健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

セロリ、セルリー、オランダミツバ [英]Celery、Smallage、Ache des Marais、Ajamoda [学名]Apium graveolens L. var. dulce (Mill.) Pers.

概要

セロリは南ヨーロッパ原産のセリ科の一年草または二年草。高さ60〜100 cm程度に生長する。野菜として広く用いられている。俗に、「リウマチによい」「痛風によい」「頭痛によい」などと言われているが、ヒトでの有効性は十分な情報が見当たらない。通常の食品として摂取する場合はおそらく安全であるが、子宮刺激作用または堕胎作用を有する可能性があるため、妊娠中に油または種子を過剰に摂取することはおそらく危険である。授乳中に過剰摂取した場合の安全性は、十分な情報が見当たらないため避ける。腎機能障害がある人は禁忌。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・セロリ (オランダミツバ/セルリー) 種子は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される (30) 。
・米国ではセロリ種子は「一般的に安全と認識される物質 (GRAS) 」に分類されている (94) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・フタリド類 (d-リモネン、セリネンなど) (33) (94) 、ポリフェノール類 (アピオゲニン (apiogenin) ) (94) 、クマリン (33) 、フロクマリン類 (ベルガプテン (bergapten) 、celereodise) (29) (33) 、ジヒドロフロクマリン配糖体 (イソクエルシトリン (isoquercitrin) ) (94) 、クマリン配糖体 (アピウモシド (apiumoside) ) (94) 、フラボノイド類 (33) などを含む。

分析法

・セロリに含まれるトリテルペノイド類およびフラボノイド類をNMRにて同定した報告がある (PMID:19778086)

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

RCT
・原発性月経困難症の女性180名 (試験群60名、18〜27歳、イラン) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、セロリ種子、サフラン、アニス抽出物を含む特定の製品500 mgを3回/日、月経開始から3日間摂取させたところ、月経痛の重症度および期間が軽減した (PMID:19720342)

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・一般の食品に含まれる量で使用する場合はおそらく安全である (94) 。
・アレルギー反応が報告されている (94) 。セロリによるアレルギーは、ヨモギ、シラカンバ、セイヨウタンポポ、ニンジンに過敏な人で生じやすいため、”セロリ−ニンジン−ヨモギ−スパイス症候群 (celery-carrot-mugwort-spice syndrome) ”と呼ばれている (94) 。
・種子油を過剰に摂取すると中枢神経系の抑制が生じる可能性がある (94) 。
・茎との接触で光線過敏症が生じる可能性がある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・子宮刺激作用または堕胎作用を有する可能性があるため、妊娠中に過剰摂取することは危険性が示唆されており 、油または種子を過剰に摂取することはおそらく危険である (94) 。
・授乳中に過剰摂取した場合の安全性は、信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける (94) 。
<小児>
・経口摂取で適切に摂取する場合、安全性が示唆されている (94) 。
<その他>
・セロリまたはカバノキ花粉関連のアレルゲンに過敏な人が摂取することは危険性が示唆されている (94) 。
・紫外線照射を受けている人が摂取することは危険性が示唆されている (94) 。
<被害事例>
・ヨモギ花粉症をもつ30歳女性 (日本) が、ライチを摂取したところ (摂取量等不明) 、口腔アレルギー症候群、全身蕁麻疹、呼吸困難、腹痛、下痢、下血を生じ、2年後に市販のカレールー2種を用いたカレーを摂取したところ (摂取量等不明) 、同様の症状を生じたため受診。プリックテストの結果、ライチおよびカレールーに含まれていた複数のスパイス (クミン、ディル、パセリ、セロリ、コリアンダー、フェンネル、アジョワン、Bマスタード、パプリカ) に対して陽性を示し、これらを原因とするアナフィラキシーショックと診断された (2007119508) 。
・春季、初夏、秋季にアレルギー症状を自覚する46歳女性 (日本) が、約5年前より食後のアナフィラキシー症状 (全身の膨疹、四肢の痺れ、呼吸困難、下痢、全身倦怠感など) を繰り返し経験、カレーとヨーグルトを摂取して発症したため医療機関を受診。特異的IgE検査で複数の花粉類 (カモガヤ、ハルガヤ、スギ、ヨモギ、ニガヨモギ、ヒノキ、ブタクサ) に対して陽性、プリックテストでクミン、コリアンダー、アニス、セロリ種子、ウイキョウ (フェンネル) に対して陽性を示し、花粉類との交差反応によるスパイスアレルギーと診断された (2017028885) 。
・53歳女性 (イギリス) が3杯/日のセロリスープを摂取させたところ、顔、手、前腕などに光過敏性の浮腫性、紅斑性発疹を生じた (PMID:27790677)

セロリによる食物依存性運動誘発性アナフィラキシーが報告されている。
・気管支ぜんそくおよび花粉症の既往歴がある22歳女性 (ポーランド) が、セロリを摂取した1時間後に運動を行ったところ、虚脱、重度の低血圧、喘鳴を伴う呼吸困難、腹痛、吐き気、手のしびれ、血管性浮腫、蕁麻疹、全身の掻痒が生じて医療機関を受診、加療により回復した。プリックテストにおいてセロリが陽性であったため、セロリによる食物依存性運動誘発性アナフィラキシーと診断された (PMID:18714542)
・アレルギー性鼻炎の既往歴がある18歳男性 (韓国) が、ワカメ、セロリなどが入ったスープを摂取した後に10分間ランニングを行ったところ、鼻漏、鼻閉塞、喘鳴、呼吸困難、全身の発疹が生じて医療機関を受診。ビビンバまたは野菜カレーの摂取では発症せず、摂取後に運動した場合に同様の症状が出現していた。プリックテストにおいて、セロリおよびカバノキ、キク、ヨモギ、ブタクサ花粉が陽性であったため、セロリ−ヨモギ−カバノキ-スパイス症候群 (celery-mugwort-birch-spice syndrome) による食物依存性運動誘発性アナフィラキシーと診断された (PMID:19860787)

セロリ種子錠摂取による血中チロキシン (T4) 値低下の症例が報告されている。
・チロキシンを100 mg/日服用していた55歳女性 (オーストラリア) が、変形性関節炎のためにセロリ種子錠を1ヶ月程度併用摂取したところ (摂取量不明) 、血中T4値が低下し、セロリ種子錠の摂取中止により回復した。再摂取したところ、1ヶ月後に無気力、むくみ、乾皮症が生じたが、中止により回復した (101) 。
・数年間チロキシンを服用 (服用量不明) していた49歳女性 (オーストラリア) が、関節炎のためにセロリ種子錠を併用摂取したところ (摂取量等不明) 、血中T4値が極度に低下し、セロリ種子錠の摂取中止により回復した (101) 。

禁忌対象者

・炎症を増強させる可能性があるため、腎機能障害がある人は禁忌 (94) 。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・In vivo試験 (ラット) において、セロリ抽出物の経口摂取は肝臓のCYP含量を増加させた (PMID:7700983)
・セロリ抽出物はin vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) においてCYP2A5、CYP2A6活性を抑制し、動物実験 (マウス) において肝CYP2A5活性を抑制した (PMID:28101244)
・動物実験 (マウス) において、セロリ地下茎はパラセタモール (鎮痛薬) の効果を延長させたが、ペントバルビタール (催眠薬) 、アミノピリン (鎮痛薬) の効果に影響を与えなかった (PMID:12365194)

<理論的に考えられる相互作用
・中枢神経抑制薬と併用すると、相加作用が生じる可能性がある (94) 。
・作用機序は明確ではないが、種子は血清T4値を低下させ、レポチロキシン代替療法の作用を減弱させる可能性がある (94) 。
・利尿作用を有する可能性があるため、理論上リチウムの排出が減少し、リチウムレベルが増加する可能性がある (94) 。
・光感作性薬剤 (アミトリプチリン、キノロン薬、サルファ剤、テトラサイクリン系抗生物質など) と併用すると光過敏性が増強する可能性がある (94) 。
・セロリに過敏な人がACE阻害薬、アスピリン、β遮断薬とセロリを併用摂取すると、食物依存性アナフィラキシーが生じる可能性が増加する (94) 。
・抗凝固薬または抗血小板薬と併用すると相互作用が生じる可能性がある (94) 。
・降圧薬または鎮痙薬と併用すると相互作用が生じる可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・セロリを投与:ラット経口5 g/kg以上 (81) 。
・抽出物を投与:ラット腹腔内1 g/kg (91) 。
2.TDLo (最小中毒量)
・種子メタノール抽出物を投与:ラット経口 (間欠的) 600 mg/kg/3日 (91) 。
・種子エタノール抽出物を投与:マウス経口 200 mg/kg (91) 、ラット経口 (間欠的) 1200 mg/kg/6日 (91) マウス腹腔内 200 mg/kg (91) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・果実(一般に”種子”として知られている部分):クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・通常の食品に含まれる量で使用する場合はおそらく安全であるが、妊娠中にの過剰摂取は危険。授乳中の過剰摂取は避ける。
・妊娠中の油または種子を過剰摂取することはおそらく危険である。
・腎機能障害がある人は使用禁忌。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献の中に見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(23) 天然食品・薬品・香粧品の事典 朝倉書店 小林彰夫ら 監訳
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(30) 「医薬品の範囲に関する基準」 (別添2、別添3、一部改正について)
(33) 世界薬用植物百科事典 誠文堂新光社 A.シェヴァリエ
(34) 有用植物和・英・学名便覧 北海道大学図書刊行会 由田宏一
(35) 新訂 牧野新日本植物図鑑 北隆館
(81) Herbal Medicines Third edition (Pharmaceutical Press)
(94) Natural Medicines
(101) Australian Prescriber.20012;24(1):6-7.
(PMID:18714542) J Investig Allergol Clin Immunol. 2008;18(4):312-5.
(PMID:19860787) Allergy. 2010 Jun 1;65(6):792-3.
(PMID:19778086) J Nat Prod. 2009 Sep;72(9):1563-7.
(PMID:19720342) J Midwifery Womens Health. 2009 Sep-Oct;54(5):401-4.
(2007119508) 日本皮膚科学会雑誌 116巻13号 Page2212-2217(2006.12)
(2017028885) アレルギーの臨床 2016 36(11) 1072-5
(PMID:28101244) Oncol Lett. 2016 Dec;12(6):5309-5314.
(PMID:27790677) Br J Dermatol. 2016 Nov;175(5):e133.
(PMID:12365194) Eur J Drug Metab Pharmacokinet. 2002 Jul-Sep;27(3):153-6.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.