「素材情報データベース」と掲載情報の選定基準 (Ver.210326)

画面を閉じる

 

 

発信者

HFNet活用法

本文


トップページ基礎知識 > 現在のページ
 


「素材情報データベース」と掲載情報の選定基準 (Ver.210326)


■はじめに
「素材情報データベース」
とは、健康食品に使用されている「素材 (原材料) や成分」について、それを摂取することによる体への有効性や、摂取することの安全性に関する情報を収集しているデータベースのことです。学術論文などから信頼できる研究報告を選んで掲載しています。
なお、健康食品の個別製品の情報ではありませんので、ご注意ください。

■素材情報データベースの構成はどうなっているの?

素材 (原材料) や成分ごとにページが作られています。
それぞれのページは、おもに「概要」「有効性」「安全性」の3つの柱で構成されています。

「概要」
素材 (原材料) や成分の特徴と、有効性、安全性についてやさしくまとめています。消費者の皆さまはこちらをご覧ください。

「有効性」
表1にあるカテゴリ別に、「一般情報」と、「メタ分析 (メタアナリシス) 、RCT (無作為化 (むさくいか) 比較試験) 」により、人での有効性を検討した研究報告を掲載しています。

表1:「有効性」ページの 情報カテゴリ
循環器・呼吸器、消化系・肝臓、糖尿病・内分泌、生殖・泌尿器、脳・神経・感覚器、
免疫・がん・炎症、骨・筋肉、発育・成長、肥満、その他

「安全性」
表2にあるカテゴリ別に掲載しています。
「危険情報」では、一般 (成人) 、妊婦・授乳婦、小児、病者が摂取した場合の安全性情報と、摂取したことにより健康被害の事例を紹介しています。また、「医薬品等との相互作用」には、それぞれの素材や成分と医薬品を一緒に使用した場合の相互作用やその健康被害の事例を掲載しています。

表2:「安全性」ページの 情報カテゴリ
危険情報、禁忌対象者、医薬品等との相互作用、動物他での毒性試験

そのほか、法規や制度 (食薬区分、食品添加物、保健機能食品など) 、成分の特性・品質も、記載しています。

※有効性情報の「一般情報」と、安全性情報の「危険情報」は、おもに「Natural Medicines」という国際的に認められたデータベースをもとにまとめています。



■どんな研究報告が掲載されているの?

世の中にはたくさんの研究報告があります。
われわれは、皆さまに信頼性が高い情報をお届けするため、たくさんの研究報告の中から、適切な報告を選択しています。ここからは、われわれが事前に定めた掲載基準をご説明いたします。

「有効性」情報の掲載基準
「有効性」情報は、(鷙陲亮鑪燹↓研究の対象、8Φ罐妊競ぅを基準として、信頼性が高いとされる研究方法で検討した報告を掲載しています。

図1:「有効性」情報として掲載している研究報告の種類



・研究デザインの種類 (メタ分析 (メタアナリシス) 、RCT (無作為化(むさくいか)比較試験) など) について、詳しくはこちら (「健康食品の「有効性」情報の見極め方 〜信頼できる確かな情報とは〜 (Ver.210326)」) をご覧ください。


「安全性」情報の掲載基準
「安全性」情報は、(鷙陲亮鑪爐砲茲蟲甸囘に報告された情報であれば、研究の対象や8Φ罐妊競ぅ鵑砲かわらず掲載の対象としています。


図2:「安全性」情報として掲載している研究報告の種類



※補足事項:有効性や安全性情報の精査について
信頼できる情報を選んで掲載していますが、それぞれの研究の質や確実性の評価は行っていません。その情報を本当に参照できるかどうかは、情報ごとに研究の質を十分に吟味しないといけません。



■まとめ

「素材情報データベース」に掲載している情報の選択基準は、次のとおりです。

○「有効性」情報の掲載基準


研究報告の種類
研究の対象
研究デザイン
査読された学術論文|原著論文
(オリジナルの研究の報告)
メタ分析/RCT

○「安全性」情報の掲載基準


研究報告の種類
研究の対象
研究デザイン
査読された学術論文|原著論文
(オリジナルの研究の報告)
原則全て
動物
試験管内
会議録、学会発表、症例検討会
総説 (主題の現状を要約した記事)
※レター、報告書、書籍
紀要 (大学や研究所などが出す、研究論文や調査報告書などを載せた
定期刊行物)

※内容によって対象外となることがあります。



「健康食品」の安全性・有効性情報のトップページ
健康食品の基礎知識→「一覧」
研究デザインについて詳しく→「健康食品の「有効性」情報の見極め方 〜信頼できる確かな情報とは〜 (Ver.210326)」




<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.