アイルランド食品安全局が表示されていない亜硫酸塩を含む製品に注意喚起 (180614)

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

■タイトル
アイルランド食品安全局が表示されていない亜硫酸塩を含む製品に注意喚起 (180614)

クリックで画像拡大

■注意喚起および勧告内容
2018年6月13日、アイルランド食品安全局 (FSAI:Food Safety Authority of Ireland) が表示されていない亜硫酸塩を製品 (右記写真:英国FSAウェブページより加工転載) に注意喚起。

■解説
Nutrisure Ltdが販売していたクロレラ、スピルリナの粉末製品を検査したところ、15〜89 ppm (平均38 ppm) の亜硫酸塩が検出された。当該製品の製造工程で亜硫酸塩は使用されていない。また、原材料の供給業者や原材料原産地の異なる検体から亜硫酸塩が検出されていることから、FSAIは、いかなるクロレラまたはスピルリナ製品も、亜硫酸塩アレルギーまたは不耐症のある者にとって有害事象を生じるリスクがあると勧告している。現在のところ、当該業者の製品との因果関係が疑われる健康被害については不明。

■関連情報
FSAIウェブページ (2018年6月13日、英語)
「Sulphites in Chlorella Products and Spirulina Products」
外国製健康食品の入手や個人輸入等についての注意事項等→「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ (厚生労働省作成2012年版) 」
健康食品に関する注意喚起情報→当サイト「最新ニュース」



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.