健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

アルファルファ 、ウマゴヤシ、ムラサキウマゴヤシ [英]Alfalfa、 Lucerne [学名]Medicago sativa L

概要

アルファルファはマメ科の多年生植物で、30〜100 cm程度に生長する。原産地の近東諸国では、主に飼料用の作物、また痩せた牧草地を肥沃に改良する作物としても利用されている。葉は野菜として食べられている。俗に、「食欲を増進する」「利尿作用がある」「強壮作用がある」と言われているが、ヒトでの有効性については十分な情報が見当たらない。通常の食品に含まれている量を摂取する場合は安全性が示唆されているが、多量摂取は巨脾症を伴う可逆的汎血球減少症のおそれがある。また、全身性エリテマトーデス (SLE) 患者、その他リウマチなど自己免疫疾患患者は使用禁忌。アルファルファはエストロゲン様作用を持つ可能性があるため、妊娠中・授乳中に多量摂取することは危険性が示唆されている。その他、詳細については、「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・アルファルファ (ウマゴヤシ/ムラサキウマゴヤシ) 全草が「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・サポニン類、L-カナバニン (canavanine) 、トリテルペン配糖体 (medicagol) 、ステロール類 (βシトステロール (sitosterol) 、スチグマステロール (stigmasterol) 、カンペステロール (canpesterol) など) 、フラボン、イソフラボン類 (クメストロール、ゲニステイン (genistein) 、ビオカニン (biochanin) A、ダイゼイン (daidzein) など) 、アルカロイド類 (スタキドリン (stachydrine) 、ホモスタキドリン (homostachydrine) など) 、クマリン類 (メディカゴール (medicagol) 、サティボールなど) を含む (23) (94) (81) 。
・アルファルファ種子は8.33〜13.6 mg/kgのカナバニンを含む (81) 。

分析法

・サポニンを抽出、精製、誘導体化後、紫外可視検出器 (検出波長260 nm) を装着したHPLCにより分析されている (101) (102) 。

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

RCT
・更年期症状のある女性351名 (45〜55歳、アメリカ) を対象とした無作為化二重盲検比較試験において、マルチ植物サプリメント (1日量としてブラックコホシュ200 mg、アルファルファ400 mg、チェストツリー200 mg、ザクロ400 mgをそれぞれ含む) を1年間摂取させたところ、膣症状、月経周期、ホルモン状態に変化は認められなかった (PMID:18257142)

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

・根部のサポニンはサルにおいて、高コレステロール食摂取による血漿コレステロールの増加を妨げることが示された (23) 。

安全性

危険情報

<一般>
・葉を適量摂取する場合はおそらく安全であるが、多量の種子を長期間摂取することはおそらく危険である (94) 。これは巨脾症を伴う可逆的汎血球減少症を引き起こす可能性があり、おそらくアルファルファの成分であるカナバニンの作用のためである (23) 。また、薬物誘発性狼瘡 (ろうそう) を引き起こす可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中、授乳中に通常の食品に含まれている量のアルファルファを摂取することは安全性が示唆されている (94) が、アルファルファはエストロゲン様作用を有する物質を含むため、過剰摂取は危険性が示唆されている (94) 。また、妊娠中・授乳中はアルファルファ種子の摂取は避けた方がよい (81) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・エストロゲン様作用があるので、乳がん・子宮がん・卵巣がん・子宮内膜症・子宮筋腫の患者は摂取を避ける (94)。
・アルファルファ種子の摂取により、全身性エリテマトーデス(SLE) の潜在症状が現れることがある (23) (94) 。
・有害事象として、光過敏症が知られている (94) 。成分のプロフィリンは肝機能に影響して光過敏症の原因になることがある (20) 。
<被害事例>
・59歳男性 (アメリカ) がアルファルファ種子粉末を80〜160 g/日、最高で連続6週間、合計5ヶ月間摂取したところ、汎血球減少症を発症した (PMID:6110847)
・61歳女性、68歳女性 (アメリカ) がアルファルファ種子で作った茶 (水473 mLに対しアルファルファ種子をティースプーン2〜4杯) を4〜6カップ/日、約2ヶ月間摂取したところ、手の甲、腕、顔などに掻痒性発疹を生じ、アルファルファ種子による皮膚炎と診断された (PMID:13174345)
・糖尿病の18歳男性 (南アフリカ) がアルファルファ葉の熱湯抽出液を摂取した2時間後に、低血糖発作をおこした (PMID:13982963)
・アルファルファやイラクサ、甘草を含む茶 (詳細は不明) を摂取したところ、低カリウム血症を発症した (PMID:10399907)

アルファルファ摂取によるSLEの悪化が報告されている。
・26年前からSLEに罹患している40歳女性 (アメリカ) が、プレドニゾン15 mg/日と併用してアルファルファを含む錠剤を15錠/日、9ヶ月間摂取したところ、SLEの症状が悪化した (PMID:6843625)
・25年前から膜性糸球体腎炎軽度SLEに罹患している50歳女性 (アメリカ) が、プレドニゾン10 mg/日とアルファルファを含む錠剤を2錠×4回/日、2.5年間摂取したところ、SLEの症状が悪化した (PMID:6843625)

禁忌対象者

・SLE患者は症状が悪化する可能性があるため使用してはならない (20) (81) 。
・その他リウマチなど自己免疫疾患患者は使用してはならない (20) (33) 。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・サポニンを含むため、ビタミンEと併用するとビタミンEの吸収に影響を与えることがある (94) 。
・ビタミンKを多く含むため、ビタミンKを多く含むハーブ (パセリ・オオバコ・イラクサ属など) と併用すると、抗凝血剤を服用している人では血液凝固能が増すことがある (94) 、また過量摂取で抗凝血剤の作用に影響を与えることがある (94) 。
・エストロゲン様作用があるため、過量摂取では経口避妊薬の効果や、ホルモン治療に影響を与えることがある (94) 。
・免疫抑制薬の作用を阻害すると考えられる (94) 。
・過剰摂取により薬物による光線過敏症を増強させることがある (94)。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・アルファルファを投与:マウス腹腔内2.7 g/kg、ラット腹腔内2.6 g/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・アルファルファを投与:ラット非経口10 g/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・全草:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・光過敏症が知られている。
・通常の食品に含まれている量を経口摂取することは安全性が示唆されているが、多量摂取は巨脾症を伴う可逆的汎血球減少症のおそれがあるためおそらく危険である。
・植物性エストロゲンを含有するため、妊娠中・授乳中は過剰摂取を避ける。
・全身性エリテマトーデス (SLE) 患者、その他リウマチなど自己免疫疾患患者は使用禁忌。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献に十分な情報が見当たらない。

参考文献

(20) ハーブ大百科 誠文堂新光社  デニ・バウン
(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店  小林彰夫ら 監訳
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」(別添2、別添3、一部改正について)
(101) J Chromatogr. 1990; 519; 109-16.
(102) J Agric Food Chem. 1994; 42(3): 727-30.
(90) 現代中薬大辞典.
(PMID:6110847) Lancet. 1981 Mar 14;1(8220 Pt 1):615.
(PMID:6843625) N Engl J Med. 1983 Jun 2;308(22):1361.
(PMID:13982963) Lancet. 1962 Dec 29;2:1348-51.
(PMID:10399907) Arch Intern Med. 1999 Jul 12;159(13):1502.
(PMID:13174345) J Am Med Assoc. 1954 Jul 17;155(12):1058-9.
(PMID:18257142) Menopause. 2008 Jan-Feb;15(1):51-8.
(7) 中薬大辞典 小学館
(33) 世界薬用植物百科事典 誠文堂新光社 A.シェヴァリエ
(81) Herbal Medicines Third edition (Pharmaceutical Press)
(94) Natural Medicines

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.