特定保健用食品:商品詳細
画面を閉じる

商 品 詳 細

商品イメージ

食品名

イサゴール・青りんご味

形態:粉末清涼飲料

内容量:6.0g

製造あるいは販売者

フィブロ製薬株式会社

住所:東京都足立区谷在家3−10−6

電話番号:03−3855−7011

許可された実際の表示

許可された年月

取り過ぎたコレステロールの吸収をおさえ、おなかの調子を整える食物繊維の豊富なサイリウム種皮を原料にし、血清コレステロールを低下させるよう工夫しているので、コレステロールが高めで気になる方、おなかの調子が気になる方の食生活の改善に役立ちます。おいしく食べて、おなかすっきり。

平成15年9月25日 (許可番号:第522号)

適切な利用法

1日2スティックを目安としてお召し上がりください。1スティック(6.0g、サイリウム種皮由来の食物繊維4.0g含有)

利用上の注意事項

1スティックをコップ(100mL)の水に混ぜゼリージュース状にしてお召し上がりください。サイリウムに直接触れる業務(調合、製造等)にたずさわる人が、本製品を摂取した場合に、ごくまれに皮膚にかゆみ、発疹の過敏反応を起こす可能性があります。月経時及び貧血気味の方は鉄分の補給を心掛けて下さい。

関与成分についての解説

【関与成分および作用機序】
サイリウム種皮由来の食物繊維は水溶性・非水溶性食物繊維を含有、保水性、膨潤性、粘性を有する。

【作用・効果および機序】
整腸効果:サイリウムが水で膨潤し、この性質がカサ効果とし便の量を増し、腸管運動を促し通過速度に変化をもたらす。よって整腸機能がなされる。
コレステロール吸収阻害:食物繊維の有する脂肪吸着作用により摂取した食品中の脂質の吸収を阻害すると同時に、胆汁酸の再吸収並びに外部から摂取したコレステロールの吸収を阻害する。

出典:
Journal of Food Science Vol.47 1472-1477(1982)
ACS Symp Ser No.214 61-70(1983)
Age and Ageing 9, 267-271(1980)
J Nutr ,122, 1559-1565(1992)



【関与成分の分析方法】
食物繊維の定量
Prosky法(AOAC)にしたがって定量
サイリウム種皮の定性
試料を酵素処理し、電気泳動法により定性

出典:
シキボウ社内報告書 No.741
特定保健用食品試験検査マニュアル

安全性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
2〜7年、7〜14gのサイリウム−寒天を9名に投与観察、血液化学的値は正常範囲であった。 胆石症11名の成人患者に約50%のサイリウムシードを含む標品を30g/日、3週間投与。胆汁酸の割合に変化はない(1)。

研究2:
15名の慢性便秘患者(平均年齢63.7±3.2
才)7gを1日3回、21g/日、10日間投与。血漿GOT,GPTは低下(P<0.05)。血液学的パラメーター、血糖値、尿素、ビリルビン、非蛋白質窒素濃度に有意な変化は認められなかった(1)。

研究3:
A)便秘症の女性15名、B)健常者男女11名、C)軟便傾向の男女12名にサイリウムハスク4.4gを1日2回、2週間服用した結果、Aグループで腹鳴、食欲不振各1名、Bグループで軽度腹痛1名  試験を中止するほどの症状を訴えたものはいなかった(2)。

出典:
(1) U.S. Department of Commerce, National Techncal Information Service 、FDA報告書
(2) 日本大腸肛門病学会雑誌 Vol50, No.9, 921(1987)

【動物・その他の試験】
研究1:
サイリウムシードハスクガムを1.5,3.0,6g/埖僚鼎療衢仁未Sprague-Dawleyラット(120〜140g)とSwissマウス雄雌各5匹に投与、7日の観察期間で死亡例はなかった。餌にガム10%加えて、28週間絶食させた Sprague-Dawleyラットは成長、外観、挙動においてコントロールと比べて正常であった。10〜12月齢のビーグル犬雄雌各3匹に6ヶ月間サイリウムシードガム250あるいは750mg//日与えた。1,3,6ヵ月後のコントロール群と体重増加と餌消費に有意差はない。Sprague-Dawleyラット(平均体重120g)雄雌各10匹づつ2群にわけサイリウムシードハスクガム0.5、1.0/圓25週間、週6日投与。コントロール群と比して、血液学的、血液科学的、尿検査、平均体重、心臓・肝臓・脾臓・腎臓・副腎・睾丸の臓器重量に有意差はなかった(1)。

出典:
(1) U.S.Departmentof Commerce,National Technca
l Information Service、FDA報告書

有効性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
[対象]便秘症を呈する15名の女性(平均年齢28歳)、便秘症になって平均経過年数は6年。排便は平均3日に1回、全員が各種の緩下剤を服用。[方法]サイリウムハスク4.4gを1日2回、2週間服用。開始後の排便状況を毎日調査用紙に記入させた。緩下剤の使用は対象者の自由としたが使用日等調査用紙に記入させた。開始前ならびに終了後に詳細なアンケート調査を行い、サイリウムハスクの使用に伴う便性の変化、腹部一般症状の変化ならびに便通の変化など検討した。[結果]開始後1週目の平均排便回数は4.5/週となり、さらに2週目には平均6.2/週と著明に改善された。便量の増加は86%の被験者にみられ、11名が緩下剤の服用を必要としなくなった。便秘に伴う腹部一般症状は87%の被験者において愁訴の改善が認められた。サイリウムハスクの便性改善効果について15名の便秘症の女性で検討したところ、排便ならびに便性が著明に改善され(有効率93%)、便秘に伴う腹部一般症状も高率に改善され、被験者による有用性判定では93%が有用あるいはやや有用との判定を示し、便秘における食物繊維の有用性が判明した(1)。

研究2:
[対象]成人26名、軽度〜中等度の高脂血症を有するもの(血中総コレステロール220mg/dl以上、または中性脂肪150mg/dl以上)、サイリウムハスクを使用して支障をきたす重篤な基礎疾患を有しないもの。[方法]食生活は通常どおりのまま、ゼリージュースイサゴールを1日2回、朝食および夕食後に各6g、合計1日12gを摂取させた。実施期間は6週間とし、開始より終了まで毎週身体計測、問診およびアンケート調査、各臨床検査を行った。摂取開始時と終了時(6週目)の値の比較にはPaired t-testによる検定を行い比較検討した。[結果]全症例が6週間の経過で総コレステロールは有意な低下を示した。中性脂肪も低下を認めたが使用前後に有意差は認められなかった。HDLコレステロール、リン脂質は若干の低下、遊離脂肪酸は若干の増加を認めるもののほぼ不変と考えられる(2)。

(1) 日本大腸肛門病学会雑誌 Vol50,No.9,921(1987)
(2) 診療と新薬 Vol.36,No.5, 53-57,1999 土田

【動物・その他の試験】

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.