コレウス・フォルスコリーについて (Ver.200601)

画面を閉じる

 

 

発信者

コラム

本文


トップページコラム・研究報告 > 現在のページ

コレウス・フォルスコリーについて



もくじ(リーフレット版はこちら
はじめに
コレウス・フォルスコリーってきくの?
コレウス・フォルスコリーは安全なの?
ダイエットしたいときは
まとめ

▼もっと詳しく知りたい方はこちら
コレウス・フォルスコリーとはどんなもの?
脂肪を分解するといわれる成分とはどんなもの?
指定成分等って?
アドバイザリースタッフとは?




 はじめに

 ダイエットしたい、理想のカラダを手に入れたいと思ったときに、健康食品・サプリメントを試してみようと思ったことはありませんか?ドラッグストアの店頭やインターネットでは、脂肪を分解する、体をひきしめる、食欲を抑える、理想の体型をつくるなどの効果を宣伝してさまざまな製品が販売されています。なかもで、コレウス・フォルスコリーという植物の成分が入った「フォルスコリン」や「コレウス」という名前の健康食品が人気のようです。しかし、コレウス・フォルスコリーを含む健康食品の利用により体調不良の報告が多いことから、食品衛生法が改正され、「指定成分等」に指定されました。
 そこで、コレウス・フォルスコリーの効果や安全性について、今わかっていることをお伝えします。



 コレウス・フォルスコリーってきくの?

 コレウス・フォルスコリーには、脂肪を分解すると言われる成分が含まれていますが、私たちがコレウス・フォルスコリーを摂ったときに望ましい効果があるのかどうかは、今のところわかっていません。コレウス・フォルスコリーのダイエット効果を調べた研究では、“酲の男性が摂取した場合、体脂肪量が低下したが、体重や筋肉量は変わらなかった (1) 。△笋簑世瓠組酲の人が摂取した場合、体重に影響は認められなかった (2) 。という結果が報告されています。宣伝広告でよく見かけるダイエット効果や脂肪燃焼、筋肉アップなどに効くといえる十分な情報は見当たりませんでした。



 コレウス・フォルスコリーは安全なの?

 コレウス・フォルスコリーの入った商品を使った人が体調不良を起こした報告があります。おう吐や下痢、軟便などが多く報告されていますが、中にはショック症状で救急はん送された事例もあります (3, 4) 。コレウス・フォルスコリーに含まれる脂肪の分解を期待される成分が、実は下痢を引き起こす原因になっていると考えられています。摂取量も重要で、摂取量が多いほど下痢を起こす可能性が高くなります (5) 。全ての人が体調不良を起こすわけではありませんが、ひとりひとりの体質によっても違いますので、コレウス・フォルスコリーを利用する場合は体調の変化に十分気を付けてください。



 ダイエットしたいときは

 健康的に痩せたり、体をひきしめるためには、バランスの良い食事と適度な運動、睡眠が大切です。誰しもダイエット効果や脂肪燃焼効果をうたった商品の宣伝に魅力に感じると思いますが、健康食品やサプリメントを摂取しただけで簡単に痩せられることはありません。まずやるべきことは生活習慣の見直しです。

● どうしてもコレウス・フォルスコリーの健康食品を利用したい場合
 コレウス・フォルスコリーなどの健康食品を補助的に利用したいときは、薬剤師や管理栄養士、健康食品・サプリメントのアドバイザリースタッフなど専門的な知識を持った方に、ご相談ください。また、摂取量が多いほど体調不良を起こしやすいことから、摂取目安量は必ず守ってください。

● コレウス・フォルスコリーの商品を利用していて体調の異常を感じた場合
 すぐに利用をやめて、お近くの内科など、症状に応じた診療科を受診してください。病院へ行くほどの体調不良ではない場合は、保健所へ相談してください。いずれの場合においても、必ずパッケージに書いてある連絡先か購入したお店にも連絡してください。これはコレウス・フォルスコリーが「指定成分等」に指定されているため、販売元やお店はすべての健康被害を保健所などに届け出る義務があるためです。
 体調不良を感じた時の対応方法については、こちらのページもご覧ください。

まとめ

コレウス・フォルスコリーを含む商品が、ダイエットをしたい女性や、体を引き締めたい男性が喜ぶようなイメージを宣伝して販売されています。しかし、それらの効果は今のところわかっていないばかりか、摂取して体調不良を感じた人が多いため、「指定成分等」に指定されています。効果を期待して簡単に利用するのでなく、生活習慣を見直した上で、本当に必要かどうかを冷静に判断しましょう。どうしても利用したいときは薬剤師や管理栄養士、アドバイザリースタッフに相談した上で利用しましょう。



■有効性と安全性に関する研究情報をまとめている「素材情報データベース」もあわせてご覧ください。
コレウス・フォルスコリー

■その他のコラム、研究報告はこちら

■「健康食品」の安全性・有効性情報のトップページ



▼もっと詳しく知りたい方はこちら

 コレウス・フォルスコリーとはどんなもの

 コレウス・フォルスコリー (学名Coleus ForskohliiColeus barbatusPlectranthus barbatus) は、インド原産の多年草本で、熱帯地域で栽培されています。インドでは、コレウス・フォルスコリーの根を漬け物として食しているようです (6) 。海外で食経験がある植物ですが、通常の食事からではなく、サプリメント形状などの濃縮物として摂取した場合の安全性はわかっていません。また、これまでにコレウス・フォルスコリーを摂取して体調不良を起こしたという報告が多いことから、食品衛生法で「指定成分等」に指定されています。

 脂肪を分解するといわれる成分とはどんなもの?

 コレウス・フォルスコリーには、脂肪を分解するといわれる「フォルスコリン」が含まれています。フォルスコリンは、アデニレートシクラーゼを活性化することでcAMPの合成を促進し、このcAMPがセカンドメッセンジャーとして、脂肪分解酵素を活性化させることがヒトの細胞を使った試験によってわかっています (7) 。しかし、私たちがコレウス・フォルスコリーを摂ったときに、細胞の実験で得られた結果のような望ましい効果があるのかどうかは、今のところわかっていません。

 指定成分等って?

 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品を利用した事により健康被害が多発したことをきっかけに、2020年6月に改正食品衛生法が施行され、健康食品の素材の中でも、作用が強く健康被害が生じやすいものを「指定成分等」として管理することになりました。
実は、ダイエット効果をうたったコレウス・フォルスコリーを含む健康食品の利用により、下痢を起こしたという報告が多いことから、このコレウス・フォルスコリーも指定成分等の一つとして管理されています。そのため、コレウス・フォルスコリーの商品を利用する方は自身の体調変化には十分気を付けて、体調不良を感じた場合には、すぐに保健所に連絡し、必ず販売元(表示責任者)にも連絡してください。販売元(表示責任者)がわからない場合は、購入した店舗に連絡するようにしてください。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 アドバイザリースタッフとは?

 アドバイザリースタッフとは、健康食品やサプリメントについての正しい知識を持ち、身近で気軽に相談を受けてくれる、民間の資格をもった言わば健康食品の専門家です。主な資格として、NR・サプリメントアドバイザー(一般社団法人日本臨床栄養協会)、食品保健指導士(公益財団法人日本健康・栄養食品協会)、健康食品管理士(一般社団法人日本食品安全協会)などがあります。アドバイザリースタッフの中には、講演会などを通じて、健康食品の適切な利用や、利用による健康被害の防止のための活動をしている方もいます。
 身近なところでは、薬局や薬店、病院などで活躍している人も多いので、コレウス・フォルスコリーにかぎらず、健康食品を購入・利用する際には、是非、アドバイザリースタッフに相談しましょう。




参考文献
1. (PMID:16129715) Obes Res. 2005 Aug;13(8):1335-43.
2. (PMID:26593941) Nutrients. 2015 Nov 17;7(11):9508-22.
3. Personalized Medicine Universe. 2015; 4: 63-5.
4. 日本救急医学会雑誌. 2016;27(9): 574.
5. (PMID: 30999632) Nutrients. 2019 Apr 17;11(4). pii: E866
6. (PMID: 22131759) Ayu. 2011 Jan;32(1):59-65.
7. (PMID:6127588) Life Sci. 1982 Aug 23;31(8):815-21.



<国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所>


© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.