がんへの効果を標榜した製品の注意喚起 (200629)

画面を閉じる

 

 

発信者

国内/注意

本文


トップページ被害関連情報 > 現在のページ

■タイトル
がんへの効果を標榜した製品の注意喚起 (200629)


■報道発表
2020年6月25日、医薬品としての承認なく、がん細胞を抑制する効果を宣伝して販売したとして、愛媛県警が、香川県観音寺市の健康食品販売会社の代表ら4人を書類送検した。

■解説
2019年6月20日頃までのおよそ1年間に、医薬品販売業の許可を受けずに「EMBC酵素アンプル」という名前の商品を「がん細胞を抑制する効果がある」などと医薬品の効能を謳って訪問販売、インターネット通販や郵送で販売したとして、医薬品医療機器等法違反の疑いで、愛媛県警が、香川県観音寺市にある健康食品販売会社と代表ら4人を書類送検した。

■関連情報
NHK松山 NEWS WEB →「がんに効果と説明し販売の疑い」

その他の注意喚起情報→「被害関連情報」
健康食品に関する情報一覧→「最新ニュース」


<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.