肝臓疾患への効果を標榜した製品の注意喚起 (200721)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文

トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
肝臓疾患への効果を標榜した製品の注意喚起 (200721)


■報道発表
2020年7月20日、医薬品としての承認なく、肝臓疾患に対する予防効果を宣伝したとして、大阪府警が東京都の広告代理店の社長ら6人を逮捕した。

■解説
2020年3月までの半年間に、医薬品として承認を受けていない健康食品を「肝臓疾患の予防に効く」などと宣伝したとして、医薬品医療機器等法違反 (未承認医薬品の広告禁止) の疑いで、大阪府警が東京都の広告代理店「KMウェブコンサルティング」の社長や、福岡市の健康食品販売会社「ステラ漢方」の社員ら6人を逮捕した。広告代理店の担当者らは商品を購入した第三者の体験談を装って「医者が絶句するほどの脂肪肝をわずか1か月で正常値まで下げた。『最強の健康法』だ」などといった記事を作成し、インターネット上に掲載していた。

■関連情報
共同通信社→「肝臓疾患に効く、宣伝容疑で逮捕 広告代理店社長ら6人」
NHK 関西NEWS WEB→「健康食品を違法宣伝疑い6人逮捕」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」 
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.