米国FDAが細菌に汚染された製品の自主回収情報を公表 (190307)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

■タイトル
米国FDAが細菌に汚染された製品の自主回収情報を公表 (190307)

クリックで画像拡大

■注意喚起および勧告内容
2019年3月5日、米国FDA (U.S. Food and Drug Administration) が細菌に汚染された製品「Life-Line Water」 (右記写真;米国FDAウェブページより加工転載) の自主回収情報を公表。

■解説
当該製品はインターネットを介して販売されていたが、米国FDAによる検査の結果、緑膿菌 (Pseudomonas aeruginosa) が混入していることが判明したため、全ロットを対象に、業者 (McDaniel Life-Line LLC) による自主回収が行われている。現在のところ、当該製品との因果関係が疑われる健康被害は報告されていない。

■関連情報
米国FDAウェブページ (2019年3月5日、英語)
「McDaniel Life-Line LLC Issues Voluntary Worldwide Recall of Life-Line Water」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.