特定保健用食品:商品詳細
画面を閉じる

商 品 詳 細

商品イメージ

食品名

キトサン明日葉青汁

形態:粉末清涼飲料

内容量:3 g×30袋

製造あるいは販売者

小林製薬株式会社

住所:〒541-0045大阪府大阪市中央区道修町4-4-10

電話番号:お客様相談室 06 (6203) 3625

許可された実際の表示

許可された年月

本品は、コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しています。コレステロール値が高めの方や気になる方の食生活の改善に役立ちます。

平成17年12月9日 (許可番号:第718号)

適切な利用法

1日3袋(9 g)を目安に、1袋を約100 mLの冷水またはお湯に溶かし、よくかき混ぜてお召し上がりください。

利用上の注意事項

一度に多量摂取した場合あるいは体質・体調により、おなかがはることがあります。

関与成分についての解説

【関与成分および作用機序】
【成分の特性】
「キトサン明日葉青汁」は、血中コレステロールを低下させる働きのあるキトサン (かにの甲羅から得られる動物性食物繊維) と、ビタミンやミネラルなどの栄養成分をバランスよく含む有機明日葉を配合した粉末タイプの青汁である。さっぱりとした抹茶風味で飲みやすく、さらに、携帯可能な個包装タイプなので、時間や場所を問わず毎日続けやすい製品である。
【作用・効果および機序】
胆汁酸結合能1)
キトサンの脂質 (胆汁酸、ドデシル硫酸塩、牛胆汁酸) に対する結合能をin vitroにて検討した。その結果、結合は主としてイオン結合であり、最適条件下では自重の4〜5倍の脂質と結合した。したがって、キトサンは消化管内で胆汁酸と結合する可能性が示された。
コレステロール排泄2)
ヒトおよびラットのキトサン摂取試験により、血中コレステロール値は低下し、糞中のコレステロールおよび胆汁酸が増加した2)3)。動物試験において、高脂肪、高コレステロール飼料にコレステロール上昇抑制作用のないアルギン酸とAl3+を添加すると、コレステロール上昇抑制作用が生じたことから、キトサン分子中の陽イオンが陰イオン性の脂質と結合して体外に排泄する可能性が示唆された4)。
したがって、キトサンのコレステロール低下作用は、キトサンが消化管内で胆汁酸と結合し、これらを体外に排泄する結果、体内コレステロールプールを低下させる機序によるものと考えられた。
出典:
1) Nauss JL,et al.The binding of micellar lipids to chitosan. 1983;18:714-719
2) Tsugita T.Chitin/chitosan and thir applications.Adbance in Fisheries Technology and Biotechnology for increased Profitability.1990;287-298.
3) Maezaki Y,et al.Hypocholesterolemic effect of chitosan in adult males.Biosci Biotechnol Biochem.1993;57:1439-1444.
4) Nagyvary JJ,et al.The hypolipidemic activity of chitosan and other polysaccharides in rats.Nutr Rept Int.1979;20:677-684.

【関与成分の分析方法】
不明

安全性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
試験〃鮠鐫暴34名 (男性22名、女性11名、1名脱落) を対象にキトサン含有カプセル3 g、6 g、9 gを単回投与し、3日間経過を観察した。キトサンの最大無作用量は1日9 g以上であり、糞便量と糞便性状において差は認められなかった。
試験健常男女8名を対象にキトサン3 g含有ビスケットを7日間摂取させたところ、糞便中のキトサン含量は摂取したキトサン量とほぼ同値であり、キトサンは消化吸収されず、糞便中にほぼ全量が排泄されることが示された。

出典:
(1)前崎祐二ら,キトサンの過剰摂取における糞便性状への影響ならびにヒトにおける消化吸収性,健康・栄養食品研究,2000;3:1-9.

【動物・その他の試験】

有効性に関する評価

【ヒト試験】
研究1:
66名 (男性14名、女性52名、1名脱落:平均40.4±9.2歳) を対象に、キトサン (1袋あたり0.294 g) を含有する明日葉青汁粉末を1日3袋 (キトサンとして0.88 g) 、1袋を約100 mLの水に溶かし、時間指定はせずに12週間連続摂取させたところ、被験者 (65名) および総コレステロール値200 mg/dL以上かつLDLコレステロール値120 mg/dL以上の境界域および高脂血症者 (37名) にて層別解析を実施したところ、試験食品摂取群では摂取前と比較して、総コレステロール値、LDLコレステロール値、ApoBが低下し、HDLコレステロール値が増加した。また、境界域および高脂血症者 (37名) は、試験食品摂取によりにプラセボ食と比較して総コレステロール値、LDLコレステロール値およびApoBが低下した。

出典:
(1) 池口主弥ら,キトサンを含有するアシタバ青汁粉末飲料の摂取によるヒト血清脂質および安全性に及ぼす影響,日本食品新素材研究会誌,2004;7(2):95-104

【動物・その他の試験】

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.