健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

ココナツウォーター [英]Coconut Water、Coconut Juice [学名]Cocos nucifera L.

概要

ココナツ (Cocos nucifera) の未熟な果実に含まれる透明な液体で、果実の成熟とともにココナツミートと置き換わる。ココナツミートから作られるココナツミルクとは異なる。俗に、「脱水症状によい」「血圧によい」「美容によい」などと言われているが、ヒトでの有効性については調べた文献中に信頼できる十分な情報が見当たらない。飲料として適切に摂取すれば、おそらく安全と思われ、子どもの飲用も安全性が示唆されている。妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

-

成分の特性・品質

主な成分・性質

・pH 4.2〜6 (94) 。
・カリウム、ナトリウム、マグネシウム、ブドウ糖などを含むが、含有量は成熟段階により大きく異なる (PMID:8463517) (PMID:16912834)
・ココナツウォーターの電解質組成は、経口補水液としては適切でないという報告がある (PMID:8463517)

分析法

-

有効性








循環器・
呼吸器


調べた文献の中に見当たらない。


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

調べた文献の中に見当たらない。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・飲料として適切に摂取する場合、おそらく安全と思われ、子どもの飲用も安全性が示唆されている (94) 。
・運動後の摂取で胃の不調が起こることがある (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。 (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。
<その他>
・高カリウム血症や腎不全患者では、高カリウム血症の症状やリスクが増加する可能性がある (94) 。
<被害事例>
・I型糖尿病および腎症の26歳女性 (イギリス) が、ココナツウォーターを1日に2 L以上摂取し、高カリウム血症による高血圧を呈した (PMID:23124410)
・健康な42歳男性 (アメリカ) が、気温32℃以上の屋外で1日中テニスをし、その間にココナツウォーター約330 mL×8本を摂取したところ、めまい、失神を呈し搬送され、低血圧、不整脈、高カリウム血症、横紋筋融解症、腎不全を起こした (PMID:24550410)
・季節性アレルギー性鼻炎の既往歴があり、ココナツ摂取による口の掻痒感を経験したことのある17歳男性 (イタリア) がソバ粉ケーキを摂取したところ、10分後に口の腫れ、全身性蕁麻疹、嘔吐、呼吸困難を生じ救急搬送された。プリックテスト、特異抗体検査にてソバとココナツに陽性を示し、ココナツとソバによる交差反応が発生したと診断された (PMID:26443434)

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<理論的に考えられる相互作用>
・血圧を低下させる医薬品やハーブとの併用で低血圧のリスクが増加する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.TDLo (最小中毒量)
・ココナツウォーターを投与:ラット経口 (間欠的) 1,800 mL/kg/45日 (91) 。
2.その他
・in vitro試験 (MTT試験、エームス試験) において、ココナツのクロロホルム抽出物には遺伝毒性が認められた (PMID:26281312)

AHPAクラス分類
及び勧告

・参考文献中に記載なし (22) 。

総合評価

安全性

・飲料として適切に摂取すれば、おそらく安全と思われ、子どもの飲用も安全性が示唆されている。
・妊娠中・授乳中は、安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらないため使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・調べた文献中に信頼できる十分な情報が見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(91) Registry of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS).
(94) Natural Medicines
(PMID:23124410) Br J Hosp Med (Lond). 2012 Sep;73(9):534.
(PMID:16912834) J Pediatr (Rio J). 2006 Jul-Aug;82(4):308-12.
(PMID:24550410) Circ Arrhythm Electrophysiol. 2014 Feb;7(1):180-1.
(PMID:26281312) Turk J Med Sci. 2015;45(3):496-506.
(PMID:26443434) Ann Allergy Asthma Immunol. 2015 Dec;115(6):530-2.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.