当データベースに掲載している情報の掲載基準について

画面を閉じる

 

 

発信者

構築グループ

本文

当データベースに掲載している情報の掲載基準について

2011.02.17版


「素材の情報をたくさんもっているので是非掲載してほしい」というご連絡をよく頂きますが、当サイトでは、掲載情報の取捨選択について原則をもうけさせていただいております。下記一覧表にまとめましたので、基本的運営方針とあわせ、情報お取扱いの参考にしてください。

【当サイトの基本的運営方針】
1) 信頼できると考えられる学術論文ならびに書籍からの情報を収集しています
2) 公平・中立な立場から、消費者の利益となる、できるだけ偏りのない情報を発信しています
3) 主に現場の専門職や消費者の方を利用対象者と想定して情報を公開しています

【当サイトに掲載する、情報選択の原則】
あくまで原則であり、情報の内容や出典によっては例外もあります。
当データベースは製品の情報ではなく、素材の情報を収集しています。
当サイトが個別の製品の情報を掲載するのは、特定保健用食品についてのみです。健康被害関連の情報については個別製品の情報も掲載することとしています。


情報の種類

素材情報データベース

被害関連情報※3

有効性※1

安全性※2

原著論文

ヒトRCT or メタ分析のみ○

ヒトと動物で○

会議録・学会発表

××

図説

×××

講義

×××

解説

×××

総説

××

一般

×××

座談会

×××

Q&A

×××

レター

××

症例検討会

××

コメント

×××

報告書

××

紀要

××

書籍

×

※1 有効性情報の掲載基準


対象

・査読者が複数ついたヒト試験の学術論文
(試験の規模や研究デザインによっては対象外となることも有)

対象外

・査読者による審査のない学会発表、報告書、紀要、書籍
・試験管内実験・動物実験
・試験内容が詳細に記載されていない (解説的に記載された) 論文



※2 安全性情報の掲載基準


対象

・原著論文にかかわらず、ヒトの健康被害事例報告
・毒性 (安全性) を示す量的データが明確に示されている査読者のついた学術論文
(動物・ヒト共通)
・個別製品が関連した健康被害の報告

対象外

・企業による自社製品についての安全性試験



※3 被害関連情報・・・国内外の公的機関プレスリリースが対象



© National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition. All Rights Reserved.