健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ベニノキ、アナトー [英]Annatto、Achiote、Achiotillo、Annato [学名]Bixa orellana

概要

ベニノキは南米原産のベニノキ科の常緑樹で、高さ2〜8 m程度に生長する。主に種子が食品の着色料として利用されている。俗に、「糖尿病によい」「下痢によい」「熱によい」などと言われているが、ヒトでの有効性は信頼できる十分な情報が見当たらない。通常の食品に含まれる量で摂取する場合はおそらく安全である。妊娠中・授乳中の安全性は信頼できる十分な情報が見当たらないため避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・現時点では、日本では「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) 」にも「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」にも該当しない (30) 。
・アナトー色素 (ベニノキの種子の被覆物から得られた、ノルビキシンおよびビキシンを主成分とするものをいう) は既存添加物 (着色料) としての使用が認められている (78) 。
・米国では「一般的に安全と認識される物質 (GRAS) 」に分類されている (94) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・カロテノイド類 (ビキシン (bixin) 、ノルビキシン (norbixin) 、オレリン) などを含む (29) (33) (94) 。

分析法

・葉水抽出物中の成分をGC/MS法にて分析した報告がある (PMID:23410184)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない

肥満

調べた文献の中に見当たらない

その他

調べた文献の中に見当たらない





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない

安全性

危険情報

<一般>
・通常の食品に含まれる量で摂取する場合はおそらく安全である (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中の安全性は信頼できる十分な情報が見当たらないため避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・血糖値を上昇させる可能性があるため、術後の血糖コントロールへの影響が危惧される時は、手術を受ける少なくとも2週間前までに摂取を中止した方がよい (94) 。
<被害事例>
・ブタクサおよびマウンテンシダーに対するアレルギー性鼻炎、喘息の既往歴のある5歳女児 (アメリカ) が、着色料または香料としてアナトーを含む食品を摂取して蕁麻疹や浮腫を繰り返し経験。プリックテストでアナトー、ゴマ、クルミに陽性を示し、アナトー摂取によるアナフィラキシーと診断された (PMID:27613468)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・血糖上昇作用があるため、糖尿病薬に影響する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・抽出物を投与:マウス腹腔内375 mg/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・抽出物を投与:ラット経口1250 mg/kg/5日 (91) 。
3.NOAEL (無毒性量)
・0.1%抽出物を投与:雄性ラット69 mg/kg、雌性ラット76 mg/kg (PMID:12842184)

AHPAクラス分類
及び勧告

・種子:クラス1 (22) 。

総合評価

安全性

・通常の食品に含まれる量で摂取する場合はおそらく安全である。
・妊娠中・授乳中は避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」 (別添2、別添3、一部改正について)
(33) 世界薬用植物百科事典 誠文堂新光社 A.シェヴァリエ
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
(94) Natural Medicines
(PMID:12842184) Food Chem Toxicol. 2003 Aug;41(8):1157-64.
(PMID:23410184) BMC Complement Altern Med. 2013 Feb 14;13:32.
(PMID:27613468) Ann Allergy Asthma Immunol. 2016 Sep;117(3):331-3.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.