健康食品等の素材情報データベース

注意!(1) データの無断転用,引用、商用目的の利用は厳禁.(2) 以下の情報は現時点(最終更新日時)で調査できた素材の科学論文情報です. 実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません.(3) 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です.(4) 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい.

画面を閉じる

項 目

内 容

名称

センシンレン、アンドログラフィス・パニクラータ [英]Andrographis、Andrographolide、Bhunimba、Bidara、Carmantina、Periyanangai [学名]Andrographis paniculata

概要

センシンレンはインドやマレーシアに生育するキツネノマゴ科に属する1年草で、白または桃色の鐘形の花をつける。俗に、「風邪を予防する」「アレルギーによい」「HIV/AIDSによい」と言われているが、センシンレン単独摂取での有効性については、信頼できる十分な情報が見当たらない。また、センシンレンを大量に摂取すると、胃部不快感、食欲不振、嘔吐などの症状が出現する可能性がある。堕胎促進作用を持つ可能性があるため、妊婦が経口摂取することは危険性が示唆されている。授乳婦が摂取した際の安全性は信頼できる十分な情報が見当たらないため、使用を避ける。その他、詳細については「すべての情報を表示」を参照。

法規・制度

・センシンレン葉は「医薬品的効果効能を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に該当 (30) 。

成分の特性・品質

主な成分・性質

・アンドログラフォライド (andrographolide) (94)、デオキシアンドログラフォライド (deoxyandrographolide) (94)、コーヒー酸、カルメジン (kalmeghin) 、panicolideなどを含む(PMID:21144003)

分析法

・センシンレンを含む製品中のアンドログラフォライドおよびデオキシアンドログラフォライドをUV-HPLC法にて分析したとの報告がある (PMID:23195187)

有効性








循環器・
呼吸器


メタ分析
・2012年3月までを対象に4つのデータベースで検索できた無作為化比較試験16報について検討したメタ分析において、センシンレン (4報) 、エキナセア (2報) の摂取は、上気道感染症や風邪による咳の軽減と関連が認められたが、いずれも試験によるバラツキが大きかった (PMID:26840418)


消化系・肝臓

調べた文献の中に見当たらない。

糖尿病・
内分泌

調べた文献の中に見当たらない。

生殖・泌尿器

調べた文献の中に見当たらない。

脳・神経・
感覚器

調べた文献の中に見当たらない。

免疫・がん・
炎症

一般情報
・センシンレンを含む特定の製剤を摂取させたところ、子どもの家族性地中海熱による発作の期間や回数が減少したとの予備的な報告があるが、センシンレンの単独摂取における情報ではなく、また、その他の信頼できる十分な情報が見当たらないため、さらなる検証が必要である (94) 。
・センシンレンを含む特定の製剤を摂取させたところ、インフルエンザの症状が早く改善したとの予備的な報告があるが、センシンレンの単独摂取における情報ではなく、また、その他の信頼できる十分な情報が見当たらないため、さらなる検証が必要である (94) 。

骨・筋肉

調べた文献の中に見当たらない。

発育・成長

調べた文献の中に見当たらない。

肥満

調べた文献の中に見当たらない。

その他

調べた文献の中に見当たらない。





試験管内・
動物他での
評価

調べた文献の中に見当たらない。

安全性

危険情報

<一般>
・センシンレンを適切に短期間経口摂取することはおそらく安全である (94) 。
・センシンレン摂取によって、アレルギー反応、蕁麻疹、倦怠感、頭痛、下痢、吐き気、嘔吐、眠気、口渇、金属味、めまい、胸やけ、短期記憶の低下が生じる可能性があり、多量に経口摂取すると、胃部不快感、嘔吐、食欲減退が生じる可能性がある (22) (94) 。
<妊婦・授乳婦>
・センシンレンには堕胎促進作用があると考えられているため、妊婦がセンシンレンを経口摂取することには危険性が示唆されている (22) (94) 。
・授乳婦が摂取した際の安全性には信頼できる十分な情報が見当たらないため、使用を避ける (94) 。
<小児>
・サプリメントなど濃縮物として摂取する場合の安全性に関して信頼できる十分な情報が見当たらない。

禁忌対象者

調べた文献の中に見当たらない。

医薬品等との
相互作用

<試験管内・動物>
・動物実験 (マウス) において、センシンレンの水抽出物およびエタノール抽出物の経口投与 (7〜30日) は肝臓のCYP1A2活性に影響を与えなかったが、CYP1A1、CYP2Bの活性を促進した (PMID:16406417)
・動物実験 (ラット) において、センシンレンのエタノール抽出物またはアンドログラフォライドの経口投与 (3日) はテオフィリン (気管支拡張剤、CYP1A2基質) の血中濃度 (AUC) を低下させ、クリアランス (Cl) を増加させた (PMID:20096675)
・センシンレンの60%エタノール抽出物は、動物実験 (ラット、経口投与) において肝臓のCYP1A2、CYP2E1、CYP3A1活性に影響を与えなかったが、CYP2C11活性を抑制し、in vitro試験 (ラット肝細胞) においてCYP2E1活性に影響を与えなかったが、CYP1A2、CYP2C11、CYP3A1活性を抑制し、ヒト肝細胞において、CYP1A2、CYP2E1活性に影響を与えなかったが、CYP2C9、CYP3A4活性を抑制した (PMID:19041297)
・in vitro試験において、センシンレンのエタノール抽出物はCYP2C19活性をわずかに阻害した (PMID:21093571)
・in vitro試験 (ヒト肝ミクロソーム) において、センシンレン抽出物はCYP2B6、CYP2E1活性に影響を与えなかったが、CYP1A2、CYP2C9、CYP3A4活性を阻害した (PMID:18053665)

・in vitro試験 (ラット肝ミクロソーム) において、センシンレン抽出物はCYP2B1/2、CYP2E1、CYP3A1/2活性に影響を与えなかったが、CYP1A2、CYP2C11活性を阻害した (PMID:18053665)
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、センシンレンのエタノール抽出物はCYP2C9活性に影響を与えなかったが、CYP2D6、CYP3A4活性を阻害した (101) 。
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、センシンレンの水、ヘキサン抽出物はCYP2C9、CYP2D6、CYP3A4のいずれにも影響を与えなかったが、エタノール、メタノール抽出物はCYP2C9、CYP2D6、CYP3A4の活性を阻害し、アンドログラフォライドはCYP3A4の活性を阻害した (PMID:21365364)
・in vitro 試験 (ヒトCYP2C8タンパク) において、センシンレン水抽出物はCYP2C8活性をわずかに抑制した (PMID:27695271)
・in vitro試験 (ヒト酵素タンパク) において、センシンレン水抽出物およびエタノール抽出物はCYP3A4活性を阻害した (PMID:28539725)
・in vitro試験 (肝ミクロソーム) において、センシンレンはCYP3A4、CYP2D6、CYP2C9、CYP1A2活性を阻害した (PMID:27030208)
<理論的に考えられる相互作用>
・血圧下降薬との併用により、低血圧のリスクが増加する可能性がある (94) 。
・抗凝固薬・抗血小板薬との併用により、出血のリスクが増加する可能性がある (94) 。
・免疫抑制薬との併用により、免疫抑制薬の作用を阻害する可能性がある (94) 。

動物他での
毒性試験

1.LD50 (半数致死量)
・センシンレンのクロロホルム抽出物を投与:ラット (投与経路不明) 95.82 mg/kg (PMID:21136078)
・アンドログラフォライドを投与:雄ラット腹腔内11.46 g/kg (PMID:2228074)
2.その他
・ヒトでの報告はないが、センシンレンは実験動物のオスまたはメスの生殖能を低下させる可能性がある (94) 。

AHPAクラス分類
及び勧告

・全草:クラス2b (22) 。

総合評価

安全性

・センシンレンを適切に短期間経口摂取することはおそらく安全である。
・センシンレンには堕胎作用があると考えられているため、妊婦がセンシンレンを経口摂取することには危険性が示唆されている。
・授乳婦が摂取した際の安全性には信頼できる十分な情報が見当たらないため、使用を避ける。

有効性

(注:下記の内容は、文献検索した有効性情報を抜粋したものであり、その内容を新たに評価したり保証したりしたものではありません。)
・センシンレン単独摂取での有効性については、調べた文献に十分なデータが見当たらない。

参考文献

(22) メディカルハーブ安全性ハンドブック 第2版 東京堂出版 林真一郎ら 監訳
(29) 牧野和漢薬草大図鑑 北隆館
(94) Natural Medicines
(PMID:21136078) Parasitol Res. 2010 Dec 7. [Epub ahead of print]
(PMID:2228074) Indian J Med Res. 1990 Aug;92:276-83.
(PMID:21144003) J Ethnobiol Ethnomed. 2010 Dec 13;6:35.
(PMID:21093571) J Ethnopharmacol. 2011 Jan 27;133(2):881-7.
(PMID:18053665) J Ethnopharmacol. 2008 Feb 12;115(3):432-40.
(PMID:23195187) Phytomedicine. 1997 Feb;3(4):315-8
(101) Int J Pharmacol. 2010; 6(4):494-9.
(PMID:16406417) J Ethnopharmacol. 2006 May 24;105(3):464-7.
(PMID:21365364) J Nat Med. 2011 Jul;65(3-4):440-7.
(PMID:19041297) Chem Biol Interact. 2009 May 15;179(2-3):247-55.
(PMID:20096675) Chem Biol Interact. 2010 Mar 30;184(3):458-65.
(PMID:26840418) Forsch Komplementmed. 2015;22(6):359-68.
(PMID:27695271) Pharmacognosy Res. 2016 Oct-Dec;8(4):292-297.
(PMID:28539725) Pharmacogn Mag. 2017 Apr-Jun;13(50):300-308.
(PMID:27030208) J Sci Food Agric. 2017 Jan;97(1):333-340.

© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.