ビタミンの呼び方

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

A.ビタミンの名称について
ビタミンとは、体外から摂取する栄養素のうち、タンパク質、脂肪、炭水化物、無機質および水以外に必要とされる微量の有機物の総称です。現在では、13種類のビタミン (ビタミンA、D、E、K、B1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、C) が確認されていますが、まれにインターネットや書籍では、発見当初に命名されたビタミンの名前を使用している場合があり、混乱を招くおそれがあります。以下の表に現在と過去のビタミンの名前を記しました。

 

現在使用されているビタミンの名前

発見当初に命名され、現在使用されていない名前

脂溶性
ビタミン

ビタミンA (レチノール)

 

ビタミンD (コレカルシフェロール、エルゴカルシフェロール)

 

ビタミンE (トコフェロール)

 

ビタミンK (フィロキノン、メナキノン)

 

水溶性
ビタミン

ビタミンB1 (チアミン)

 

ビタミンB2 (リボフラビン)

 

ビタミンB6 (ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)

 

ナイアシン

ビタミンB3

パントテン酸

ビタミンB5

葉酸

ビタミンM

ビオチン

ビタミンH

ビタミンB12 (シアノコバラミン)

 

ビタミンC (アスコルビン酸)

 

B.ビタミン様物質
書籍や雑誌、インターネット上では、ビタミンの定義に当てはまらないにも関わらず、ビタミンと呼ばれている物質がありますが、このような物質をビタミンと呼ぶのは適当ではないため、一般的に「ビタミン様物質」と呼びます。人の体内で生合成できる物質もあるため、食品からの摂取が不足した時に欠乏症が現れるかは不明です。また、今日ではサプリメントなどの利用による副作用が懸念されています。以下にビタミン様物質とその働きをまとめました。

ビタミン様物質  (注:ビタミンではありません)


物質名

作用等

多価不飽和脂肪酸
(ビタミンF)

必須脂肪酸をビタミンFと呼んでいたが、現在では多価不飽和脂肪酸 (PUFA) と呼ばれるようになった。

ユビキノン
(コエンザイムQ)

高等動物に存在するのはQ10で体内でも合成される。細胞内ミトコンドリアの電子伝達系に関係。

リポ酸

チオクト酸ともいう。ピルビン酸やα-ケトグルタール酸の酸化的脱炭酸反応でアセチルCoAやサクシニルCoAが生じる時に関係。

オロット酸
(ビタミンB13)

オロト酸ともいう。ピリミジン生合成の中間代謝物。乳酸菌の発育因子として知られている。

パンガミン酸
(ビタミンB15)

杏の核や米糠から得られるD-gluconodimethyl aminoacetic acidを含む物質に付けられた名称であり、パンガミン酸としての標準の化学的特定名はない。

カルニチン
(ビタミンBt)

哺乳類は生合成することができる。脂肪酸と結合しその細胞内輸送に関係。

コリン

抗脂肪肝因子として単離された成分。リン脂質 (ホスファチジルコリン の構成成分の他、アセチルコリンとして神経伝達にも関係。

イノシトール

抗脂肪肝因子として単離された成分。リン脂質 (ホスファチジルイノシトール) の構成成分。

p-アミノ安息香酸
(PABP, ビタミンBX)

アミノ酸の一種で、葉酸の構成成分の一つ。

バイオフラボノイド
(メチルヘスペリジン, ルチン)

ビタミンPと記載されていることもある。毛細血管の透過性を抑える作用があるとして単離されたフラボノイドの混合物。

ビタミンU

新鮮なキャベツの中の抗消化性潰瘍因子として発見された。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療や予防に用いられている。ビタミンUのUは潰瘍ulcerを意味。

注:カッコ内のビタミン名は過去に呼ばれていた俗称であり、ビタミンとしては定義されていない。
ビタミンの事典 (朝倉書店、日本ビタミン学会編集) ならびにNatural Medicines Comprehensive Databaseから作成。



参考文献

1. ビタミンの事典:朝倉書店
2. 生化学辞典(第4版):株式会社東京化学同人

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.