃石は、タンニン酸を98%以上含有したことから柿胃石と診断された (2000026426) 。

・バナナ摂取による蕁麻疹発症の病歴のある10ヶ月の男児 (日本) が、カキを摂取後、全身の蕁麻疹や意識混濁等のアナフィラキシー症状を起こし、ラテックスフルーツ症候群と診断された (2006078408) 。
・花粉による鼻結膜炎の既往がある8歳男児 (スペイン) が、柿を摂取したところ (摂取量不明) 、掻痒、蕁麻疹、口唇および眼瞼の浮腫、呼吸困難、喘鳴を呈し、加療により回復した。プリックテストおよび免疫ブロットの結果より、柿によるアナフィラキシー症状と診断された (PMID:25997312)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・抗高血圧薬や血圧降下作用をもつハーブやサプリメントとの併用は、低血圧を起こす可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

調べた文献の中に見当たらない。

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22)。

総合評価

安全性

・食品としての摂取量以上での安全性については、信頼できる十分なデータが見当たらない。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に情報は見当たらない。

参考文献

(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(18) 和漢薬百科図鑑/II 保育社  難波 恒雄 著
(101) J Japan Soc Hort Sci. 1981; 50(2): 262-9.
(PMID:15499915) J Chromatogr A, 2004; 1049(1-2); 37-42.
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(2005101559) 外科治療. 2005; 92(1):123-5
(2005090795) 岩手県立病院医学会雑誌. 2004; 44(2):155-8
(2002064710) 日本消化器外科学会雑誌. 2001; 34(11):1635-9
(2001110740) 内科. 2000; 86(6):1237-9
(2000026426) 消化器内視鏡. 1999; 11(8):1212-7
(2006078408) 日本ラテックスアレルギー研究会会誌.2004;8(1):87-91
(PMID:25997312) J Investig Allergol Clin Immunol. 2015;25(2):142-4.
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(94) Natural Medicines

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.